1. ホーム
  2. 初心者向けコンテンツ
  3. FX勉強方法
  4. ≫FXの勉強ってどうやるの?初心者におすすめの段階別勉強法

FXの勉強ってどうやるの?初心者におすすめの段階別勉強法


近年、FXへの投資人気は高まる一方で、本屋に行くと関連書籍も山のように並べられています。

しかし、FXには覚えることが多く手法も様々なものがあり、どのように勉強すれば良いか分からない人も少なくありません。

また、勉強方法だけ取っても数多くのやり方があり、どれを選べば良いか判断が難しいと感じている人も多いようです。

この記事では、全くの初心者向けの勉強法から実践的な力を養っていくおすすめの勉強法まで段階別にご紹介していきます。FXの勉強法で迷っている人は是非参考にしてみてください。

 

最初は本から知識を得る

fx_%e5%8b%89%e5%bc%b7%e6%b3%95_001

完全に初心者の人は、まずは本で知識を得るのが良いかと思います。FXの概要や専門用語、通貨の種類やチャートの見方など、これからトレードを始める上での基礎を本から吸収していきましょう。

進め方としてはFXの概要が分かる本を1~2冊、チャートやトレード手法などのテクニック的な内容のものを2~3冊読んで、FXトレード前の足固めをしましょう。

おすすめの本はこちらで紹介していますので参考にしてみてください。

FX初心者の勉強におすすめ!FX参考書・本をジャンル別に10選

 

初心者セミナーに参加する

本で足固めができたら、少し実践的な内容に触れてみると良いでしょう。FX関連では、全国各地で様々なレベルの人をターゲットにしたセミナーが開催されています。

FX会社は、著名人を招いて力を入れているところや定期的に幅広いカテゴリーのセミナーを開催して人気を集めているところなど様々あります。

本で知識は一通り学習できたので次のステップに進みたい、知識がしっかり習得できているのか確かめたい人などはセミナーに参加してみると良いでしょう。また新たな気付きが得られることと思います。

おすすめのセミナーはこちらで紹介していますので参考にしてみてください。

FXセミナーって本当に役立つの?FX初心者が参加する場合の注意点やポイント

 

アナリストの動画コンテンツを視聴する

相場の状況や今後の展望は、日々変化していくものです。常に最新の情報を知っておきたい、且つそれを分かりやすく解説して欲しいという人には、アナリストやエコノミストの動画コンテンツを視聴されるのも勉強になるでしょう。

今後の展開や大きな流れが見えれば、トレードする際の根拠にもなりますし、長くトレードをしていく上で大切な大局観も養われることでしょう。第一線で活躍している専門家たちの詳しい解説ですので、聞いておいて損はありません。

相場そのものの考え方や世の中の流れを、トレードに取り入れていきたい人にはお勧めできるコンテンツです。

特に「GMOクリックTV 投資チャンネル」はGMOクリック証券と大和証券がコラボしたマーケット情報番組で、毎日かなりの頻度でその日の投資情報が更新されるお勧めの動画コンテンツです。

アナリストのスペシャルレポートなど実践的な内容の動画もあり、日々のマーケット情報を分析するのにも役立つコンテンツと言えるでしょう。

GMOクリックTV 投資チャンネル

 

ネットから情報を得る

fx_%e5%8b%89%e5%bc%b7%e6%b3%95_002

プラスアルファでの知識を得たい場合はネットも有用なコンテンツとなります。ネット上には非常に多くのブログや動画がアップされており、その情報量には圧倒されることでしょう。

ただ、考えなしにネットサーフィンをしてしまうと、情報の海に溺れてしまうだけですので、しっかり調べたい項目を絞ってリサーチ目的に利用するのが良いと思います。

 

FXブログ

ブログだけでも膨大な数がネット上には存在します。完全に初心者の身を対象にしたものからマニアックな手法だけを突き詰めたコアなサイトまで、レベル感もお役立ち度もピンキリですので、情報を鵜呑みにしないよう注意しなければなりません。

特に初心者の人は、ある程度知識を身に付けてからリサーチする方が良いかも知れません。より詳しい知識や実践的な手法を補完するようなイメージで、ブログを訪問すると良いステップアップにつながるのではないでしょうか。

 

Youtube動画

YoutubeにもFX関連動画は山のようにアップされています。Youtubeはご存知の通り無料で見れる動画コンテンツなのですが、非常にハイレベルなものも公開されています。

「こんなものを無料で見せてしまっても良いの?」とこちらが心配になるくらいのものも公開されています。

こちらも、自分のレベルに合ったもので知識を補完したり、得意なトレード手法のスキルアップに使用するのが良いでしょう。本当に実力がついてきたら、新手法を扱ったような動画を見るのも良いと思います。

ただ、実力がないうちは惑わされるだけで真偽の判断が難しいでしょうから、お勧めできません。

 

実践力をつけるための反復練習

fx_%e5%8b%89%e5%bc%b7%e6%b3%95_003

ここでは、基礎を身に付けた人が実践力を養うための勉強法をご紹介します。トレードをする上で欠かせないのは、チャート分析力とそれを活かしたシナリオ作りです。

ここを、リスクコントロール下で実行することができれば、FXの勝率は飛躍的に高まるでしょう。

この実践力をつけるための段階的な勉強法をお伝えします。

 

