1. ホーム
  2. 稼ぐためのFX口座
  3. JForex
  4. ≫JForex(デューカスコピー)の使いやすさは?実際に取引してみた感想を徹底レビュー!

JForex(デューカスコピー)の使いやすさは?実際に取引してみた感想を徹底レビュー!


「デューカスコピーってどこの会社なの?」と思われるかもしれませんね。デューカスコピーはスイスのネット銀行です。デューカスコピージャパンはその子会社で前身はアルパリジャパンになります。

もちろんユーザーの資金は完全信託方式をとっているため、万が一デューカスコピージャパンが破綻した場合でもSMBC信託銀行よりユーザーの資金は返還されることになります。

板情報を見ることができるJForexの評判や特徴についてスワップポイントスプレッドをはじめとした詳細を紹介していきます。

 

公式サイトJForexの口座開設はこちら

JForexの特徴は?

JForexの口座レビュー

NDD方式を採用!JForexのスプレッドは変動制

2016-11-01-10-15-34

JForexのプラットフォームではスプレッドの項目がなかったので、公式ホームページより現在のレートをキャプチャしました。主な通貨ペアのスプレッドのみですが固定ではなく変動制になります。刻々とスプレッドは変動しています。

黄色でマークをつけたところは業界最狭スプレッドと言えます。後述しますがJForexでは別途手数料がかかりますので、それもコストとして加味する必要があります。

なぜ固定スプレッドではなく変動スプレッドなのかというと、JForexではNDD方式(ノンディーリングデスク)を採用しているからです。

NDD方式って?

dd%e3%81%a8ndd

ごく簡単に示すと、DD方式(ディーリングデスク)とNDD方式(ノンディーリングデスク)の違いは上の図のようになります。

国内業者の多くはDD方式を採用しています。しかしJForexのようにNDD方式であれば、ディーラーを介さないことでスプレッドは固定ではなく変動となりますが透明性の高いレートで取引できるという魅力があります。

株式取引の経験がある方にはおなじみの板情報もJForexでは見ることができますよ。板情報はわたしはそこまで参考にしていませんが、どこに注文が集まっているのかがわかりますね。

2016-10-31-10-45-38

JForexのスワップポイントは?

JForexのスワップポイントは取引量などで計算される3つのランクがあり、そのランクに応じてもらえる(支払う)スワップポイントが異なります。

一番上位ランクでも下位ランクでもそれほど差はありませんが、一番下のランク「レギュラー」と一番上のランク「プレミアム」の1万通貨あたりの計算値をそれぞれ調べてみました。調べた通貨ペアはスワップ派に人気の高い以下の4通貨ペアになります。

・豪ドル/円 41円・44円
・NZドル/円 52円・55円
・トルコリラ/円 69円・73円
・南アフリカランド/円 16円・17円

※左が「レギュラー」右が「プレミアム」

 

ちなみに「プレミアム」ではもらえるスワップポイントは多く、支払うスワップポイントは少なく設定されています。

わたしの調べた限りでは、南アフリカランド/円のスワップポイントは「レギュラー」でも業界最高水準です。他の通貨ペアもスワップポイントの高い岡三アクティブFXヒロセ通商のLION FXMATRIX TRADERにはやや劣るものの、高い水準のスワップポイントを提供していますよ。

JForexその他の特徴は?手数料は?

取り扱い通貨ペアはなんと48種です。ヒロセ通商の50種に次いで多いですね。多通貨を操るトレーダーにはおすすめです。

NDD方式というと大口トレーダー向けと思われがちですが、最低取り扱い単位は1000通貨となっていますので、少額トレーダーでも問題ありませんよ。

気になる手数料ですが、以下のとおりになります(公式ホームページより)。取引金額100万円あたり、最大で片道35円になります。

%e6%89%8b%e6%95%b0%e6%96%99

画像1~3のそれぞれのテーブルにあてはめて、その中で一番有利な手数料が適用されます。例えばドル円が105円、今回適用した手数料が30円、5万通貨で取引するとした場合の片道手数料の計算は以下のようになります。

50,000 USD × 105 = 5,250,000 円
5.25 × 30(適用した片道取引手数料)=157.5 ⇒ 158円(1円未満の端数は四捨五入)

取引金額ベースで考えるため少し計算が複雑になりますね。大口トレーダーのほうが、断然有利であると言えます。

手数料を加味したとしても、透明性の高いレートでトレードできることは魅力ですし、スプレッド固定の業者に比べてもスプレッドの狭い通貨ペアがいくつかありますので自身のお気に入りの通貨ペアでどうなのか、検討されてみてはいかがでしょうか。

 

公式サイトJForexの口座開設はこちら

JForexの取引ツールをつかってみた感想

2016-11-01-13-12-03

PC版トレードツール

上の画像は、JForexのプラットフォームです。チャートがタブ管理できて大変便利ですよ。Meta Trader4だと、一旦設定したチャートの通貨ペアを変更できませんが、これなら簡単に変更できます。ただインジケーターの設定が少しやりにくいですがこれは好みの問題です。

2016-11-01-17-56-08

昼前にとった豪ドル/円のロングポジションです。ポジションクローズするには画像内の矢印部分×をクリックするだけです。この部分はMeta Trader4と似ていますね。

2016-11-01-12-30-21

2016/11/1のオーストラリア政策金利発表直後のスプレッドをキャプチャしておきました。そこまでスプレッドが開いていませんね。今回は同時にチェックできませんでしたが、DD業者だともう少しスプレッドが開いていたと思います。

新規注文する場合もこの上の画面の買いならアスク、売りならビッドをクリックするだけです。まあこれに関しては普通ですね。できればこの画面にポジション数と約定価格、損益などが表示できれば最高なのですが…完成されたシステムという貫禄もあるので、改善の期待はしていません。

2016-11-01-13-32-32

チャートに関してもうひとつ書かせてください。インジケーターを半透明にすることができるのです。比較してもらえますでしょうか。同じ移動平均線ですがより透明になって、ローソク足の形が鮮明に確認できますね。この機能は不透明か透明度10%~90%の10%刻みで設定することができます!

