1. ホーム
  2. 初心者向けコンテンツ
  3. ≫FX初心者がチャートから簡単にトレンドを把握する方法とは?

FX初心者がチャートから簡単にトレンドを把握する方法とは?


FXでトレードをするときに、相場判断の材料として欠かせないのがチャートです。相場分析はもちろんのこと、そこからエントリーポイントや利確・損切りのポイントまで、売買に必要な情報をすべて提供してくれるツールです。

チャートを使いこなせるかどうかが利益に直結していると言えるでしょう。

この記事では、チャートの重要性やそれを用いたトレンドの把握の仕方など、テクニック的なことをご紹介します。チャートとその使い方をしっかり理解したい人は是非参考にしてみてください。

 

チャートとは?

fx_%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%88_001

FXで言うチャートとは、為替相場の動向をグラフで表示させたもので、現状の相場解析や今後の相場動向を予測するために使われるものです。テクニカル分析には必ず利用されている重要なツールです。

全ての通貨ペアにそれぞれチャートが用意されています。画像はドル/円のローソク足チャートで、ドルと円の値動きを表しています。縦軸が為替レート、横軸が時間となっていて、時間の経過とともに為替レートがどのように推移しているのかが一目でお分かりになるでしょう。

チャートにはいくつか種類があって、先程のローソク足チャートのほかに、ラインチャートやバーチャートといったものもあります。ただ、解析にはローソク足が使われることが多く初心者の人にも見やすいため、特にこだわりがなければローソク足チャートを使用しましょう。

 

チャートにおける時間足の役割

fx_%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%88_002

チャートはローソク足の集合体で構成されています。そして、ローソク足には時間の区切りによって異なる性質をもつ複数の時間足があります。上記画像に表示されているのは、ドル/円のチャートですが、全ての時間足が異なる構成です。

時間足にはそれぞれ特徴があり、それに伴いトレードへの使い方も異なってきます。基本的には、時間が長いほど安定していて、短いほどノイズが多く不安定になります。ここでは、主要時間足の使い方をご紹介します。

 

1分足・5分足

マーケットノイズと呼ばれる値動きのブレが頻繁にみられるため、これらを参考にするトレードの難度は非常に高いです。チャート分析に一定の実力が必要でしょう。主にスキャルピングトレードで活用されています。

また、細かいエントリーポイントを探る場合に使われることもあります。

 

15分足・30分足

短い時間軸ですが、1分足・5分足と比較して安定した動きを見せます。スキャルピングの中期的トレンドの動向分析やデイトレードのメイン時間足として活用されています。

 

1時間足・4時間足・日足

1時間足以上の長い時間軸は、値動きも安定感があります。長期的なトレンドの把握やスイングトレードに主に使われています。

4時間足以上になると、経済ニュースや指標発表などによる突発的な値動きもさほど影響を受けません。ノイズはほぼないと言って良いでしょう。ちなみに、世界中の投資家に最も利用され注目されているのは日足と言われています。

 

週足・月足

トレードの中でエントリーに使うことはまずなく、非常に長い時間軸です。長期運用や値動きの次のターゲットとなる高値安値のチェック、今後の方向性を占う重要なラインやポイントを把握するのに使われます。

このように時間軸にはそれぞれ特徴と用途がありますので、自分のトレードスタイルに合ったものを選択しましょう。基本は、長い時間軸で相場を把握して短い時間足でエントリータイミングを計るということは念頭に置いてください。

 

トレンドを把握する

チャートを分析するのはトレンドを把握するためです。トレンドが分かって初めてエントリータイミングを計ることができ、トレードをすることができるのです。トレンドの正確な判断力が収益を左右すると言っても過言でありません。

トレンドには、「上昇トレンド」「下降トレンド」「レンジ」と3種類があり、現在の相場がこれらのどれに該当するのかチャート分析で見極められるようになりましょう。

見極めにはダウ理論を用います。直近高値安値を切り上げ続けているか(上昇)、切り下げ続けているか(下降)、どちらでもないか(レンジ)が判断基準です。最初は把握するのが難しいと思いますが、チャートを数多くみてコツをつかめるようになりましょう。

トレンド判断については下記記事の「チャート分析力を養う」も合わせてご参照ください。

 

関連記事FXの勉強ってどうやるの?初心者におすすめの段階別勉強法

 

トレンドラインを引く

fx_%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%88_003

トレンドが把握できるようになって来たら、トレンドラインを引いてみましょう。これはチャートの状況把握をサポートしてくれるもので、トレンドの転換も見つけやすくなります。

