1. ホーム
  2. 経済指標と為替の動き
  3. ユーロ圏の経済指標と為替の動き
  4. ≫IFO景況感指数はユーロ圏経済を占う最重要指標!FXチャートからも徹底検証!

IFO景況感指数はユーロ圏経済を占う最重要指標!FXチャートからも徹底検証!

EU最大の経済大国ドイツは、ユーロ通貨に対して大きな影響力を持ちます。ドイツ経済の拡大・減退がユーロ圏全体の経済にもインパクトを与えるため、統一通貨であるユーロにも影響が出るのです。

「IFO景況感指数」は、そんなドイツの経済状況を的確に表す指標として重要視されています。場合によっては、為替相場に大きなインパクトを与えることもありますので、ユーロをトレード対象にしている人は注意が必要でしょう。

この記事ではIFO景況感指数がどのようなものか、FX市場にはどの程度の影響があるかを過去チャートも交えてご紹介していきます。ユーロ圏の経済指標をトレードに取り入れたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

IFO景況感指数とは?

fx_ifo%e6%99%af%e6%b3%81%e6%84%9f%e6%8c%87%e6%95%b0_004

IFO景況感指数とはドイツの景況感について調査したもので、およそ7000社のドイツ企業を対象としたアンケート結果を集計しています。

発表しているのはドイツの公的機関「Ifo経済研究所」で、ドイツ経済についての現況と今後6カ月の予測についてがまとめられ指数化されています。

サンプル数が多いことや企業担当者が調査対象となっていることから、ドイツ経済の実態が正確に把握できるとして市場関係者から高い信頼を得ています。

また、アンケート結果回収から翌月下旬には発表されるため、経済の見通しが早期に把握できることも市場の注目度が高い理由の一つと言えるでしょう。

基準年となる2000年を100として、100より少なければ景気減退、100より多ければ景気拡大とみなされます。ドイツはEU全体のおよそ25%のGDPを占めており、ドイツ経済の良し悪しはユーロに大きな影響を及ぼします。

IFO景況感指数をチェックすることはユーロ圏の経済の見通しを把握する上で欠かせない指標と言えるでしょう。

 

為替相場への影響

ここからは、IFO景況感指数が為替相場に与える影響についてご紹介します。本指数は、EU最大の経済大国ドイツ経済の今後の動向を把握できるものであることから、短期的にも中長期的にも市場にインパクトをもたらします。

指数が100を超えると好景気の兆しありということでユーロ高、100を割り込むと不景気の兆しありでユーロ安になる傾向が強まります。また、前月との比較値や市場予想値との乖離値が大きいとかなり強いインパクトがありますので、注意が必要です。

 

短期的な影響

ドイツはユーロ圏全体への影響力が強いため、IFO景況感指数への注目度は非常に高く発表直後から市場への影響が出やすい指標であると言えます。統計的に指数が110を超えてくると、市場はかなり好意的に受け止める傾向が強くユーロが買われやすくなります。

短期的な影響という意味で言えば、それ以上にインパクトがあるのが予想と結果との乖離値でしょう。為替相場は、市場予想を元に発表前までの相場が織り込まれていきますので、予想通りであれば影響が少なく終わることも珍しくありません。

しかし、想定外の結果となると相場は大きく変動し荒れた値動きを見せます。仮に指数100超えの予想が、100割れになったなど、好景気と不景気が逆の結果になったりすると、非常に荒れた相場になります。

いざそうなった時に対応できるよう事前情報は確実に仕入れてシナリオ作りをしておきましょう。準備なしでの飛び乗りは危険ですのでおすすめできません。

 

中長期的な影響

本指数は6カ月先までの景況判断が対象になっていることもあり、中長期的にも影響があります。取り分け、IFO景気期待指数は今後の経済動向のみを集計したもので、ファンダメンタルズ分析をする上では非常に重要な指標となっています。

長期目線でドイツ経済、ユーロ経済の動向を追っていきたい人は必ず取り入れるべき指標と言えるでしょう。

 

過去チャートの値動きを検証

ここでは、IFO景況感指数発表時の過去チャートを用いて、為替市場がどれほどの影響を受けているのかをご紹介していきたいと思います。

※画像は全て、ユーロ/米ドルの5分足チャートを使用

 

【2016年9月26日】IFO景況感指数発表時のチャート

fx_ifo%e6%99%af%e6%b3%81%e6%84%9f%e6%8c%87%e6%95%b0_001

まずは、2016年9月26日のIFO景況感指数発表時のチャートから見ていきましょう。発表直後から反応し、その後は上下に小刻みに動きいていきました。相場が一服してからは緩やかな上昇トレンドを形成し、ユーロ高の局面に移行しました。