2016-11-01-23-17-56

このJForexのすごいところは上の画像のようにどこでポジションをとり、どこでそれを決済したのかを自動で表示してくれるところです。

下の赤丸に緑の三角があるのがわかりますか?そこで買い、そして上の赤丸部分の黒い三角で決済をしたということです。獲得pipsが+68.9だったということもわかります。

自動で獲得pipsも表示してくれるので、これを画像として保存するだけで簡易トレードノートができます。この機能だけでも無料なんて信じられませんね!

スマートフォン用アプリ

screenshot_20161101-225954

板情報をスマートフォン用アプリでも見ることができます。PC版よりも視覚的にわかりやすいですね。

screenshot_20161101-230154

ピボットの数値もスマートフォン用アプリで確認できるとは、デイトレーダーには嬉しい機能です。

screenshot_20161101-230735

チャートはこのように設定できます。インジケーターは45種類の中から選べます。スマートフォン用アプリには珍しいHMAなどもあります。この画像では一目均衡表とボリンジャーバンドを表示しています。ちなみに足は10秒足というものまであります。

screenshot_20161101-234317

ポジションはこのように簡単に表示されます。サマリーから全決済することもできます。

総合して、国内業者のスマートフォン用アプリに慣れている人にとってこのアプリは使いづらいのではないかと思います。高機能であることは間違いありませんが…わたしも正直、国内業者のアプリに慣れきっているためJForexのアプリはほとんど使わないです。

 

公式サイトJForexの口座開設はこちら

 

JForex(デューカスコピー)のメリットとデメリットは?

JForexのメリットは主に7点

ストップ狩りや不正なレート操作に遭う心配のないNDD方式を採用していることは大きなメリットです。FX業者がどのようにレートを配信しているのか?いわゆる悪徳業者と呼ばれる業者は規制により淘汰されているはずですが、公平性と透明性の高いレートでトレードできるというのはとても安心できます。

トレードツールの項目でも触れましたが、自動でチャートにトレード履歴が表示されるため画像保存もしくは印刷するだけで簡易トレードノートになることは、特に初心者さんにとってメリットとなります。ぜひお試しいただけたらと思います。

スワップポイントが他社と比較しても高めというのもメリットです。南アフリカランド/円は特に高いです。

大口トレーダーにとって有利であることもメリットです。取引手数料のかかってしまうJForexですが、預入資産が多かったり取引金額が大きかったりすることで手数料が安くなります。また、DD方式の業者だと大口であれば約定しにくいという悩みが出てきますが、NDD方式採用のJForexなら安心ですね。

クイック入金に対応している!これは嬉しいです。もちろん振込手数料は無料ですよ。ただクイック入金対応の金融機関が6行というのは残念です。もしかするとお手持ちの口座に対応していないかもしれませんのでご注意を。

冒頭でもご紹介したとおり、信託保全をとっているので安心してトレードできます。

電話のサポートは平日9時から17時ですが、サポートチャットは24時まで対応しています。トレードが最も盛んになるNY時間にサポートがあるのは大変安心できますので、これもメリットです。ただし祝日は除きます。

JForexのデメリットは1点

携帯電話がないと口座開設ができない…ショートメッセージで取引に必要なPINコードが送られてくるため、携帯電話がなければいけません。これはデメリットとさせていただきます。

まとめ

NDD方式採用のデューカスコピージャパンのJForexでは、透明性の高いレートでトレードすることができます。ディーラーを介さないため、大口でもスキャルピングでも不正なレート操作に遭うこともありません。

FXではほとんど見ることのない板情報などを見ながらトレードすることもできます。トレードツールもPC版は特に高機能であり、トレード履歴表示機能は秀逸と言えます。裁量取引のみならず、自動取引を使うこともできますよ。

お得な新規口座開設キャンペーン実施中です。詳しくはこちらよりご覧ください。

 

公式サイトJForexの口座開設はこちら


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

私がメインで使っているFX口座はこちら

ユーザー数が日本1でのFX口座
DMMFX
5
運営会社株式会社DMM.com証券
特徴FX口座数日本一&50万口座
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実
DMMFX

DMM FXは、FX口座数が日本1で、その数50万口座を突破した、日本で一番メジャーなFX口座です。私もFX初心者の頃から使い続けている口座です。

スプレッド(手数料)が狭いのはもちろんのこと、スマートフォン取引でも使い勝手がいいツールが充実していて、初心者からベテラントレーダーまで幅広い層に使われています。

取引上の不安やトラブルにも対応するサポート体制も充実しているので、1番最初に開設する口座としてはベストの口座と言えます。

 

今なら口座開設&取引で20,000円キャッシュバック

DMMFXの口座開設でキャッシュバックを申込む

 

GMOクリック証券
FX取引高が4年連続世界1
GMOクリック証券
4
運営会社GMOクリック証券株式会社
特徴資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実

GMOクリック証券も、DMMFX同様、業界最狭のスプレッドにより、デイトレーダーからスイングトレーダーまで、幅広いユーザーに利用されている口座です。

また、iPhoneやAndroidでも使い易い取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

取引量と資産保有残高が世界第1位のFX口座。

 

今なら口座開設&取引で25,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設でキャッシュバックを申込む