1. ホーム
  2. 初心者向けコンテンツ
  3. ≫FX会社で重視すべきポイントって何?初心者におすすめのFX会社をご紹介

FX会社で重視すべきポイントって何?初心者におすすめのFX会社をご紹介


日本国内のFX人口が世界に占める割合は非常に大きくなっています。2014年度のあるデータによると、世界の個人投資家のうち日本人は57%にも上ると言われています。

FX熱が収まることのない日本ですが、FX会社の数も増え続けているかと言うとそうでもなく、2008年のピーク時からは半減しています。

これは、FX業者の健全性強化を目的とした金融商品取引法が施行されたことや、業者間のシェア拡大路線や激しい顧客争奪戦が繰り広げられらたことで、魅力のない業者が撤退していったことが理由として挙げられます。

FX各業者は、より魅力的なサービスが提供できるよう他社との差別化に努めているのです。

魅力的なFX会社が増えたことで選択肢が広がった一方で、FX初心者にとっては重視すべきポイントが分かりづらいという声も多く聞かれます。

この記事では、ポイント別におすすめのFX会社をご紹介していきます。より良いFX会社をチョイスしたい人は是非参考にしてみてください。

 

FX会社選びで抑えておくべきポイント

fx_%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e4%bc%9a%e7%a4%be_001

まずは、FX会社を漠然と選ぶと無難な業者に落ち着いてしまう傾向にあります。

それほどこだわりがない場合はそれでも問題ないのですが、しっかり納得して会社を選びたいのであれば重要視すべきポイントを抑えておきましょう。

ここでは、特に初心者がこだわっておいた方が良いポイントをお伝えします。

 

取引画面が見やすくツールの操作性に優れている

ここを軽視してしまう人が多くみられますが、必ず抑えておくべきポイントです。特に初心者のうちは、注文にしてもツールの設定にしても操作に慣れるのに時間がかかります。

操作性に優れたツールや画面を提供している業者であれば、トレードもスムーズに進みますしストレスを感じることも少ないです。

また、操作が難しいと覚えている段階で挫折してトレードそのものを諦めてしまう可能性もあります。

チャート分析やトレードスタイルを確立していく上でも、この要素は確実に抑えておくようにしましょう。FXの楽しさを理解し長くトレードをしていくためにも大切なポイントであり、軽視すべきではありません。

 

取引コストが少ない

ここはトレードをする上で誰しもが重視するところで、見落とすことはないポイントでしょう。

スキャルピングなどの短期トレードでは非常に重視されるところで、トレード回数が増えれば増えるほどコストは積み重なっていきます。必要経費としての考え方をする必要があり、業者選定の中で確実に抑えておかねばならないでしょう。

取引手数料は無料、ドル/円スプレッドは0.3銭あたりが選定するラインとして抑えておくべきところとなります。

 

少額トレードに適している

初心者がトレードの実践をしていく上でリアルマネーでのトレードは欠かせません。デモトレードでの取引でも実践力はつくのですが、実際のお金を使った取引にはやはり劣ります。

リアルマネーでは、緊張感やメンタル面での捉え方が異なってきますので、ここでの実践はレベルアップには不可欠なのです。

少額トレードは、実践力が手軽に試せるため是非取り入れておきたいところです。1000通貨単位のものは比較的多くありますので選択肢も広がるでしょう。1通貨単位の業者も少数ながらありますので、少額トレードに重きを置いている人は検討に入れておきましょう。

 

会社の信頼性とシステムの堅牢性

金融商品取引法の施行で、FX会社の健全性は大幅に底上げされました。とは言え、相場の世界は何が起こるのかは分かりませんから、信頼性が高いに越したことはありません。

また、システムの堅牢性が高いことも重要で、これは安定した約定力にも関係してきますので抑えておかねばならないでしょう。

ここが不安定ですと、想定外の値で約定してしまったり、希望した指値・逆指値で約定できないなんてことも発生する可能性があります。FX会社とシステムが安定していることもトレードする上では重要なポイントなのです。

次の項目からはここまででお伝えしたポイントごとに、おすすめのFX会社をご紹介します。

 

取引画面が見やすくツールの操作性に優れている

fx_%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e4%bc%9a%e7%a4%be_002

まずは取引画面とツールの操作性に優れたFX会社をご紹介します。

 

GMOクリック証券

取引高が4年連続世界第1位(2012~2015年)、口座数・預かり資産が国内第1位と業界内では群を抜いた存在感を見せつけています。実際の使い勝手は、FXネオを実際に使って徹底レビュー!くりっく365との違いやアプリ使用感は?にも書きましたが、取引画面は非常に見やすく、カスタマイズも自由自在です。

チャートは2種類が用意されていて、初心者には発注くんFXプラスが使いやすいでしょう。ワンクリックのスピード発注画面はコンパクトにまとまっており、最初でも必要な情報が手に取るように分かります。

トレードに慣れてきたら高品質な上位チャートであるプラチナチャートを使うと良いでしょう。描画ツールが豊富に用意されており、中上級者の高度なトレードにも十分応えてくれます。

リンクGMOクリック証券の公式サイトはこちら

 

外為オンライン

デザインがかわいらしく女性にも受けの良い、視認性に優れた取引画面とチャートが特徴です。デザインが良いだけでなく機能も充実しており、テクニカル指標では初心者でも分かるように解説付きの細やかなサポートがあります。

