1. ホーム
  2. 稼ぐためのFX口座
  3. セントラル短資FX
  4. ≫FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)の評判はどう?スプレッドは?

FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)の評判はどう?スプレッドは?


セントラル短資FXには3つの商品があります。

 

  • FXダイレクトプラス(スタンダード口座)
  • セントラルミラートレーダー(システムトレード)
  • ウルトラFX(スキャルOK)

 

その中でも今回はFXダイレクトプラスを紹介します。ウルトラFXとの違いは?スプレッドやスワップはどうなの?などの疑問にお答えしますね。

FXダイレクトプラスやウルトラFXのユーザーなら使えるFXが上達するかもしれないすごいサービスや、セントラル短資の口座を開いておけば入ることができるお得なクラブオフの情報もあわせて紹介しますね。

 

リンクFXダイレクトプラスの口座開設はこちら

 

FXダイレクトプラスのスプレッドは?ウルトラFXとの違いは?

ダイレクト短資

スプレッドは?

スプレッドは現在このようになっています。

 

  • ドル/円 1.0銭
  • ユーロ/円 2.0銭
  • ポンド/円 4.0銭
  • 豪ドル/円 3.0銭
  • ユーロ/ドル 0.8pips
  • 米ドル/加ドル 1.8pips

 

米ドル/加ドルについては業界最狭水準のスプレッドになっていますが、それ以外は狭いとは言えません。スプレッドは特に短期トレーダーにとっては大きなコストですから、1日に何度も何度もトレードをするなら業界最狭水準のスプレッドのFX業者も検討したほうが良いです。

スワップポイントもどうなの?

スワップ派に人気の通貨ペアである豪ドル円、NZドル円、トルコリラ円の現在の買いスワップポイントを数社比較してみることにします。

 

  • 豪ドル/円  FXダイレクトプラス 34円 A社 50円 B社 36円 C社 25円
  • NZドル/円   FXダイレクトプラス 41円 A社 60円 B社 44円 C社 42円
  • トルコ/円  FXダイレクトプラス 70円 A社 115円 B社 69円 C社 72円

 

他社と比較して、悪くはありませんが高くもないですね。スワップポイントが目的でなければ全く問題はありませんが、スワップポイント目的で長期保有するならスワップポイントが多くもらえる他のFX業者を検討された方がよいです。

FXダイレクトプラスの特徴

取り扱い通貨ペアは24種となっていて、人民元/円やトルコリラ/円の取り扱いもあります。最低取引単位は1,000通貨単位となります。取引手数料はかかりません。

取引日終了前における証拠金維持率が125%を割り込んでいる時にワーニングメールが送信されます。また証拠金維持率を100%を割り込んだとシステムが検知した時点で強制ロスカットとなります。ロスカット手数料もかかりません。

無理なトレードをすると良いことはひとつもありませんから、こういったリスク管理はありがたいですね。

FXダイレクトプラスとウルトラFXの違いはこれ

セントラル短資FXはFX業者なら歓迎しないスキャルピングをウルトラFXではOKとしている数少ない業者です。ウルトラFXはディーリングデスクを介さずカバー先金融機関に直接アクセスするため、透明性の高い環境でトレードができます。

ウルトラFXはFXダイレクトプラスよりもスプレッドが有利です。例えばウルトラFXの先月の実績であればドル円0.64銭、ユーロドル0.47pips豪ドル米ドル0.48pips!!特に豪ドル米ドルは業界最狭ではないでしょうか?

ただしウルトラFXは5万通貨からの取引となるので、ある程度の資金なければ厳しいかもしれません。

また、同じ会社の商品ですがそれぞれ口座を開設する必要があります。

 

関連記事ウルトラFX(セントラル短資FX)の使いやすさは?スキャルピングOKって本当?

 

FXダイレクトプラスの取引ツール

PC版取引ツール

PC版のトレードツールは3種類あります。

 

  • Web取引システム(ブラウザ型)
  • プログレッシブチャート(ブラウザ型)
  • クイックチャート・トレードプラス(インストール型)

 

2016-10-26-16-57-50

上の画像はWeb取引システムの注文画面になります。わたしは成行プラスという注文方法を利用しています。いつもストップロスは手動で行っていますが、予期せぬ急落や急騰に備えて、発注と同時にストップロス注文も入れるのですがこの機能は本当に便利ですよ。

他のFX業者と違うところは期待損益が表示されることです。画像の赤丸部分になりますが、500ロット(50万通貨)で20pipsのストップロスであれば、-100,000円になるというのが表示されます。これで注文ミスも減ると思います。

2016-10-26-17-14-50

上の画像はクイックチャート・トレードプラスのプラットフォームです。レイアウトも自由で好きな項目をひとつの画面にまとめ、それをタブ管理できるという優れものです。

個人的な話ですが、わたしは作業しながらFXをするので画面いっぱいのカスタマイズできないシステムは嫌なのです。クイックチャート・トレードプラスなら、好きな大きさで管理できますしタブ操作で切り替えできるのが何より気に入っています。

