1. ホーム
  2. 稼ぐためのFX口座
  3. LION FX
  4. ≫ヒロセ通商のLION FX(ライオンFX)徹底レビュー!評判はどう?

ヒロセ通商のLION FX(ライオンFX)徹底レビュー!評判はどう?


LION FXはヒロセ通商のFX取引システムの名称です。

LION FXといえば、キャンペーンで様々な食べものがもらえることで有名です。餃子にドリアにカレー等々、毎月もらえるものが変わり取引数に応じた数がもらえます。お正月にはおせち料理までもらえたこともあります。

%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b0

キャンペーンで大量に送られてきたBIGハンバーグ。冷凍庫にあった最後の1個で、とても大きく食べごたえ抜群です。さすがオリジナル、パッケージにライオンが描かれています。

LION FXのメリットは食べものがもらえるだけではなく、嬉しいキャッシュバックや使いやすいシステム、頼れるサポートに楽しいイベントなどがあります。

実際に私が2年半使用している口座ですので、トレーダー目線で厳しくレビューします。

 

リンクヒロセ通商FXの公式サイトはこちら

 

使って楽しいFX業者 毎月のキャンペーンは要チェック

キャッシュバックで実質スプレッドがさらに狭くなる?

主要な通貨ペアに限られますが、毎月キャッシュバックのキャンペーンがあります。取引高に応じた金額がキャッシュバックされます。

対象通貨ペアは変更になることがありますので、毎月確認しておく必要があります。

%e3%83%9d%e3%83%b3%e3%83%89%e5%86%86%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%89

 

例えば、ある月のポンド円なら片道100万通貨以上の取引で3,000円のキャッシュバックがありました。

1日あたり1万通貨単位で5回トレードしたなら1か月20日で100万通貨達成になります。3,000円が戻ってくるので、1日あたり150円で1トレードあたり30円が戻ってくる計算になります。

これはスプレッドがさらに0.3銭も狭くなるということです。

還元率が最大の場合、1万通貨あたり0.33銭がキャッシュバックされます。現在ポンド円のスプレッドは1.3銭なので、0.33銭をひくと実質0.97銭となります。

小林芳彦氏と白熱のリアルトレードバトル

自分のトレードの実力はどうだろうと思うことはありませんか?LION FXでは毎月リアルトレードバトルが開催されています。

元為替ディーラーの小林芳彦氏とトレード対決をし、pipsベースで勝敗を決めます。勝っても負けても月替わりでそれぞれ商品がもらえます。

商品は主に食品ですが、オリジナルTシャツがもらえることもあります。ユーザー同士のバトルはpipsベースではなく金額ベースになっており、上位に入賞するとキャッシュバックもあり、インタビューに答えるとお肉がもらえることもあります。

これはぜひ参加すべきの楽しいイベントです。

%e9%a3%9f%e4%ba%8b

小林氏に負けた場合には、小林氏も参加するプレミアム反省会という食事会に招待されます。

毎月その食事会の様子が写真つきでホームページに掲載されています。モザイクがかかるといっても写真を撮られてホームページに掲載されるのは少し恥ずかしいですね。

食事会では小林氏のミニセミナーが行われたりするので、写真のことは気にせず参加してみるのも良いかもしれませんね。

 

LION FXの特徴は豊富な通貨ペアと1000通貨単位取引

スプレッドは業界最狭水準で手数料も無料

LION FXは業界最狭水準のスプレッドを維持しています。通貨ペアによってスプレッドの狭さが一番ではないものもありますが、この水準ならデイトレーダーでも問題ないでしょう。

通貨にもよりますが、一般的なデイトレーダー(スキャルピングトレーダーは除きます)の目標利幅は20.0~50.0pips程度、一日あたりのトレード回数も1回から多くて10回程度です。

ポンド円を例にあげると、他のFX業者の1.1pipsのスプレッドとLION FXの1.3pipsのスプレッドでは0.2pipsの差です。回数や利幅からみてその割合としては、スキャルほど影響はありません。

 

