1. ホーム
  2. FX取引のコツ
  3. ≫FX初心者が勝率アップする方法とは?まずはローソク足の基本パターンをマスター

FX初心者が勝率アップする方法とは?まずはローソク足の基本パターンをマスター

FXトレードをする際に、ローソク足チャートを使っていない人はほぼいないのではないでしょうか。それくらい、ローソク足は最重要なチャートとしてトレーダーに愛用され続けています。

しかし初心者の人は、何となくローソク足を使ってはいるものの、その要素やパターンなどを把握できていない人が少なくありません。基礎的なところも疎かにせずきっちり抑えて、トレードに反映できるようにしていきましょう。

この記事ではローソク足がどのようなものか、その要素やトレードに活用できるパターンなどを分かりやすくご紹介していきます。

ローソク足を正しく理解してトレードに活かしたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

ローソク足とは?

ローソク足は日本人が開発したもので、世界で最も分かりやすく且つ工夫が凝らされた罫線であると言って良いでしょう。始値・終値・安値・高値の4本値を用いローソクの形に表したチャートのことです。

大きく2種類の形があり、終値が始値よりも高い状態のものを「陽線」、始値が終値よりも高い状態のものが「陰線」とされています。

時間軸

ローソク足には時間軸と呼ばれる概念があり、時間ごとのチャート図を見ることができます。1分足や5分足、1時間足などの短期売買向けのものから日足、週足、月足などの中長期売買向けのものまで、トレードごとに使い分けすることができるようになっています。

複数の時間足を組み合わせてトレードするスタイルも人気を集めており、様々な活用法がトレーダーによって開発されています。

7つの要素

fx_%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%82%af%e8%b6%b3%e3%83%91%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3_001

ローソク足1本の中には7つの要素があり、これによって相場の流れやトレーダーの心理を分析することができるようになっています。

図の通り、【高値】【安値】【始値】【終値】【上ヒゲ】【下ヒゲ】【実体】の7つあり、どの時間軸でも同様の要素で構成されています。

たとえば5分足であれば、5分間での最も高いレートが【高値】、最も低いレートが【安値】となり、5分間の最初の値が【始値】、最後の値が【終値】として表されています。

先述の通り、陽線と陰線は【始値】と【終値】どちらのレートが高かったかで決まります。【終値】が高ければ陽線、【始値】が高ければ陰線となり、それぞれ異なる色で表現されています。

実体とヒゲの長さでローソク足を分析

ローソク足を分析する上で最も基本的な考え方となるのが、実体とヒゲの長さです。

この2つに対する理解がないとチャートそのものも分析することはできません。

実体の長さが意味するもの

実体の長さは勢いを表しており、長ければ長いほど勢いが強いことを意味しています。長い陽線であれば買いの勢いが、長い陰線であれば売りの勢いが強いということです。

実体が短ければその逆の意味となります。相場の流れや勢いを見るときは、まず実体を見ることが重要ということです。

ヒゲの長さが意味するもの

ヒゲの長さは抵抗の強さを表しています。たとえば、陽線で上ヒゲが長い場合は、一時的にレートは高くなったけど、短い時間で売り勢力に押し戻されたということになります。

つまり買いの勢力が果敢に高値をチャレンジしたものの売りの勢力が強くて押し戻された、「売りの抵抗が強かった」ということになります。

相場の転換点ではヒゲの長いローソク足が連続で出る傾向があり、特に重要なレジスタンスラインやサポートライン付近では注意が必要な局面となります。

ローソク足の9つの基本形

fx_%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%82%af%e8%b6%b3%e3%83%91%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3_001

ローソク足には基本となる9つの形があります。これを知っておくと相場の現状把握や今後の展開予想、エントリー時のシナリオ作成などに対応する手助けとなります。

下記に各パターンをご紹介していますので、確実に抑えておきましょう。

①大陽線

陽線の実体が長く、大きく上昇している状態を指します。底値圏で出現すると大底となるパターンが多いです。

②大陰線

陰線の実体が長く、大きく下降している状態を指します。天井圏で出現すると大天井となるパターンが多いです。

③小陽線

上昇しているものの動きが小さいときに出現。比較的穏やかな相場でよく現れます。

④小陰線

下降しているものの動きが小さいときに出現。比較的穏やかな相場でよく現れます。

⑤寄引同事線(十字線)