プログレッシブチャートは高機能なので、特に使用しているチャートソフトがなければこれをメインに使っても良いと思います。

スマートフォン用アプリ

GMOクリック証券のFXネオとレイアウトからして同じアプリですね。FXダイレクトプラスのほうがチャートの通貨ペアの切り替えの点で少し使いやすいです。

2016-10-27-11-59-31

設定できるテクニカルインジケーターの一覧です。メジャーなものは揃っています。オシレーター系インジケーターは縦画面で3つ、横画面でも2つまで設定できます。

2016-10-27-12-06-58

設定したチャートとスピード注文画面です。チャートの線の色は変更できません。インジケーターを入れ過ぎると色合いのせいか、目がちかちかしますね。

チャートのカスタマイズはできませんが最低限の情報は見ることができますし注文もしやすいので、わたしの中では「使える」アプリとして勝手に認定しています。

 

リンクFXダイレクトプラスの口座開設はこちら

 

FXダイレクトプラスのメリットとデメリット

メリットは主に6つ

トレードの記録が自動で出力できるパーソナルレコードというサービスが利用できます。これは実際にFXダイレクトプラスまたはウルトラFXでトレードをした履歴より出力され、勝率からプロフィットファクター、平均保有時間に至るまで知ることができるという優れものです。

通常これを手動で行う必要があるため、世間のトレーダーは面倒になって記録をつけたがらないのです。これを利用すれば面倒な作業は減って、その記録から今使っている手法の改善点や自分の癖などもわかってしまいます。FXが上達するツールであると言えます

口座内の資金を外貨→日本円もしくは日本円→外貨に交換する「両替」や建玉を差金決済せず取引外貨実額の日本円と外貨現物を交換する「受渡し」のサービスがあることはメリットです。このサービスを行っているFX業者は少ないので、海外によく行く方には嬉しいサービスですね。

セントラル短資FXに口座があると利用できる「クラブオフ」というサービスがあります。セントラル短資FXも業者へ委託しているので他社サービスにはなりますが、宿泊施設を特別料金で利用できたり、映画を安く見ることができたりお得なサービスが満載です。

月額540円をしはらうとVIP会員になることもでき、VIP会員限定で1泊500円という破格のプランも利用できますよ。わたしはVIP会員ではないのですが、ちょっと利用してみようかという気持ちになります。

問い合わせ窓口が比較的長い時間受け付けされている点はメリットです。受け付けは平日7時から21時になっていますので、サラリーマンの方でも問い合わせしやすいと思います。他のFX業者で17時までしか受け付けがなく平日だけしかサポートがない場合、サラリーマンの場合仕事中に問い合わせする必要がでてくるかもしれません。

何かとわからないことが多い初心者の兼業トレーダーには優しいFX業者と言えます。セントラル短資FXさんは、いつ問い合わせしても丁寧に対応してくれますので安心できます。

オンラインセミナーの講師が著名トレーダーな点もメリットです。あの超ロングセラーFX商材の「ビクトリーメソッドアドバンス」著者の佐野裕さんがセミナーをされていたのは今日まで気づかずでしたので、さきほど録画で拝見しました。

ユーザーの資金はセントラル短資FXとは完全に区別され、全額信託保全されている点も安心してトレードできるメリットになります。

デメリットは強いてあげると1つ

スプレッドがやや広いのはデメリットと言えます。回数を重ねる短期トレーダーはどうしてもコストが高いと勝てなくなる可能性があるので、わたしが短期トレーダーなら他のFX業者を選びます。

まとめ

サービスが手厚いセントラル短資FXの商品であるFXダイレクトプラスですが、ややスプレッドが広いため一日に2回程度までのデイトレーダーや中長期のトレーダーにむいている商品と言えます。

同じセントラル短資FXのウルトラFXは5万通貨以上の取引に対し、このFXダイレクトプラスは1000通貨からの取引が可能となっています。

今なら新規口座開設のお得なキャンペーンも実施中です。詳しくはこちらからどうぞ。

 

リンクFXダイレクトプラスの口座開設はこちら


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

私がメインで使っているFX口座はこちら

ユーザー数が日本1でのFX口座
DMMFX
5
運営会社株式会社DMM.com証券
特徴FX口座数日本一&50万口座
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実
DMMFX

DMM FXは、FX口座数が日本1で、その数50万口座を突破した、日本で一番メジャーなFX口座です。私もFX初心者の頃から使い続けている口座です。

スプレッド(手数料)が狭いのはもちろんのこと、スマートフォン取引でも使い勝手がいいツールが充実していて、初心者からベテラントレーダーまで幅広い層に使われています。

取引上の不安やトラブルにも対応するサポート体制も充実しているので、1番最初に開設する口座としてはベストの口座と言えます。

 

今なら口座開設&取引で20,000円キャッシュバック

DMMFXの口座開設でキャッシュバックを申込む

 

GMOクリック証券
FX取引高が4年連続世界1
GMOクリック証券
4
運営会社GMOクリック証券株式会社
特徴資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実

GMOクリック証券も、DMMFX同様、業界最狭のスプレッドにより、デイトレーダーからスイングトレーダーまで、幅広いユーザーに利用されている口座です。

また、iPhoneやAndroidでも使い易い取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

取引量と資産保有残高が世界第1位のFX口座。

 

今なら口座開設&取引で25,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設でキャッシュバックを申込む