トレンドラインには2種類あり、高値同士のローソク足を直線で2本以上つないだものを「レジスタンスライン(抵抗線)」、安値同士のローソク足を2本以上つないだものを「サポートライン(支持線)」と呼びます。2つをまとめてレジサポラインと言うこともあります。

レジスタンスラインは相場が上抜けないよう抵抗しているために、サポートラインは相場がこれ以上下がらないよう支えているために、このような名称になっています。

トレンドラインを引くときのコツは、できるだけ多くのローソク足をつなぎ合わせることです。多く結べるということはそれだけトレンドが長く続いており、そのラインに信頼感が生まれるからです。

そのトレンドラインが有効に働いている場合は、値がラインを割り込みにくくなります。レジスタンスラインなら値がそれ以上は上がらない、サポートラインなら下がらないということですね。

 

順張りと逆張り

エントリーには、順張りと逆張りの2種類があります。トレンド方向のエントリーが順張り、トレンドと逆方向のエントリーが逆張りです。

順張りは流れに乗ったエントリーですので勝率が高いですが、トレンドが始まってからのエントリーですのでトレンド初期の利益は逃すことになります。逆張りはトレンド転換地点を狙ったエントリーですので利益は大きく採れる可能性が高いですが、勝率も低くやや難度が高いです。

初心者の人は素直にトレンドに乗る順張りエントリーを実践していきましょう。トレンドをつかんでさえいれば、勝率は高く保つことができます。そのためにも、トレンドを把握しトレンドラインを的確に引けるようになりましょう。

 

ブレイクポイントを見極める

ブレイクポイントとは、レジサポラインを抜けた時に値が大きく動くときのポイントを言います。特にそのラインが長く有効に働いているときほど、大きく動きます。それは今まで溜まりに溜まっていたエネルギーが、一気に放出されるかのように激しく動くのです。

このブレイクポイントは絶好のエントリーポイントになり易いですので、しっかり見極められるようになりましょう。エントリーの仕方ですが、抜けた時の勢いが強いときは一緒に飛び乗ってしまうのが良いです。

勢いがそうでもないときは、一度戻りを待って再度ラインが働いているのを確認してエントリーするのがおすすめです。

たとえば、レジスタンスラインをブレイクした時に最初は様子見をします。その後値が戻ってきた時に、今までのレジスタンスラインがサポートラインとしての働きをしたのを確認してから「押し目買い」をします。これがハマると大きなpipsを獲得することができるでしょう。

ブレイクで注意することは、抜けたと思っても騙しでまた値が戻ってしまうことです。これはよくあることですので、必ず損切りはした上でのエントリーをしましょう。ただし、ポイントが見極められるようになると、かなりの高勝率を叩き出すことも可能です。

 

まとめ

ここまで、チャートとトレンド把握の重要性やそれを用いたトレード手法などをお伝えしてきました。

チャートで相場判断をしてトレンドを捉えることができれば、エントリー判断が格段にし易くなります。このトレンド関連のテクニックを使って、勝率を伸ばしていけることもご理解いただけたことと思います。

チャートからの相場判断は最初難しく感じるかも知れませんが、様々な種類のチャートを見てラインを引くうちに、必ずコツが掴めるようになります。相場判断をしっかり身に付けて、レベルアップしていきましょう。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

私がメインで使っているFX口座はこちら

ユーザー数が日本1でのFX口座
DMMFX
5
運営会社株式会社DMM.com証券
特徴FX口座数日本一&50万口座
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実
DMMFX

DMM FXは、FX口座数が日本1で、その数50万口座を突破した、日本で一番メジャーなFX口座です。私もFX初心者の頃から使い続けている口座です。

スプレッド(手数料)が狭いのはもちろんのこと、スマートフォン取引でも使い勝手がいいツールが充実していて、初心者からベテラントレーダーまで幅広い層に使われています。

取引上の不安やトラブルにも対応するサポート体制も充実しているので、1番最初に開設する口座としてはベストの口座と言えます。

 

今なら口座開設&取引で20,000円キャッシュバック

DMMFXの口座開設でキャッシュバックを申込む

 

GMOクリック証券
FX取引高が4年連続世界1
GMOクリック証券
4
運営会社GMOクリック証券株式会社
特徴資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実

GMOクリック証券も、DMMFX同様、業界最狭のスプレッドにより、デイトレーダーからスイングトレーダーまで、幅広いユーザーに利用されている口座です。

また、iPhoneやAndroidでも使い易い取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

取引量と資産保有残高が世界第1位のFX口座。

 

今なら口座開設&取引で25,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設でキャッシュバックを申込む