1. ホーム
  2. 初心者向けコンテンツ
  3. ≫FX初心者がファンダメンタルズを軽視してはいけないたった1つの理由

FX初心者がファンダメンタルズを軽視してはいけないたった1つの理由


相場に関わる者であれば、ファンダメンタルズという言葉は必ずご存知でしょう。経済の根幹的なところを意味し、時に相場へ絶大な影響を及ぼす重要な指標として知られています。

テクニカル分析主体のトレーダーにとって、ファンダメンタルズ分析は不要と考えている人もいますがそれは大きな間違いです。これを完全に無視してしまうことは、大きな損失を被ることにもなりかねません。少なくとも市場へどのような影響があるのかは知っておく必要があります。

この記事では、ファンダメンタルズ分析の特徴や分析手法などについてご紹介していきます。ファンダメンタルズ分析に興味のある人もテクニカル分析オンリーと言う人も、是非参考にしてみてください。

 

ファンダメンタルズとは

fx_%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%ba_001

ファンダメンタルズは「経済に及ぼしうる基礎的要因」として訳されています。国の収支やインフレ率などの経済指標全般を意味し、経済の健全性を表す指標として用いられています。

これに伴い、国の経済、政治、環境などを総合的に判断して為替に影響を及ぼす要因を分析する手法をファンダメンタルズ分析と呼びます。

国の総合的な情報から中長期的な為替の方向感を把握することに使われたり、短期的にはアメリカの雇用統計発表や要人の発言などで急激に為替が乱高下することもあり、非常に重要なファクターとして用いられるのがファンダメンタルズです。

ファンダメンタルズの弱点として、個人投資家は最新のニュースを手に入れるまでにタイムラグが発生することが多く、相場が先に動き出してしまうことがあるということです。短期的な概念を取り入れる際は注意したいところです。

ファンダメンタルズを利用してトレードをしないとしても、為替への影響は大きいため常に警戒しておかなければならない要素であることは覚えておきましょう。

 

ファンダメンタルズを疎かにしてはいけない理由

FXはデイトレードスキャルピングなど、短期売買をするトレーダーが多いためファンダメンタルズ分析を活用している人は多くないかもしれません。しかし、だからと言ってこれを疎かにして良いわけではありません。

ファンダメンタルズは相場の大局を判断する材料として、多くの投資家が愛用しています。特に機関投資家や大口の投資家は、ファンダメンタルズをフル活用しており時として為替に大きな影響を与えることがあります。

ファンダメンタルズを知ることは彼らの動向を知ることにもつながり、大きな相場の流れを事前に察知しておくことになるのです。事前に動きを知っていれば、相場変動が起こってもある程度冷静に対処することができるでしょう。相場の大きな流れに無理に逆らわない方が、勝率も安定します。

また、短期的には米国の雇用統計発表や大きな経済ニュースなどでも相場が敏感に反応することがあります。特に雇用統計発表では、ドル/円でも瞬時に2,3円が動くこともあり無視できない指標となります。

事前にこれらの情報に対処していないと、テクニカルのみでは大きな損失をこうむってしまうことになるでしょう。前もって知っていれば、雇用統計発表前にはリスク回避のためポジションを手仕舞うなどの対応も可能になるのです。

 

どこから情報を収集するか

fx_%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%ba_002

重要な要素になるファンダメンタルズですが、情報はどこから収集すれば良いのでしょうか。情報の早い遅いを別にすれば、情報が手に入るサイトは山ほどあります。ここではタイプ別におすすめの収集方法をご紹介します。

 

信頼できるアナリストを見つけ指標にする

有名なアナリストたちが、自身のブログやFX会社のレポートなどで定期的に情報発信をしていますので、これらを定期的にチェックする方法です。

このような情報を取り入れることで相場の大きな流れをつかむことができますし、ファンダメンタルズがどのようなものかが理解できるようになるでしょう。是非お気に入りのアナリストを見つけてみてください。

有名アナリストが多数紹介されているこちらのサイトを参考にしても良いでしょう。

 

外為LAB.(外為ラボ)の公式サイトはこちら

 

有名為替ニュースサイトから情報収集する

為替ニュースや著名アナリストの情報が発信されているニュースサイトから情報を得る手法です。初心者におすすめのサイトを3つほどご紹介します。

 

ロイター (REUTERS)

