1. ホーム
  2. 初心者向けコンテンツ
  3. ≫FX初心者でも簡単にできるテクニカル分析の手法が使える!

FX初心者でも簡単にできるテクニカル分析の手法が使える!


FX初心者であれ市場で勝ち残っていくためには相場を分析して、トレードを有利に進めていかなければなりません。この相場分析の手法として非常に有力であるのがテクニカル分析です。取り分け短期売買では、これが大きな効力を発揮します。

しかし、テクニカル分析は種類が豊富にあり難解なものも数多くあるため、初心者はどれをチョイスすれば良いのか迷う人も少なくありません。

この記事では、テクニカル分析の特徴や初心者にもおすすめできる分析手法などについてご紹介していきます。分析の仕方やどの手法を選べば良いか迷いがある人は、是非参考にしてみてください。

 

テクニカル分析とは

fx_%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e3%83%86%e3%82%af%e3%83%8b%e3%82%ab%e3%83%ab%e5%88%86%e6%9e%90_001

テクニカル分析は、為替相場において過去に起こった動向をチャートやテクニカル指標などから分析して、今後の動向を予測するための指標として活用する手法のことを言います。

その国の経済状況や政情などは判断材料とせず、あくまで対象とする通貨の過去の価格や値動きの動向をテクニカルに分析してトレードの判断材料とします。判断材料とするのは大きく分けて3つあります。

 

現在のトレンド傾向を把握する

相場にはトレンドと言うものがあり、現在の相場が上昇傾向にあるのか下降傾向にあるのかを判断する必要があります。

トレンドには主に「上昇トレンド」「下降トレンド」「レンジ」の3種類があり、これらを把握することで今後の値動きの方向性をつかみます。この3つを確実に見分けることからテクニカル分析が始まるのです。

トレンド判断については下記記事の「チャート分析力を養う」も合わせてご参照ください。

 

リンクFXの勉強ってどうやるの?初心者におすすめの段階別勉強法

 

トレンドの強さを把握する

トレンドが強ければ今後もその相場は継続しやすい傾向にあり、すなわちエントリーがしやすいとも言えます。たとえば、上昇トレンドが強ければ下降トレンドに転換する可能性が低いことになりますので、この傾向を踏まえたトレードをすれば良いのです。

 

トレンドの転換点を把握する

トレンドもずっとその状態が続くわけではありません。必ずトレンドには終わりがあります。そして、このトレンドが終わる転換点となるサインが現れますのでこれを見逃さないことです。逆に言えば、この転換点が現れない限りトレンドは続くことになります。

テクニカル分析の基本は、これらトレンドに沿ったトレードであることを覚えておきましょう。

ただし、雇用調整やインパクトのある経済指標の発表などでは、非常に大きな値動きをすることがあります。このような場合はテクニカル分析が当てはまらないこともありますので、為替や経済関連のニュースには常に注意を払うようにしましょう。

 

テクニカル分析の手法

テクニカル分析には数多くの指標があり、全ての手法と使い方に一長一短があると言えます。自分の好みやトレード傾向に合わせて選択するのが良いでしょう。ここでは、代表的なテクニカル分析手法をご紹介します。

 

波動分析

相場は値動きの上下動を繰り返しながら山や谷を形成していきます。この山・谷を形成する波のような動きを波動と呼び、これの規則性や特徴などに沿って分析するのが波動分析です。

最も有名なのが、チャールズ・ダウによって提唱された「ダウ理論」です。トレンドの周期や段階などをロジカルに分析した手法で、現在でもテクニカル分析の基本として多くのトレーダーによって支持されています

その中でも「トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する」という法則はトレンド分析の基本中の基本で、これをベースとした分析は数多く存在します。

このダウ理論をさらに進化させたエリオット波動理論も広く知られています。これは波動を構成する要素を「パターン」「比率」「時間」の3つと定めることで、波動相互の比率から相場の反転時期などの予測を立てるものです。

上昇5波と下降3波の計8つの波動で1つの周期ができており、このパターンで相場が展開していくことがこの理論の根幹です。この波をトレンドの大局として判断材料に使うトレーダーは現在でも多くいます。

 

トレンドライン

トレンドラインはチャート上で重要なポイント(高値や安値)同士を結んで引かれたラインのことを言います。高値同士を結んだラインをレジスタンスライン(抵抗線)、安値同士を結んだラインをサポートライン(支持線)と呼びます。トレンドの把握が視覚的に分かりやすいことから、相場分析の基本として用いられています。

トレンドラインの利用方法ですが、上昇トレンド中であればサポートライン付近を押し目買いに、レジスタンスライン付近を利確ポイントとして活用できます。トレンド発生中であれば、サポートラインはここを下抜けないライン、レジスタンスラインはここを上抜けないラインとしての役割があるからです。

しかし、トレンドが終わるとこれらのラインはこれまでのような利用はできなくなり、むしろトレンドラインを抜ければそこがブレイクポイントとなって大きな値動きの拠点として使われることもあります。

