1. ホーム
  2. 初心者向けコンテンツ
  3. ≫FXの取引手法を徹底比較!初心者が選ぶべき方法はどれ?

FXの取引手法を徹底比較!初心者が選ぶべき方法はどれ?

FXには種々様々な取引方法があり、トレーダーのニーズやライフスタイルに合わせて選べるようになっています。しかし、初心者の人たちはどれが自分に合った投資手法なのか選ぶのが難しいと感じている人も多いのではないでしょうか

この記事では、代表的なFXの取引手法をメリット・デメリットと合わせてお伝えしていきます。是非自分に合った手法を見つける参考にしてみてください。

代表的なFX取引手法5つ

FX初心者_取引_001

まずは、取引手法にどんなものがあるかを知っておきましょう。ここれでは、5つのトレード手法を簡単にご紹介していきます。

スキャルピングトレード

最もポジション保有時間の短いトレード手法になります。数秒~数分で1取引が終了する、超短期売買とも言われているやり方です。1取引あたり数pipsの為替差益を狙っていきます。とにかく数多く取引をしたい人向けの方法と言えます。

瞬間的な取引が主体になりますので、パソコン操作に慣れている人、瞬発力や反射神経に優れた人でないと結果を残すのは難しいでしょう。

ターゲットにする通貨はある程度選ぶ必要があります。取れる値幅が小さいので、スプレッド幅は少なくとも1pips未満が望ましいでしょう。また、損切りラインがエントリーポイントから近いため、細かなノイズが利益に大きな影響を及ぼします。

そのため、信頼性のあるメジャー通貨の方が「レジスタンスライン」「サポートライン」などが機能しやすく、スキャルピングトレードには有利になる傾向にあります。

スキャルピング初心者の人におすすめできる通貨ペアはドル円でしょう。非常に分かりやすく美しい値動きをするため、エントリーもしやすいと言えます。

結論

スキャルピングは、とにかくたくさんの取引が必要であり、ハマれば大きな利益をあげることができます。

しかし、「長期間PCの前に張り付く必要がある」「瞬時の判断が必要」など、肉体的・精神的ストレスが多いトレードスタイルです。

FX初心者の方にはオススメできないトレードスタイルです。

デイトレード

スキャルピングの次に保有時間が短い手法です。基本的にポジションはその日のうちに手仕舞い、次の日にトレードは持ち越しません。1取引の保有時間は数分~1日で、10~100pipsの差益を目指します。

その日のうちにトレードを完結したいけど、ある程度余裕をもってトレードをしたい人には向いているトレード手法と言えるでしょう。

こちらも初心者は通貨を絞っておいた方が良いでしょう。基本的にはメジャー通貨ペアでボラティリティが適度にあるものを選ぶのが手堅いです。ここはドル円やユーロ円が読みやすくておすすめです。

もし、ユーロドルの値動きになれている人はこれにチャレンジすると利益を得やすいでしょう。

結論

FXのデイトレードは、誰しもがチャレンジするトレードスタイルです。大きな利益をあげることができる反面、基本をマスターしなければ、大きな損失を出すことも多々あります。

そのため、当サイトでは、FX初心者よりも、半年以上経験があるトレーダーにチャレンジしてほしいトレードスタイルとしています。

FXの仕組みをある程度理解し、短期足のチャート分析が慣れてくれば、ぜひチャレンジしてみてください。

FX初心者必見!デイトレードの始め方と取引のコツやタイミングを大公開

スイングトレード

FX初心者_取引_002

ポジションが日を跨いだトレードになります。保有期間は数日~数週間で、100~300pipsの差益を目標に取引をしていきます。

小額ですが、スワップポイントによる損益も発生します。チャートの大きな波を取るので、基本的にその波が終わるまではポジションを保有し続けるのが特徴と言えるでしょう。

最大のメリットはチャートに張り付く必要がないということです。終値などを基準として前日に指値注文などを入れますので、空いた時間で余裕をもって取引ができるのが魅力と言えるでしょう。

デメリットは、ポジションを持ち越しますので取引時間外に何か起こっても対応が難しいことです。

リーマンショックやEU離脱など歴史的なイベントで大きな変動があった場合は、もろに影響を受けることがあります。事前にイベントがあることが分かっているのなら、トレードをしないことも視野に入れておいた方が良いでしょう。

結論

当サイトでは、FX初心者にはスイングトレードをオススメしています。

なぜなら、「スキャルピングやデイトレよりリスクが低い」「スワップ金利も手にすることができる」「FXの仕組みがわかりやすい」といったメリットがあるからです。

当然、リスクはありますが、基本をマスターすれば、大損するリスクも低いことから、FX初心者はスイングトレードから初めてみてはいかがでしょうか。

【保存版】勝率がグッと上がるFXスイングトレードのコツとテクニック

ポジショントレード

ポジショントレードは、最も長期に渡ってポジションを保有する手法です。期間は数週間から数か月が主で、数年間に及ぶこともあります。

1回のトレードで、数百~1000pipsの為替差益を狙いに行きます。また、長期の保有であることからスワップ金利もターゲットに取引を行います。

メリットは日々の為替変動を気にしなくて良いことでしょう。長期に渡ってポジションを保有しますので、短期売買のようにチャートの変動に一喜一憂することもなく、トレードへの精神的負担も少なくて済みます。

さらに、近年の日本の低金利からスワップで得られる利益が大きくなってきたこともメリットの一つです。

一方でデメリットとしては、利益を得られるのがかなり先になってしまうということでしょう。資金効率が悪いため、大きな利益を得るにはそれなりの資産が必要です。国の金融政策や財政政策など、ファンダメンタルズの影響も考慮しなければなりません。