為替相場はもちろんのこと、世界中のニュースや経済の動向が紹介されています。有名アナリストのコメントも掲載されていますので、毎日目を通せばファンダメンタルズの概要が理解できるようになるでしょう。トレーダーの愛用者が非常に多いサイトとしても有名です。

ただし、速報性と内容量ともに英語版に軍配が上がります。

 

ロイター公式サイトはこちら

 

ブルームバーグ (Bloomberg)

世界中の銀行、市場関係者、マーケットメーカーなどから得た膨大なデータを分析して情報を提供しています。トレーダーのファンも多いサイトです。英語の方がボリュームがあり、英語ができる人は英語版を読む方が良いでしょう。

一部有料版ではさらにハイレベルなコンテンツが提供されており、勉強に投資できる人は検討してみても良いかも知れません。

 

ブルームバーグ公式サイトはこちら

 

ウォール・ストリート・ジャーナル (The Wall Street Journal)

国際的にも強い影響力を持つ新聞ウォール・ストリート・ジャーナルのマーケットサイトです。世界中の為替、株、技術情報、政治情勢など経済に関連するあらゆるニュースが配信されています。

細かい相場分析や市場予想が読めるので、初心者の人から上級者まで参考になるサイトでしょう。

 

ウォール・ストリート・ジャーナル公式サイトはこちら

 

ファンダメンタルズを使った短期売買手法

fx_%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%ba_003

ここからはファンダメンタルズを使った手法についてご説明します。基本的には相場の大局を見極めそれに沿った中長期の資産運用をするのが一般的なのですが、実は短期売買にもファンダメンタルズは使えます。

定例イベントや経済指標発表直前までの為替の値動きと実際のファンダメンタルズには「ズレ」や「ネジレ」が生じることがあります。ここを狙った取引をします。

これらは一週間前くらいからイベントに向けた値動きが見られるようになり、市場が予測しているものが織り込まれて為替は動いていきます。

この市場の予想に反した発表がされると、ファンダメンタルズと値動きに大きな乖離ができ、為替は大きく反転することになります。この乖離を埋め戻すトレードが多くなるのは必然ですので、ここに照準を絞ったエントリーをすると高い確率で勝つことができるでしょう。

大きな経済指標の発表がある時に使える手法ですので、試してみてください。ただし、値動きがかなり激しくなり逆の反動やノイズも大きくなる可能性が高いですので、損切り幅は気持ち大きめにとっておいた方が良いでしょう。

 

まとめ

ここまで、ファンダメンタルズの特徴や注意点、分析手法などについてご紹介してきました。

自分はテクニカルだから関係ないと思っていた人も、実は関係のある手法だと知って驚かれたのではないでしょうか。為替に大きな影響力を持っているため、情報は常に仕入れていないと手痛い目に遭うこともご理解いただけたことと思います。

リスクヘッジの観点からは必ず導入しておかなければならない手法ですので、完全に無視することはないようにしたいものです。情報は定期的に仕入れて、為替相場への理解をさらに深めるきっかけにしてみてください。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

私がメインで使っているFX口座はこちら

ユーザー数が日本1でのFX口座
DMMFX
5
運営会社株式会社DMM.com証券
特徴FX口座数日本一&50万口座
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実
DMMFX

DMM FXは、FX口座数が日本1で、その数50万口座を突破した、日本で一番メジャーなFX口座です。私もFX初心者の頃から使い続けている口座です。

スプレッド(手数料)が狭いのはもちろんのこと、スマートフォン取引でも使い勝手がいいツールが充実していて、初心者からベテラントレーダーまで幅広い層に使われています。

取引上の不安やトラブルにも対応するサポート体制も充実しているので、1番最初に開設する口座としてはベストの口座と言えます。

 

今なら口座開設&取引で20,000円キャッシュバック

DMMFXの口座開設でキャッシュバックを申込む

 

GMOクリック証券
FX取引高が4年連続世界1
GMOクリック証券
4
運営会社GMOクリック証券株式会社
特徴資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実

GMOクリック証券も、DMMFX同様、業界最狭のスプレッドにより、デイトレーダーからスイングトレーダーまで、幅広いユーザーに利用されている口座です。

また、iPhoneやAndroidでも使い易い取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

取引量と資産保有残高が世界第1位のFX口座。

 

今なら口座開設&取引で25,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設でキャッシュバックを申込む