さらに、ラインを抜けるとレジスタンスラインがサポートラインとしての役割を果たすようになることもよくあることです。

このように節目節目では、買い手売り手の思惑が絡み合いますので、値動きに特徴が出やすいのです。よって、エントリーの狙い目であるとも言えるでしょう。

 

移動平均線

fx_%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e3%83%86%e3%82%af%e3%83%8b%e3%82%ab%e3%83%ab%e5%88%86%e6%9e%90_002

非常に人気のあるテクニカル分析で、愛用しているトレーダーも非常に多い手法です。これは一定期間のレートの平均値をつないでグラフ化したものです。

期間は5日や20日など指定することができ、複数の移動平均線を用いて分析するのが一般的なやり方と言えるでしょう。画像は緑が5日間、赤が25日間、青が75日間の移動平均線となっています。

この指標が意味するのは市場全体の平均的な取引コストです。ラインが上向きであれば上昇傾向、下向きなら下降傾向と言う判断ができ、角度が急であれば値動きも大きいことが分かります。ローソク足の波動の傾向を平均化して、より見やすくしたものと考えれば良いでしょう。

複数移動平均線からなる位置関係のパターンを抑えれば、テクニカル分析により役立てることができます。短期線が長期線より上にあり現状レートが短期戦の上であれば、上昇トレンドが非常に強いことを示唆しています。逆に、短期線が長期線の下にありレートが短期線の下にあれば、非常に強い下降トレンドということになります。

画像の例で言えば、現在は短期線が長期線の上にありレートはその間ですから、上昇トレンドの調整局面と言う見方ができるでしょう。過去のレートが短期線の上にある時点では、強い上昇トレンドが出ていたことも画像からお分かりいただけるでしょう。

 

初心者におすすめの分析手法

fx_%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e3%83%86%e3%82%af%e3%83%8b%e3%82%ab%e3%83%ab%e5%88%86%e6%9e%90_003

初心者の人におすすめできるシンプルな分析手法をご紹介します。相場の大局を分析できる手法ですが、うまく使えばエントリー判断としても利用できますので参考にしてみてください。

使うのは先述した移動平均線手法の応用です。ローソク足は1時間足、移動平均線は5日と25日を使用します。この環境で、移動平均線をレジスタンスライン・サポートラインとして利用する手法です。

たとえば、上から現状レート、5日線、25日線の順になっている状態では上昇トレンドの傾向が非常に強いですので、5日線をサポートラインと見立てます。サポートライン付近までレートが下がってきた状態で押し目買いをするということです。

逆に上から25日線、5日線、現状レートの準であれば強い下降トレンドですので、5日線がレジスタンスラインとなります。レジスタンスライン付近でエントリーして戻り売りを仕掛けます。

このように強いトレンドをフォローする形でエントリーするので、勝率も安定しやすく最初に取り入れる手法としては取り組みやすいと言えるでしょう。

判断も比較的容易にできますので、初心者の人でもエントリーしやすいかと思います。言うまでもなく、エントリー前に損切りポイントは設定した上でトレードしてくださいね。

 

まとめ

ここまで、テクニカル分析の特徴や初心者にもおすすめできる分析手法についてご紹介してきました。

テクニカル分析と聞くと難しい印象をお持ちの人も多かったかと思いますが、基本的な部分を抑えておけば意外に理解しやすいことがお分かりいただけたでしょう。

トレンドをいかにつかむかがテクニカル分析のベースになっていますので、まずはここを抑えておけば良いのです。

トレンドが掴めればそれを用いた手法も容易に習得できますし、初心者の人でも扱いやすいものがありますので臆することなくチャレンジしてみてください。

テクニカル分析をマスターすることがFXを制する第一歩になるのです。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

私がメインで使っているFX口座はこちら

ユーザー数が日本1でのFX口座
DMMFX
5
運営会社株式会社DMM.com証券
特徴FX口座数日本一&50万口座
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実
DMMFX

DMM FXは、FX口座数が日本1で、その数50万口座を突破した、日本で一番メジャーなFX口座です。私もFX初心者の頃から使い続けている口座です。

スプレッド(手数料)が狭いのはもちろんのこと、スマートフォン取引でも使い勝手がいいツールが充実していて、初心者からベテラントレーダーまで幅広い層に使われています。

取引上の不安やトラブルにも対応するサポート体制も充実しているので、1番最初に開設する口座としてはベストの口座と言えます。

 

今なら口座開設&取引で20,000円キャッシュバック

DMMFXの口座開設でキャッシュバックを申込む

 

GMOクリック証券
FX取引高が4年連続世界1
GMOクリック証券
4
運営会社GMOクリック証券株式会社
特徴資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実

GMOクリック証券も、DMMFX同様、業界最狭のスプレッドにより、デイトレーダーからスイングトレーダーまで、幅広いユーザーに利用されている口座です。

また、iPhoneやAndroidでも使い易い取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

取引量と資産保有残高が世界第1位のFX口座。

 

今なら口座開設&取引で25,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設でキャッシュバックを申込む