1. ホーム
  2. 初心者向けコンテンツ
  3. ≫FX入門編!初心者が最低限知っておくべきことと実戦すべきことまとめ

FX入門編!初心者が最低限知っておくべきことと実戦すべきことまとめ


オンライントレードが手軽にできるようになって、FXに興味を持つ人も非常に多くなってきました。サラリーマンから学生や主婦まで、幅広く誰でも参加できるのもFXの魅力の一つと言えるでしょう。

しかし、いざ始めようとしても「何からしたら良いか分からない」「興味はあるけど難しそう」などと考えてしまい前に進めない人たちもたくさんおられるようです。

この記事では、入門編としてFXを始める上での最低限必要な知識や具体的な取り組み方を絞ってお伝えしていきます。是非FXを始めるきっかけにしてみてください。

 

FXとは?

fx%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85_%e5%85%a5%e9%96%80_003

FXは外国為替証拠金取引(Margin Foreign Exchange Trading)の略称で、海外の通貨を売買してその価格差を利益にする取引のことです。

例えば、1ドル100円のときに1万ドルを買うと100万円です。これを1ドル110円のときに1万ドルを売ると110万円になります。この差額10万円が利益になるということです。

このように異なる2国間の通貨を売買して為替差益を狙う取引のことをFXと言います。安く買って高く売るという視点だけで言うと、通常の商売と同じと言えるでしょう。

為替差益以外にも2国間の金利差を狙ったスワップポイントで利益を得ることもできます。日本の金利は世界中でも稀にみる低金利ですので、ほぼ全ての通貨に対してスワップポイントが発生します。

毎日スワップポイントが発生するのも、この手法の魅力の一つで毎日の値動きを追うのが難しい人は試してみるのも良いでしょう。

リンクFX初心者がよくやる失敗とは?その原因と解決策を徹底解説

特徴

最大の特徴はレバレッジの高さにあります。取引会社に証拠金を預けておけば、その何倍もの金額の取引が可能になるのです。つまり、取引額が100万円でも証拠金を10万円預けておけば取引が可能になるのです。

これをレバレッジと言います。上記の例で言うとレバレッジ10倍ということになり、日本国内のFX会社では最大でレバレッジ25倍まで有効です。

小額の証拠金でも大きな取引をできることが、FXの大きな魅力と言えるでしょう。ただし、その分リスクもありますので、リスク管理は徹底しなければなりません。後先考えない取引をして、強制ロスカットなどされないよう細心の注意を払って取引をするようにしましょう。

 

取引市場

FX取引は世界中で行われており、取引市場は全部で10あります。その中でも大きな金額が動くのが、「東京」「ロンドン」「ニューヨーク」で、これらを合わせて世界三大市場と言います。

FXを含めた為替の取引金額はすさまじく、1日に200兆円が動いていると言われています。ここに利益を求める人や組織がいかに多いかとてもよくわかる数字ですよね。

FX相場の値動きは地域ごとに特徴があり、大きく分けると「オセアニア」「アジア」「ヨーロッパ」「ニューヨーク」の4つになります。それぞれの特徴やクセをしっかり把握しておけば、トレードを有利に進めることができるでしょう。

 

まずは口座開設から

FXの基本的な内容が分かったところで、最初のステップに進みましょう。まずは、FX取引をするための口座開設からです。と言ってもFX業者は非常に多く、どれを選べば良いのか基準が分からない人がほとんどでしょう。

初心者の人は、最も簡単な基準としてコストのかからない業者を選ぶのが良いかと思います。特に取引回数が多い場合は、それに比例して取引手数料やスプレッド幅のコストがかさんできますので抑えられるコストはきっちり抑えておかなければなりません。

コストの観点から初心者の人にお勧めしたいのは、SBI FXトレード株式会社です。取引手数料が無料で、主要通貨のスプレッド幅が非常に狭いことがメリットです。

特に米ドル/円はスプレッド幅が0.27銭と最安のクラスで、余計なリスクを減らすことができます。また、大手ですので取引量が多く潰れることもまずありませんので、安心して取引できることもおすすめできるポイントです。

さらに、取引単位が1単位から可能という非常にレアな業者でもあります。とにかく小額からスタートしたい人にはこれ以上ない業者と言えるでしょう。

バーチャルFXで取引のコツをつかもう

業者を選んで口座が開設出来たら、早速取引しましょう!…と言いたいところなのですが、いきなりリアルマネーでの取引はあまりお勧めできません。まずはバーチャルなマネーで練習をし取引のコツをつかんでから実践に移るようにしましょう。

下記のバーチャルFXは、参加人数も多く定期的にコンテストも開催しているので楽しみながら取引を覚えることができるでしょう。

http://www.virtualfx.jp/about/easy_school.html

 

レートの見方

為替差益を得る指標になるレートですが、これは取引の基本ですのでしっかり理解しておきましょう。表示レートは基本的に2本立てになっていて、画面に向かって左側がBid(売り値)、右側がAsk(買い値)になっています。

例えば、米ドル/円でBid:107.5(1ドル=107円50銭)、Ask:107.8(1ドル=107円80銭)であれば、スプレッド幅は0.3銭ということになります。この時点で買い注文をすれば、円安方向に相場が動き1ドル107円81銭以上となったときに決済をすれば利益が発生します。

