1. ホーム
  2. 稼ぐためのFX口座
  3. FXネオ(GMO)
  4. ≫GMOクリック証券「FXネオ」の使いやすさを全解説!くりっく365との違いやアプリ使用感

GMOクリック証券「FXネオ」の使いやすさを全解説!くりっく365との違いやアプリ使用感

FXネオとは、GMOクリック証券のFX取引システムのひとつです。

GMOクリック証券には「くりっく365」というもうひとつFX取引システムがありますが、このふたつの違いとメリット・デメリットもあわせて紹介します。

FXネオを使うとFXの腕があがります。その理由は後述しますのでご覧ください。FXネオはデモトレードの申請手続きがメールアドレスがあれば3分程度で終わり、すぐにログインできますよ。

スマートフォン用アプリも、実際の画面キャプチャーを載せてレビューしていきます。

スポンサードリンク

FXネオとくりっく365(365FX)の違いは何?

tigai

FXネオとは?

FXネオは店頭取引です。店頭取引はGMOクリック証券とFXトレーダーが直接取引します。

メリットは、くりっく365に比べて圧倒的に低コストな点です。FXネオは手数料が無料です(ロスカットの際は手数料がかかります)。スプレッドもドル円であれば0.3銭です。

デメリットは、注文がとおらない場合(約定拒否)や注文したレートで約定しない場合(スリッページ)があることです。1回あたりの注文量が多いほど、この傾向があります。

くりっく365とは?

くりっく365は取引所取引です。株式と同じように取引所を介して取引が行われます。

メリットは、店頭取引のデメリットであげた約定拒否やスリッページが起こらないことです。たとえば100.00円で買いの指値注文をだしていれば100.00円で買い注文が成立します。店頭取引で約定拒否などで苦労している大口のトレーダーにはとても嬉しいことです。

デメリットは、高コストであることです。以前はくりっく365に手数料が無料の業者はいませんでしたが、現在は手数料が無料の業者も増えつつあります。GMOクリック証券のくりっく365も手数料は無料ですが、スプレッドは下の画像のように高くなっています。

%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%a3%e3%81%8f

初心者ならどちらを選ぶ?

100万通貨以上でトレードする場合を除いては、コスト面を考慮し、店頭取引のFXネオをおすすめします。

約定拒否も絶対ないとは言えませんが、10万通貨程度までなら気になるほど起こることはないです。

なぜ初心者に店頭取引をすすめるかというと、初心者はまず勝てるという経験が必要だからです。短期トレードをする場合、利益が出ていてもスプレッドで3.5pipsを引かれるより、0.3pipsを引かれる方が勝てる確率が上がります。どちらがよいか比較してみてください。

【アプリの画面キャプチャー付き】FXネオを徹底レビュー!

全通貨すべてが業界最狭水準のスプレッド

FXネオは一部ではなく取扱18通貨ペア全てが業界最狭水準のスプレッドとなっています。スプレッドが狭いということは取引にかかるコストが安いということなので、勝ちやすくなるというメリットがあります。

スプレッドが0.1pipsの差でもトレードを重ねると年間では万単位で得をすることがあります。

大口トレーダーになったら…

通常の取引システムでは、1回あたりの新規および決済建玉数に発注上限があります。FXネオの通常モードでは1回あたり100万通貨が上限となっています。

1000万通貨を扱うような大口トレーダーはどうすればよいのでしょうか。FXネオではExモードというものが新設されており、1回あたりの発注上限が500万通貨になります。500万通貨が問題なく約定するのはすごいことですね。

ただし、スプレッドが通常モードに比べて不利に設定され、配信レートも少し違うので注意が必要です。ドル円なら0.3銭のところExモードでは現在1.7銭になっています。

比較画像をご覧ください。左が通常モード、右がExモードです。ポンド円では現在3銭ほど差がありました。

e%ef%bd%98

保有建玉数は通貨ペアごとに異なり、1000万から3000万通貨となっています。

FXネオをつかえばFXの腕が上がる?

WEB(ブラウザ)取引版の取引ツールに、FXトレード日記という項目があります。そこをクリックすると下の画面になります。

diary

水色の枠を拡大したものが下の画面です。日付とトレード結果が載っています。これは自動で作成されるもので、わざわざ自分で作成する必要がないのです。

trade

上の画像の緑の矢印と赤の矢印に注目ください。緑の矢印が利益の合計、赤が損失の合計になっています。その下に数量あたりの利益と損失が記載されています。

これを意識することはトレーダーにとって非常に重要なことなのです。利幅より勝率で勝つスキャルピングの場合は極端に損失が大きくないか見てみましょう。

多くのトレーダーは自身のトレード記録をつけません。ですがトレード記録をつけることで勝率やリスクリワード比がわかります。

それによって自分のトレードにおける弱点がわかり、何がよくなかったのかトレードルールを破っていないか(感情的なトレードをしていないか)も見えてきます。

検証をすることと記録をつけることは、勝つために必要な作業です。その記録を取引ツールがほとんど行ってくれるという便利な時代になりました。記録をつけるのは時間がない、面倒だという方にFXネオは本当におすすめです。