発表直後は10pips程度の上昇となり、その後は1時間半ほどはもみ合い相場となりました。この間の値幅は最大で13pipsで、大きなインパクトはありませんでした。相場が落ち着いてからは緩やかな上昇トレンドへと推移していきます。

この時のIFO景況感指数は、予想が【106.3】、結果が【109.5】で微増でした。予想より結果がやや良かったことから、発表直後に市場は瞬間的に反応しましたが影響はそこまで大きくなかったと言えるでしょう。

しかし、その後の上昇トレンド形成のきっかけにはなっていますのでそれなりにインパクトがあることはお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

【2016年10月25日】IFO景況感指数発表時のチャート

fx_ifo%e6%99%af%e6%b3%81%e6%84%9f%e6%8c%87%e6%95%b0_002

続いて、2016年9月26日のIFO景況感指数発表時のチャートを見ていきましょう。発表直前から上昇が始まり、発表直後もそのまま値が伸び上昇トレンドが形成されていきました。

その後3分の2ほど戻して値が落ちいてからは、緩やかな下降トレンドとなりユーロ安の展開となっています。

発表直後は5pips程度の値動きで、そのまま1時間ほどは上昇局面が続き値幅は20pips程度となりました。その後大きく値を戻してからは緩やかな下降トレンドが続くユーロ安の局面となっています。

この時のIFO景況感指数は、予想が【109.6】、結果が【110.5】で微増でした。景況感指数はほとんど変わらなかったのですが、現況指数が【104.9】⇒【115.0】となったことで、現状への期待から一時的な上昇トレンドが形成されたと思われます。

天井まで上昇してから下落し、そのまま下降トレンドとなったのは景気期待指数の方が伸び悩み、市場から好意的には受け止められなかったためでしょう。

 

【2016年11月23日】IFO景況感指数発表時のチャート

fx_ifo%e6%99%af%e6%b3%81%e6%84%9f%e6%8c%87%e6%95%b0_003

最後に、2016年11月23日のIFO景況感指数発表時のチャートをご覧ください。こちらのチャートでは発表直後に下落するも10分後からは上昇トレンドに転じ、およそ2時間半後からは長い下降トレンドとなり大幅なユーロ安となりました。

発表直後に10pipsほど下落してからは上昇局面が2時間ほど継続し、値幅は最大で36pipsほどにまでなりました。しかし、その後は下降トレンドとなり90pips以上の変動となっています。

この時のIFO景況感指数は、予想が【110.5】、結果が【110.4】で微減でした。指数が110超えであったことと、現況指数が【115.0】⇒【115.6】であったことから短期的に市場が反応し上昇トレンドを形成したものと思われます。

その後下降トレンドとなったのは、現況指数と比較して景気期待指数が振るわなかったことが影響したのでしょう。中期的な目線では、ユーロを買うには材料不足との市場判断が働いたものと考えられます。

 

まとめ

ここまで、IFO景況感指数についてFX市場への影響を過去チャートも交えてご紹介してきました。

本指数がユーロ圏全体の経済動向を占う上で、非常に重要な指標であることはお分かりいただけたかと思います。短期的にも中期的にもある程度のインパクトをもった指標ですので、ユーロをメインにトレードをしている人は十分に注意を払うべきです。

テクニカル分析でもファンダメンタルズ分析でも有用に使える指数ですので、発表前後の情報収集をしっかりして利益を取れるようにしましょう。

お役に立てばシェアしてくださいね。

当サイト管理人が現在使用しているFX会社は、「GMOクリック証券」と「DMM FX」の2社です。

特に、GMOクリック証券の「FXneo」は、私のメイン口座で、スワップ金利やスプレッド(コスト)以外にも、魅力が多く、この口座を使い始めて利益が上がりました。

スマホバナー20160318

GMOクリック証券はFX取引額が世界ナンバー1の口座で、「取引額が世界1」ということは、「多くのユーザーにとって使いやすい!&魅力が多い!」ということ。

スマホアプリ「FX DASH」は他のアプリより圧倒的に使いやすく、直感的に操作できるので、外出先でも投資判断ができるようになります。

もちろん、「無料で口座開設&入金なしでもツールの使用可」なので、口座をお持ちではない方は、まずは無料で口座開設し、便利ツールを体感してみてはいかがでしょうか。

  • ドル円原則0.3銭固定は最狭クラス!
  • FX取扱高5年連続世界1位!
  • 預り資産3年連続国内1位!
  • 4人に1人のトレーダーが利用!
  • 直感的に操作可能なツールが豊富!
  • スマホアプリの使いやすさがナンバー1!

今なら、口座開設で最大30,000円のキャッシュバックキャンペーン中

GMOクリック証券の公式サイトはこちら


詳しくは、「人気FX口座16社を数値化!総合評価ランキング」で各社口座比較を行なっていますので、参考にご覧ください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。