 

チャートの見方

fx%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85_%e5%85%a5%e9%96%80_001

為替差益を得るには、当然ながら値動きを把握しなければなりません。これを知るためのグラフがチャートです。チャートの中でも最も一般的な「ローソク足チャート」の見方をここではご紹介していきますね(画像はSBI FXトレードのチャート画面)。

ローソク足には「陽線」「陰線」という2種類があり、上記画像の場合で言うと赤が陽線、青が陰線と言うことになります。陽線は「始値」よりも「終値」が高く、陰線は「始値」より「終値」が安くなります。

このローソク足1本1本が連続して表示されたチャートをローソク足チャートと呼び、相場の世界では最もスタンダードなチャートなのです。

画像を見て頂ければ分かりやすいかと思いますが、陽線が続けば値動きは上昇傾向になり、このような状態を「上昇トレンド」と呼びます。逆に陰線が続けば値動きは下降する傾向が強く、これを「下降トレンド」と呼びます。

まずは、この「トレンド」の動きをつかむことがトレード上達への近道となるでしょう。

 

注文方法を覚えよう

fx%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85_%e5%85%a5%e9%96%80_002

レートとチャートの見方が分かったら実際に注文してみましょう。もちろん、最初はバーチャルマネーでの実践です。バーチャルFXでは、4種類の新規注文方法があります。ここでは、主に初心者に適した2つの注文方法をご紹介します。

 

通常注文

シンプルな注文方法で、執行時の条件で4つに分けることができます。「成行注文」「マーケット注文」「指値注文」「逆指値注文」の4つです。

成行注文は、単純に買い注文か売り注文をいくら購入するかを決定するだけで、最もシンプルな注文です。注文時のレートでそのまま約定することになります。ただし、変動の激しい相場では思った金額で約定しないこともあり、注意が必要です。

マーケット注文は基本的に成行注文と同じですが、指定した値幅以上不利な方向に乖離した場合、注文させない設定ができます。これはスリッページ設定と呼ばれるもので、想定外の値段で約定してしまうリスクを回避することができます。

指値注文は、現在のレートより有利な値を約定前にあらかじめ設定しておくことです。例えば、現在のドル円レートが1ドル101円の場合に100円になったら買い注文を出すというような場合ですね。買い注文は安いときに約定する方が有利になりますので、このような買い方を指値注文と言います。

一方で、逆指値注文はこれとは逆で現在のレートより不利な値を設定する方法です。1ドル101円の場合に102円になったら買い注文を出すような場合のことですね。現在のレートと比較して、設定する値が有利な場合は指値注文、不利な場合は逆指値注文ということになります。

 

IFD注文

これも最低限覚えておいた方が良い注文方法です。IFDは「If Done」の略称でこれは新規注文と決済注文が同時に出せる便利な注文方法です。

たとえば、1ドル105円のときに100円の新規の買い注文を出し、95円になったら自動的に決済の売り注文が有効になる注文方法です。

上記の例はリスク管理を重視した注文方法ですが、逆に100円の新規の買い注文を出し、105円になったら自動的に決済の売り注文が有効になるようにし、利益重視の注文を出すことも可能です。

まずは、通常注文とIFD注文のやり方をマスターして、取引に慣れておくようにしましょう。この2つに慣れてきたら、さらに複雑な注文方法にステップアップするのが良いかと思います。

 

まとめ

ここまで、FX初心者が最低限知っておくべき知識や手順についてご紹介してきました。

覚えることはたくさんありますが、ポイントを1つ1つ押さえておけばそんなに難しいものではないことはご理解いただけかと思います。

まずは基礎をしっかり身に着けバーチャルマネーの取引で実践力を養ってから、リアル取引にチャレンジするようにしましょう。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

私がメインで使っているFX口座はこちら

ユーザー数が日本1でのFX口座
DMMFX
5
運営会社株式会社DMM.com証券
特徴FX口座数日本一&50万口座
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実
DMMFX

DMM FXは、FX口座数が日本1で、その数50万口座を突破した、日本で一番メジャーなFX口座です。私もFX初心者の頃から使い続けている口座です。

スプレッド(手数料)が狭いのはもちろんのこと、スマートフォン取引でも使い勝手がいいツールが充実していて、初心者からベテラントレーダーまで幅広い層に使われています。

取引上の不安やトラブルにも対応するサポート体制も充実しているので、1番最初に開設する口座としてはベストの口座と言えます。

 

今なら口座開設&取引で20,000円キャッシュバック

DMMFXの口座開設でキャッシュバックを申込む

 

GMOクリック証券
FX取引高が4年連続世界1
GMOクリック証券
4
運営会社GMOクリック証券株式会社
特徴資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実

GMOクリック証券も、DMMFX同様、業界最狭のスプレッドにより、デイトレーダーからスイングトレーダーまで、幅広いユーザーに利用されている口座です。

また、iPhoneやAndroidでも使い易い取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

取引量と資産保有残高が世界第1位のFX口座。

 

今なら口座開設&取引で25,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設でキャッシュバックを申込む