  • 20pipsの利に対し、0.2pipsの業者起因によるスプレッド損
  • 5pipsの利に対し、0.2pipsの業者起因によるスプレッド損

 

これに対して、ほんの数秒で何百回もトレードするようなスキャルピングトレーダーは、スプレッドがネックとなりやすいため一番狭いFX業者を使用したほうが成績は向上しやすいです。

ただスキャルピングにおいては約定しにくいFX業者もあるので、実際に使ってみることをおすすめします。LION FXは約定も世界最速水準になっています。

スプレッドは原則固定ですが、各国の重要指標や要人発言、戦乱、政治的要因によって為替レートが急激に変動することがあります。その際、他社の取引システムも同様ではありますが提示しているスプレッドで取引することができない場合もあります。

例えば、スプレッドが原則0.3銭としても急激に変動するときは200銭ほど開くことがあります。このような時は通常の取引ができないので、ポジションをとる前にスプレッドが開きすぎていないかを確認し開いているなら静観することも大切です。

取引手数料、ロスカット手数料、入出金にかかる手数料も無料となっているので余計なコストがかからないのも嬉しいところです。約380の金融機関のクイック入金が使えますので、トレードチャンスを逃す心配もありません。

少額トレーダーに特におすすめな1000通貨単位トレード

大口トレーダーには無関係かもしれませんが、少額トレーダーにとって1000通貨単位で取引できることはとても大切なことです。

例えば、損失を2%に限定して取引する場合を考えてみます。買い値が100.00円、ストップロスの値が99.50円とします。

 

・口座残高    50,000円
・リスク2%    1,000円(50000×0.02)
・ストップ幅     50銭
・最大ポジション 2000通貨(1000円÷0.50円)

 

この場合だと10000通貨以上の取引しかできない業者を使うとトレード自体が見送りになってしまい、機会損失となります。

1000通貨単位でトレードできる業者は多くありませんので、LION FXは少額トレーダーに特に重宝されています。

50通貨ペアから選べる

ドル円やユーロドルといった主要な通貨ペアのほかに50通貨ペアの取り扱いがあります。

ポーランドズロチ、スウェーデンクローナ、ノルウェークローナ、ハンガリーフォリント、シンガポールドル、香港ドル、トルコリラ、メキシコペソ、南アフリカランドの取り扱いもあります。

多通貨ペアを扱うトレーダーにはLION FXの豊富なラインナップは嬉しいですね。

中でも注目なのが、デイトレーダーに人気のポンド/豪ドルです。このペアはボラティリティが非常に高いため初心者には難しいペアでもありますが、稼ぎやすいペアでもあるとして注目されています。

取り扱いがある業者が増えてきていますが、LION FXはポンド/豪ドルのスプレッドも最狭水準になります。

ポンド/豪ドルを主にトレードするならLION FXがおすすめです。

スマートフォン用アプリは実際どうなの?

★2016/10/03~大幅に改善しました。次の項目で詳細を記載していますのでぜひご覧ください

LION FXのスマートフォン用アプリ(Android)は、正直なところ満足できていません。
PC版が使いやすいだけに残念です。

PC版にはMac専用のシステムもあり、Macユーザーには嬉しいです。

まずチャートですが、移動平均線とボリンジャーバンドは同時に表示できません。特に15分足では薄い灰色の縦線が多く入っているうえ、背景にLION FXという文字とライオンの絵が描かれていて、ローソク足のヒゲの部分が非常に見にくいです。

lionfx-%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%88

LION FXはプレミアム反省会や、電話とメールのサポートの中から届く顧客の声を受け止め、毎月システムを改善しています。

例えば、テクニカル分析の一つであるポイント&フィギュアは通常なかなか見ないテクニカル指標ですが、顧客意見により搭載されました。

スマートフォン用アプリのチャートの改善については、すでに顧客意見が出ているため今後の改善に期待しましょう。

それでもスマートフォンでトレードがしたいという方は、チャートソフトのMeta Traderなどいつも使用しているチャートを自宅パソコンで起動しておき、遠隔操作アプリでスマートフォンからチャートを見るという方法もあります。

