1. ホーム
  2. 初心者向けコンテンツ
  3. ≫FXに潜む危険とは?初心者でもかんたんにリスク回避する方法

FXに潜む危険とは?初心者でもかんたんにリスク回避する方法


FXはリスクが高いから手を出さない方が良い!

 

というのは、よく聞く話です。一晩で1000万円が消えた話や、退職金や定期預金をつぎ込んで破産した人など失敗例は数限りなくあります。

FXが危険というのは、ある意味ではその通りです。ですが、それはリスクを認識できていない状態で取引をしているために、危険な投資法になってしまっているだけなのです。

しっかりとリスクを理解し、リスクを回避する取引をしていれば危険な目に遭うことはありません。

この記事では、FXに潜む危険とその回避方法などについてご紹介していきます。FXに怖いイメージを持っていて取引に踏み出せない人は、是非参考にしてみてください。

 

FXが危険と言われる理由

fx_%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e5%8d%b1%e9%99%ba_001

FXはなぜ危険だと言われるのでしょうか。一番の理由はレバレッジの高さにあります。高レバレッジの取引ですと、少額でも大きな金額の取引ができます。いわゆるハイリスクハイリターンと呼ばれる取引です。

 

高レバレッジのトレード

レバレッジを高く設定すれば得られるリターンも大きく資産が増えるのも早いのですが、逆に負けだしたときに資産を失う速さも非常に早いのです。

FXで大きく儲けることだけに目がいきリスクを認識していない人は、とかくレバレッジを高く設定しがちです。そのような人の大半は市場からの撤退を余儀なくされます。

 

関連記事レバレッジの功罪を検証!初心者におすすめの運用方法とは?

 

損切りラインを設定しない

また、巨額の資金を短い時間で失うパターンで最も多いのは損切りラインを設定しないことです。特にリーマンショックやイギリスのEU離脱など、歴史的事件が発生した際は為替の値動きも桁外れで瞬時に数十円動くこともあります。

そのような時に、STOP注文を入れていない人がどうなるかは火を見るよりも明らかです。

さらに、ここまで損失を被るとますます損切りができなくなり、最終的に強制ロスカットになるまで諦められない人までいます。

 

関連記事FXにおける利益確定のタイミングの目安や損切りはいつがベストか?

 

感情に依存したトレード

短気な人や負けず嫌いな人が性格に任せたトレードをすると、大抵は悲惨な結末を迎えることになります。このような人は、負けが続くと負けを取り返そうと大きな金額で取引をし、冷静な取引ができなくなっていくのです。

感情が入った状態ではルール通りのトレードができるはずもなく、継続して勝っていくことはできません。遅かれ早かれ資産を溶かし、市場から撤退することになります。

相場の動き方を軽視しリスクヘッジをしていない人は、簡単に資産を失います。そのような人が後を絶たないために、FXは危険であるというイメージが消えないのです。

 

FXの巨額損失の事例

fx_%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e5%8d%b1%e9%99%ba_002

FXには様々な失敗例がありますが、ここでは2つのよくある事例をご紹介します。これをご覧になれば、リスク管理がいかに大事か痛感させられることでしょう。

 

キャリートレードで巨額の損失

リーマンショック前から米ドル/円や豪ドル/円でキャリートレードをしていたトレーダーによく見られた事例です。リーマンショック前はアメリカ・オーストラリア経済は堅調で世界経済的にも緩やかな上昇トレンドとなっていました。

大きな含み益を抱えながら、利益を出していた人も多い時代です。

ただ、その後のリーマンショックで事情はガラッと変わり、毎日数円が下落し続けるような展開になりました。その際にしっかり損切りポイントで損切りできなかった人は、資金を減らし続ける結果となりました。

損失が巨額で損切りできず塩漬けにしていたトレーダーは、その後の下落に耐え切れず強制ロスカットで退場することになったのです。その当時は、数百万円、数千万円の損失を出したトレーダーは数えきれないほどいたと言われています。

キャリートレードのような超長期の投資でも、損切りポイントは必要という教訓と言えるでしょう。

 

関連記事FX初心者のトレードの始め方をご紹介!抑えておくべきポイントは?