チャート分析の土台となる学習をする

まずは、チャート分析の知識を身に付けなければなりません。ここまでで基礎的なことはある程度勉強しているかと思いますが、もう少し踏み込んだ学習をしましょう。

ローソク足の動き方、水平線の引き方、レジサポラインの引き方、ダウ理論などの基礎は言うまでもなく、レンジやトレンドが起こりやすいチャートの形、(逆)ヘッド&ショルダーやダブルトップ・ダブルボトムのようにトレンド転換の可能性が高いサインなど、学習することはいくらでもあります。

レンジやトレンドがそれぞれ転換する前にはサインが出ることが多く、他にも様々なチャートとなって現れることになります。これらのチャートは全て頭に叩き込んでおきましょう。

分析力を養う前に、チャート分析ができるようになるための土台造りが必要だということです。

 

チャート分析力を養う

土台ができたところで、次に分析力を身に付けましょう。チャート分析力とは、チャートから現状がどのような状況であるか把握できることです。現在が上昇トレンドなのか下降トレンドなのか、レンジ相場なのかがチャートを見て理解できなければなりません。

実際にどのように分析していくかというと、実際の過去のチャートからトレンド判断をしていきます。

トレンド判断をする際に欠かせないのがダウ理論です。ダウ理論の中でも「トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する」という法則を適用して、トレンドを見ていきましょう。

上昇トレンドは「直近高値と直近安値を切り上げ続けている」状態のこと、下降トレンドは「直近高値と直近安値を切り下げ続けている」状態のことを言います。

実際のチャートから上昇トレンドと下降トレンドを厳密に見分けるのは、最初は難しいかも知れません。

しかし、何となく上がっている、下がっているというあいまいな判断はリアルトレードでは命取りになります。的確に区別ができるようにしなければなりません。

分析力を養うには、とにかく数多くのチャートを見て慣れていくことが必要です。時間足も通貨ペアも、多くの種類を見て分析を重ね数をこなしましょう。

 

シナリオを立てられるようにする

分析力に一定の実力が身に付いたら、トレードのシナリオを立てられるようにならなければなりません。

相場は動き続けているため、現状のチャート分析から今後の展望を予測しそれに沿ったシナリオが作れなければ取引はできません。

シナリオを立てる上で注意しておかなければならないのは、エントリー時に必ず2つのシナリオが必要だということです。

ここから必ず上がる必ず下がるという一方の予測では、想定外の相場になった時に対応できなくなってしまうからです。

必ず予想と逆の動きとなってしまった時のシナリオも事前に立て、損切りラインを設けておかなければなりません。

シナリオの作り方は千差万別ですが、基本的にはエントリー前のチャート分析から始まります。たとえば、「現在のチャートは上昇トレンドへの転換サインが出ている。次のこの水平線を突破したタイミングでエントリーしよう。

エントリー後はさらに上のレジスタンスラインの5pips前で決済、逆にサポートラインを10pips下げてきたら損切りしよう。」のように、エントリーから利確、損切りまで一連のシナリオを作っておくのです。

このようにしておけば、どちらにしてもシナリオ通りに進みますので、想定外のことは起こらず精神的なダメージも少なくなります。

シナリオ作りは実践がものを言いますので、少額でも良いのでリアルトレードを積み重ねていくことが大切です。それはまだ自信がないという人はデモトレードでも構いません。

いずれにしても、トレード時の記録を残しておき後で振り返りができるようにしておきましょう。損切りになってしまう時のエントリー傾向などが分析でき、自分の分析力向上に非常に役立つからです。

根拠のあるトレードを積み重ねることで、自分のトレード傾向や長所短所などもより明確になり実践的にレベルアップしていくことができるます。

このシナリオ作りが確立できれば、自分の中での売買ルールが確立できるということにもなるので、FXで生き残っていく上でこれ以上ない武器になるでしょう。

 

まとめ

ここまで、FX初心者のおすすめ勉強法を段階別にご紹介してきました。

FX取引は幅広い層から非常に人気があり、関連書籍もセミナーもネット情報も膨大な量があります。

そのため、勉強の仕方に迷ってしまう人も多いのですが、段階を踏んで適切なものを選択していけば無理なく成長していけることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

また、知識の習得後はそれを実践で繰り返し反復していくことがレベルアップの近道であることも伝わったことと思います。

基礎固めから実践までしっかりと段階を踏んで、ステップアップして行くようにしましょう。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

私がメインで使っているFX口座はこちら

ユーザー数が日本1でのFX口座
DMMFX
5
運営会社株式会社DMM.com証券
特徴FX口座数日本一&50万口座
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実
DMMFX

DMM FXは、FX口座数が日本1で、その数50万口座を突破した、日本で一番メジャーなFX口座です。私もFX初心者の頃から使い続けている口座です。

スプレッド(手数料)が狭いのはもちろんのこと、スマートフォン取引でも使い勝手がいいツールが充実していて、初心者からベテラントレーダーまで幅広い層に使われています。

取引上の不安やトラブルにも対応するサポート体制も充実しているので、1番最初に開設する口座としてはベストの口座と言えます。

 

今なら口座開設&取引で20,000円キャッシュバック

DMMFXの口座開設でキャッシュバックを申込む

 

GMOクリック証券
FX取引高が4年連続世界1
GMOクリック証券
4
運営会社GMOクリック証券株式会社
特徴資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実

GMOクリック証券も、DMMFX同様、業界最狭のスプレッドにより、デイトレーダーからスイングトレーダーまで、幅広いユーザーに利用されている口座です。

また、iPhoneやAndroidでも使い易い取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

取引量と資産保有残高が世界第1位のFX口座。

 

今なら口座開設&取引で25,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設でキャッシュバックを申込む