LION FXのアプリは注文するには問題なく使えますし、約定も速いと感じています。イギリス国民投票の際に、一度だけ注文が通らなかったことはありますが通常は問題ありません。

スマートフォンから見ることができる情報も豊富ですので残念なのはチャートだけです

★追記★ スマホアプリに関する朗報です! 2016/10/05

バージョンアップ(2016/10/03)により、スマホアプリが大幅に改善しました。まずは画像をごらんください。背景に鎮座していたライオンがいなくなりました!

screenshot_4

背景色も罫線もこんな豊富なカラーから選べます。

screenshot_2

2画面、4画面も表示できるようになりました。

screenshot_3

インジケーターも増えて同時に表示できる数も増えましたよ。スーパーボリンジャーとスパンモデルが実装され、マーフィーさんの設定ができるようになりました。

screenshot_1

何より良かったのはチャートを見て注文ができるようになったことです。LION FXさん!ありがとうございます。下の画像で緑⇒の項目も増えました。赤丸部分の縦線と横線がひけるのはいいですが斜めはないようですね。次回に期待です。

screenshot_5

 

リンクヒロセ通商FXの公式サイトはこちら

 

信頼できる安全な業者である

ヒロセ通商は本当に信頼できる?

大切な資産を預けるのですから信頼ができて安全なFX業者でなければなりません。ヒロセ通商は2016年3月に東京証券取引所JASDAQに上場しました。

ヒロセ通商は三井住友銀行へ私たちの預けた資金を100%信託しているため、万が一破綻した場合でも資産は保全され、私たちのもとへ戻ってきます。

トレードで困ったときどうすればいいの?

トレード中に困ったことやわからないことがあっても、平日24時間メールと電話でユーザーサポートがあるため安心です。

他社のようにLINEによるユーザーサポートはありません(2016年9月現在)。LINEサポートはとても便利なので、導入については今後に期待しましょう。

 

LION FX まとめ

ヒロセ通商のLION FXは、資金10万円以下でトレードする人や、多通貨ペアでトレードする人にはおすすめの口座です。

信頼できる安全なFX業者ですので、ポジショントレーダーやスイングトレーダーにもむいている口座です。

数秒で手仕舞いする超短期トレーダーにとって、約定は問題ありませんがキャッシュバック対象通貨ペア以外を取引するなら、コスト面から別の口座も検討すべきでしょう。

LION FXを使うと、毎月のキャンペーンが発表されるのが楽しみになります。他社に比べて使っていてワクワクする、そんなFX業者です。

 

リンクヒロセ通商FXの公式サイトはこちら


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

私がメインで使っているFX口座はこちら

ユーザー数が日本1でのFX口座
DMMFX
5
運営会社株式会社DMM.com証券
特徴FX口座数日本一&50万口座
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実
DMMFX

DMM FXは、FX口座数が日本1で、その数50万口座を突破した、日本で一番メジャーなFX口座です。私もFX初心者の頃から使い続けている口座です。

スプレッド(手数料)が狭いのはもちろんのこと、スマートフォン取引でも使い勝手がいいツールが充実していて、初心者からベテラントレーダーまで幅広い層に使われています。

取引上の不安やトラブルにも対応するサポート体制も充実しているので、1番最初に開設する口座としてはベストの口座と言えます。

 

今なら口座開設&取引で20,000円キャッシュバック

DMMFXの口座開設でキャッシュバックを申込む

 

GMOクリック証券
FX取引高が4年連続世界1
GMOクリック証券
4
運営会社GMOクリック証券株式会社
特徴資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実

GMOクリック証券も、DMMFX同様、業界最狭のスプレッドにより、デイトレーダーからスイングトレーダーまで、幅広いユーザーに利用されている口座です。

また、iPhoneやAndroidでも使い易い取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

取引量と資産保有残高が世界第1位のFX口座。

 

今なら口座開設&取引で25,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設でキャッシュバックを申込む