 

ナンピン買いで含み損を抱え続けて強制ロスカット

ナンピン買いとは、保有しているポジションと逆側に相場が動いたときに損切りをせず、さらに買い増して平均取得額を下げることです。

たとえば、米ドル/円を105円で買いその後100円まで下落したとします。この時に米ドル/円をさらに買い増します。すると、購入金額は平均して102.5円になります。

こうして、レートがその後102.5円まで戻れば損失が飛ばせると言うわけです。このように平均取得額を下げて、損失をなくしてしまう手法をナンピン買いと呼びます。

このナンピン買いは値が戻る場合は理にかなった手法です。しかし、値が戻らない場合はただ損失を増やすだけの非常にリスクの高い手法なのです。この手法を続けて値が下がり続けると含み損は増え続け、強制ロスカットまで一直線に突き進みます。

資金の減り方も尋常ではなく、一晩で一千万円単位の資産を失ったトレーダーも大勢います。

2つの事例をご紹介しましたが、共通しているのは損切りをしていないということです。FXが危険なイメージを持たれているのは、損切りができていないリスク管理ができていないトレーダーに依るところが大きいのです。

 

リスクの回避方法

fx_%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e5%8d%b1%e9%99%ba_003

FXにはリスクがつきものであり、適切な対策ができていなければ残念な結末になってしまいます。逆を言えば、リスクへの対策ができていればそのようなことにはならず、健全なFXトレードができるということでもあります。

ここでは、FXに潜むリスクの回避方法をご紹介していきます。

 

損切りポイントはエントリー前に設定する

当サイトでも何度も言っていますが、損切りをしないというのはFXにおいては愚の骨頂です。相場が反転してから損切りしようとしても決断できない人は非常に多いです。であれば、エントリー時に一緒にストップ注文を入れておきましょう。

IFD注文だと、エントリー時の新規注文と手仕舞い時の決済注文が同時に出せますので非常に便利です。「米ドル/円を101円で買い注文し、その後100円になったら売り注文(損切り)する」という2つの注文がエントリー前に設定できますので、損切りしないということが起こりません。

リアルタイムでの損切り判断が難しい人は、エントリー前に損切り注文を設定してしまうのがおすすめです。

損切りについては、下記記事の「エントリー時の損切りラインは絶対に変更しない」も合わせて参考にしてみてください。

 

関連記事FX初心者がよくやる失敗とは?その原因と解決策を徹底解説

 

リスクの高い手法は使わない

先に挙げたナンピン買いのように、ハイリスクな手法は使わないことです。一見理にかなっているような手法でも、ひとたび相場が荒れると収拾がつかない事態になりかねないからです。

どのような優秀な手法であっても、損切りをしない行為は身を滅ぼすだけです。確実にリスクヘッジのできる手法を取り入れるようにしましょう。

 

売買ルールを守り抜く

トレードに感情が入ると十中八九勝てません。「損切りができない」「負けを取り返すために大金を取引する」という流れになっていきます。

ですので、根拠に基づいた売買ルールができたら、それを守り抜くメンタルを培ってください。このルールを守っていくことが非常に難しく、これが守れないゆえに多くのトレーダーが市場から消えているのです。

この鉄の掟を守れる人だけが、勝ち続けることができることを覚えておきましょう。

メンタルについては、下記記事の「稼ぐために最低限知っておくべきこと」も合わせて参考にしてみてください。

 

関連記事FX初心者でも効率的な稼ぎ方がある?具体的な手法をご紹介

 

まとめ

ここまで、FXに潜むリスクとその回避方法についてご紹介してきました。

FXに潜んでいる危険を認識していないと、簡単に転落してしまうことはご理解いただけたでしょうか。ただ、リスクを理解し回避するための対策を身に付ければ安全にトレードできることもお分かりいただけたことと思います。

リスクと上手く向き合い、実りあるFXトレードになるよう頑張っていきましょう。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

私がメインで使っているFX口座はこちら

ユーザー数が日本1でのFX口座
DMMFX
5
運営会社株式会社DMM.com証券
特徴FX口座数日本一&50万口座
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実
DMMFX

DMM FXは、FX口座数が日本1で、その数50万口座を突破した、日本で一番メジャーなFX口座です。私もFX初心者の頃から使い続けている口座です。

スプレッド(手数料)が狭いのはもちろんのこと、スマートフォン取引でも使い勝手がいいツールが充実していて、初心者からベテラントレーダーまで幅広い層に使われています。

取引上の不安やトラブルにも対応するサポート体制も充実しているので、1番最初に開設する口座としてはベストの口座と言えます。

 

今なら口座開設&取引で20,000円キャッシュバック

DMMFXの口座開設でキャッシュバックを申込む

 

GMOクリック証券
FX取引高が4年連続世界1
GMOクリック証券
4
運営会社GMOクリック証券株式会社
特徴資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実

GMOクリック証券も、DMMFX同様、業界最狭のスプレッドにより、デイトレーダーからスイングトレーダーまで、幅広いユーザーに利用されている口座です。

また、iPhoneやAndroidでも使い易い取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

取引量と資産保有残高が世界第1位のFX口座。

 

今なら口座開設&取引で25,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設でキャッシュバックを申込む