FXネオのスマホアプリをレビューします

screenshot

上の画像はFXネオのスマートフォン用アプリのスピード注文画面です。このアプリの使える点はこの画面に凝縮されています。まずパソコンでトレードするようにチャートをみながらトレードができる点です。画面左上にはニュースが流れます。

チャートは以下が設定できます。
【チャートエリア】
・単純移動平均(SMA)1~150
・指数移動平均(EMA)1~150
・ボリンジャーバンド ±1~3σのうち2本
・一目均衡表
・平均足
【テクニカルエリア】※以下のうち縦表示なら3つ、横表示なら2つまで表示可能
・MACD
・RSI
・DMI/ADX
・ストキャス
・RCI(3本表示)1~150

携帯端末だから仕方ないのかもしれませんが、配信レートにずれが生じます。スマートフォンだと新規注文ボタンを押したタイミングから少しずれた値で約定することが多々ありました。

これは使っていてとても気になった点です。Wi-Fi設定にしても同じでした。特にスキャルピングはパソコンで注文したほうが良いと感じました。

GMOクリック証券の評判は?信頼できる会社?

%e6%a0%aa

CFDも株式もFXも!シングルサインオン

GMOクリック証券は、FXのみならず株式やCFD、先物についても取扱いがあります。この4商品全てをトレードすると仮定して、4商品それぞれのIDとパスワードを入力するとなるととても面倒ですね。

GMOクリック証券ではIDとパスワードを1つで全ての商品にログインできるというシングルサインオンを採用しています。

FXもCFDも株式も取引するという方には、とても便利ですね。また、それぞれの口座間の資金移動も簡単にできるのでFXにチャンスがきたときは株式の口座から資金を移動させてチャンスを逃すことがなくなりますね。

サポートも信託保全もしっかりしていて安心

初心者のうちは、「ツールの使い方がわからない」「注文の取り消し方がわからない」といった疑問がたくさんあります。そういった場合でもFXネオは24時間の電話サポートがあるので取引時間帯にトラブルや疑問があってもすぐに問い合わせをすることができて安心です。

FXネオはトレーダーの資金と会社の固有財産とを区別して管理するため信託保全をおこなっています。万が一、GMOクリック証券が破綻したとしても資金は返ってきますので安心して取引することができます。

FX取引高が4年連続世界1位という結果からも、多くのトレーダーに選ばれている会社と言えます。

まとめ

FXネオは、スプレッドが狭く低コストであることからスキャルピングトレーダーから長期トレーダー全てに向いています。

シングルサインオンを採用しているため、FXに限らずチャンスがくれば株式にCFDにマルチに取引するトレーダーに特に向いています。

スポンサードリンク

お役に立てばシェアしてくださいね。

2017年のオススメFX口座3選

取引口座数が50万口座を突破!
FXneo(FXネオ)
5
運営会社 GMOクリック証券株式会社
特徴 資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド 0.3銭(USD/JPY)
サポート あり
スマホ取引 人気の「iClickFXneo」
FXneo(FXネオ)

GMOクリック証券のFXネオは、業界最狭のスプレッド(取引コストが低い)により、デイトレーダーやスイングトレーダーはもちろん、ポジショントレード戦略(長期保有)の方まで、幅広いユーザーに利用されている人気口座

iPhoneやAndroidでも使いやすい取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

また、待望のトルコリラ/円の追加やユーロ/円をはじめとする11通貨ペアのスプレッド縮小が実施されるなど、サービス内容も日々改善されたことから、2017年9月に取引口座数が50万口座を突破!

口座開設&取引で30,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設はこちら

DMMFX
ユーザー数が日本1のFX口座
DMMFX
4
運営会社 株式会社DMM.com証券
特徴 FX口座数日本一&50万口座
スプレッド 0.3銭(USD/JPY)
サポート あり
スマホ取引 DMMFXアプリ

DMM FXは、日本で一番多くのFX投資家が口座開設しているFX口座です。私もFX初心者の頃から使い続けている口座です。

スプレッド(手数料)が狭いのはもちろんのこと、スマートフォン取引でも使い勝手がいいツールが充実していて、初心者からベテラントレーダーまで幅広い層に使われています。

取引上の不安やトラブルにも対応するサポート体制も充実しているので、1番最初に開設する口座として安心できる口座と言えます。

今なら口座開設&取引で20,000円キャッシュバック

DMMFXの公式サイトはこちら

トライオートFX
毎日のチャート分析から解放される!
トライオートFX
3.5
運営会社 インヴァスト証券
特徴 裁量取引と自動取引が融合
スプレッド 0.3銭(USD/JPY)
サポート あり
スマホ取引 使い易いツールが充実

インヴァスト証券のトライオートFXは、裁量取引でもなく、自動取引でもありません。両方のメリットを受けた新しい取引ツールで、近年注目のFX口座です。

さらに、2017年7月にスタートした「マネーハッチ」というサービスを併用すると、FXを取引するだけで得られるポイントが投資資金に積み立てられたり、生活資金として使用したクレジットカードのポイントも投資資金に積立されるなど、とてもお得なオプションが充実しています。

もちろん、スプレッド(手数料)が狭いので、FX初心者から中級者、ベテラントレーダーまで幅広い方に人気があります。

今なら口座開設10,000円キャッシュバック

トライオートFXの公式サイトはこちら

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。