目先の利益を求めず、ゆっくりと資産形成をしたい人に向いている方法と言えるでしょう。

結論

レバレッジを低くしたポジショントレードは、リスクの低い投資スタイルと言えます。長期的な資産形成をお考えの方にオススメです。

しかし、各国経済の動向により、為替が長期的に動くと、損失額が拡大するリスクもあることから、リスクヘッジも重要です。

FX初心者がスワップポイントを稼ぐために絶対知っておきたい注意点とコツ

システムトレード

これまで紹介してきたトレードとは全く異なるもので、自分の判断ではなくシステムが全て自動で判断し取引を行う方法です。ですので、取引に自分の裁量は一切なく、システムが一定のルールの下で機械的に判断してくれます。

メリットは何と言っても、取引に感情が全く入らないことです。あとは、全自動の取引ですので時間を取られることがほとんどないことでしょう。

デメリットはファンダメンタルズに弱いことでしょう。システムはテクニカルな指標をもとにプログラミングされているので、それ以外の要素がチャートに反映されてもまず対応できません。

また、優れたシステムは非常に少ないため、導入前にしっかり吟味しておく必要はあるでしょう。

自分で感情をコントロールできない、決めたルールが守れない人には最もおすすめできるトレード手法です。

結論

システムトレードは、機械任せのトレードではあるものの、勝手に利益を運んできてくれる仕組みではありません。

システムトレードを始める前は、必ずFXの仕組みを理解し、裁量取引(システムトレードの反対の意味)で経験を積んだ後にチャレンジしてください。

初心者におすすめのトレード手法

FX初心者_取引_003

明確にこれと言うのは難しいのですが、まずは取り組みやすい手法から始めていきレベルアップしていくことをおすすめします。

読みやすい時間軸のトレードから始める

取り組みやすいとは、つまり読みやすい時間軸を中心としたトレードということです。

まずは、スイングトレードから始めてみるのがおすすめです。日足・週足などの大きい時間軸を中心として方針を定め、大きい波を狙いにいく手法ですので、相場の動きが身に付きやすいでしょう。

余裕を持った取引ができますので、まずはここでしっかり相場の動きが読めるようにしておきます。

慣れてきたら、値動きが少々激しくなる4時間足や1時間足、15分足などを使ったデイトレードに移行しいきましょう。相場を読むのが少々難しくなってきますが、1日の中で数回取引しますので適切なルールに則ったトレードをしていけば上達も早いでしょう。

デイトレードにも慣れてきて、もっとたくさん取引がしたいと言う人はスキャルピングトレードにチャレンジしても良いでしょう。

値動きはさらに激しくなり瞬発力を非常に求められる厳しい手法ですが、信頼性の高い通貨ペアに絞ればリスクを軽減し利益を積み重ねることができるようになるでしょう。

このように、時間軸の長いものからスタートしステップアップしていくことで、確かな相場を読む力が養われていきます。その上で、自分のライフスタイルや性格に合ったトレード方法を確立するようにしましょう。

ちなみに、ポジショントレードは資金効率が悪いため、一定の資産を有し且つかなりの長期視点に立って資産を増やしたい人以外にはおすすめめできません。

システムトレードをする場合の注意点

システムトレードは、感情で動いてしまう人やルールが決められない人、守れない人にはおすすめの手法ですが、本当に良いシステムを見抜く目がないのなら安易に手を出さない方が良いです。

導入するのなら、1か月~数か月くらいをデモで運用してみてしっかり実績を出せそうなものを選ぶようにしましょう。間違ってもテスト期間の実績だけでは判断しないことです。

テスト期間の実績は、ある程度FXシステムに精通している人であれば簡単につくることができますので、この実績はあってないようなものと認識してください。

まとめ

多くのトレード手法があり、それぞれにメリット・デメリットがあることがご理解いただけたかと思います。

そして、初心者がどのように手法を選んでステップアップしていけば良いかもお分かりいただけたことでしょう。

相場を読む力を養いつつトレード手法を確立し、適切な資産運用ができるように励んでいきましょう。

お役に立てばシェアしてくださいね。

当サイト管理人が現在使用しているFX会社は、「GMOクリック証券」と「DMM FX」の2社です。

特に、GMOクリック証券の「FXneo」は、私のメイン口座で、スワップ金利やスプレッド(コスト)以外にも、魅力が多く、この口座を使い始めて利益が上がりました。

スマホバナー20160318

GMOクリック証券はFX取引額が世界ナンバー1の口座で、「取引額が世界1」ということは、「多くのユーザーにとって使いやすい!&魅力が多い!」ということ。

スマホアプリ「FX DASH」は他のアプリより圧倒的に使いやすく、直感的に操作できるので、外出先でも投資判断ができるようになります。

もちろん、「無料で口座開設&入金なしでもツールの使用可」なので、口座をお持ちではない方は、まずは無料で口座開設し、便利ツールを体感してみてはいかがでしょうか。

  • ドル円原則0.3銭固定は最狭クラス!
  • FX取扱高5年連続世界1位!
  • 預り資産3年連続国内1位!
  • 4人に1人のトレーダーが利用!
  • 直感的に操作可能なツールが豊富!
  • スマホアプリの使いやすさがナンバー1!

今なら、口座開設で最大30,000円のキャッシュバックキャンペーン中

GMOクリック証券の公式サイトはこちら


詳しくは、「人気FX口座16社を数値化!総合評価ランキング」で各社口座比較を行なっていますので、参考にご覧ください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。