特許を獲得した取引ツールも搭載されており、初心者にも使いやすい操作性と先進性も兼ね備えたFX業者と言えるでしょう。

リンク外為オンラインの公式サイトはこちら

 

取引コストが少ない

fx_%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e4%bc%9a%e7%a4%be_003

ここは、FX会社の選定で容易に抑えられる項目です。特にドル円などの主張通貨ペアに絞って、おすすめのFX業者をご紹介します。

 

SBI FXトレード

取引手数料無料はもちろんのこと、ドル/円のスプレッド幅が0.27銭と業界内で最安です。さらにユーロ/ドルも0.48pipsと最安の水準でコストも抑えやすいでしょう。

ただ、ユーロ/円が0.69銭と安い水準ではあるのですが、他社のFX会社に比べるとやや高めの設定です。ユーロ/円をメインに取引する場合は、頭に入れておいた方が良いでしょう。

リンクSBI FXトレードの公式サイトはこちら

 

ヒロセ通商(LIONFX)

こちらも取引手数料は無料で、ほぼ全ての通貨ペアのスプレッド幅が安く設定されています。ドル/円が0.3銭、ユーロ/円が0.5銭はともに業界最安水準です。さらに、ユーロ/ドル0.4pipsは最安となります。

取り扱い通貨が豊富にそろっており、取引高に応じたキャッシュバックなどもあり、通貨ペアを手広く扱う人にはおすすめの口座と言えるでしょう。

リンクヒロセ通称の公式サイトはこちら

 

少額トレードに適している

初心者の実践力要請には必須とも言える少額トレードですが、気軽に試せるという観点からご紹介します。

それは、1通貨単位から取引可能な「SBI FXトレード」と、100通貨単位から取引できる「マネーパートナーズ」がおすすめできる口座です。

 

リンクSBI FXトレードの公式サイトはこちら

リンクマネーパートナーズの公式サイトはこちら

 

少額トレード全般については、こちらの記事で詳しく解説していますので興味がある人は参考にしてみてください。

 

リンクFXは10円からでもできる?初心者におすすめの少額運用法

 

会社の信頼性とシステムの堅牢性

fx_%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e4%bc%9a%e7%a4%be_004

安全にスピーディにトレードするためにはこの項目も欠かせません。

 

GMOクリック証券

操作性の項目でも先述した通り、取引高が4年連続世界第1位の飛びぬけた実績があります。口座数・預かり資産も国内第1位となっており、会社の信頼度は文句のつけようがありません。

これだけ巨大な資産と口座を抱えつつも、システムトラブルの話はほとんど聞きません。信頼性と堅牢性ともにハイレベルな水準と言えるでしょう。

リンクGMOクリック証券の公式サイトはこちら

 

マネーパートナーズ

マネーパートナーズは東証一部上場企業で、口座数・預かり資産も国内最高水準であり、信頼性については何ら問題ないと言えるでしょう。

特筆すべきはシステムのずば抜けた安定度にあります。6年連続約定力No.1、約定力100%はとてつもない記録であり他社の追随を許しません。

マネーパートナーズは、システムの安定稼働への取り組みに非常に力を入れており、その結果が6年連続約定力No.1に表れたのでしょう。

いずれにしても、システムの堅牢性は疑う余地のないところですので、ユーザーにとっては安心してトレードができる優れたFX会社と言えます。

リンクマネーパートナーズの公式サイトはこちら

 

まとめ

ここまで、FX会社選定の際に重視すべきポイントや、おすすめ業者などをご紹介してきました。

年を追うごとにFX業者はレベルアップしており、サービスも魅力的になってきています。だからこと漠然と探すのではなく、自分が大事にしたいポイントをしっかり抑えベストな業者を選定することの大切さが伝わっていれば幸いです。

FX会社選びは、実践力をつけることや長くトレードを続けていくことにもつながってきますので、後悔のない選択をするようにしましょう。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

私がメインで使っているFX口座はこちら

ユーザー数が日本1でのFX口座
DMMFX
5
運営会社株式会社DMM.com証券
特徴FX口座数日本一&50万口座
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実
DMMFX

DMM FXは、FX口座数が日本1で、その数50万口座を突破した、日本で一番メジャーなFX口座です。私もFX初心者の頃から使い続けている口座です。

スプレッド(手数料)が狭いのはもちろんのこと、スマートフォン取引でも使い勝手がいいツールが充実していて、初心者からベテラントレーダーまで幅広い層に使われています。

取引上の不安やトラブルにも対応するサポート体制も充実しているので、1番最初に開設する口座としてはベストの口座と言えます。

 

今なら口座開設&取引で20,000円キャッシュバック

DMMFXの口座開設でキャッシュバックを申込む

 

GMOクリック証券
FX取引高が4年連続世界1
GMOクリック証券
4
運営会社GMOクリック証券株式会社
特徴資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実

GMOクリック証券も、DMMFX同様、業界最狭のスプレッドにより、デイトレーダーからスイングトレーダーまで、幅広いユーザーに利用されている口座です。

また、iPhoneやAndroidでも使い易い取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

取引量と資産保有残高が世界第1位のFX口座。

 

今なら口座開設&取引で25,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設でキャッシュバックを申込む