値動きはあったが、最終的に始値と終値が同じ場合に出現。トレーダーの迷いがこの形となって現れます。この形をきっかけとして相場が反転するシーンもよく見られます。

⑥下ヒゲ陽線

一時的に大きく下降したものの終値は始値を上回った場合の形。終値のレートが高い場合は、レンジ相場や下降トレンドから上昇に転じる可能性が高いことを示唆しています。

⑦下ヒゲ陰線

一時的に大きく下降したものの終値は大きく戻された形。相場が上昇に反転する可能性を示唆しています。

⑧上ヒゲ陽線

一時的に大きく高値を付けたが終値で大きく売り勢力に戻された形。上昇トレンドが一服する可能性が高いです。

⑨上ヒゲ陰線

一時的に大きく上昇したものの終値は始値を下回った場合の形。終値のレートが低い場合は、レンジ相場や上昇トレンドから下降に転じる可能性が高いことを示唆しています。

先の項目でも少し触れましたが、実体の長さやヒゲの長さを確認することで相場の確認がしやすくなります。

チャートの連続するローソク足を見比べることで、実体の長さが際立ってきた場合は勢いが強くなっていることを確認できますし、長いヒゲが続くようになれば相場が転換点を迎えているのを予測することもできます。

相場の流れの中で上記の基本パターンがどのような役割を果たしているかを実践チャートから読み解けるようになると、トレードの楽しさがより分かるようになるでしょう。

チャートでよく見かける典型的なパターン

fx_%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%82%af%e8%b6%b3%e3%83%91%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3_003

ここでは、実際のチャートでよく見かけるパターンをご紹介していきます。基本的な買いシグナル・売りシグナルですので、知識として身に付けておきましょう。

レジスタンスライン付近の攻防

上昇トレンドが継続していて強そうなレジスタンスラインまでレートが上がって来たときに、エントリー(若しくは決済)の判断を迫られることがあります。

このままトレンドが継続するとみて買いポジションを持つのか、トレンドが終わるとみて売りポジションを持つのかを決定するために何を判断基準にすれば良いのでしょうか。

1つ目はレジスタンスラインを陽線の実体で抜けていくかどうかです。実体で抜ける場合勢いが強くトレンドがそのまま継続する可能性が高いからです。大陽線であればなお良いです。

レジスタンスラインを抜けると今度はそのラインがサポートラインに変わることも良くありますので、一度押し戻されるのを待ってから押し目買いをするのも手堅いエントリー方法です。

ヒゲで抜けたり陰線で抜ける場合は、そのままレジスタンスライン付近でレンジ相場になる可能性が高いですので見送るのが無難です。

2つ目はレジスタンスライン付近で長い上ヒゲのローソク足が続くと、下降トレンドへ反転するサインです。次に陰線に変わるのを待つか、実体のしっかりした陰線になるのを待って売りエントリーをすると良いでしょう。

サポートライン付近の攻防

こちらもレジスタンスラインと同様で、下降トレンドが継続してサポートライン付近まで迫って来たときの対応となります。

サポートラインを陰線の実体で抜ける場合は売りエントリーを仕掛けても良いでしょう。サポートラインがレジスタンスラインとして機能しているのを見て戻り売りを仕掛けるのも悪くありません。

ヒゲや陽線で抜ける場合は、下降トレンドが一服する可能性がありますので見送るのが一般的です。

また、サポートライン付近で長い下ヒゲのローソク足が続くと反転のサインとなります。実体の陽線に変わったら買いエントリーを仕掛けると良いでしょう。

レジスタンスラインもサポートラインも考え方は同じで、ライン付近ではそれまでの流れを変えるようなサインの出る可能性が高いです。

そのサインを見逃さずエントリーをすることで、利益を拾っていくことができるようになるでしょう。

まとめ

ここまで、この記事ではローソク足がどのようなものか、その要素やトレードに活用できるパターンなどをご紹介してきました。

ローソク足の基本でも学ぶことが多くあることを知って驚かれた人もいるのではないでしょうか。ローソク足は非常に優秀な形であり、基本的な形を習得するだけでもトレードを有利に進めることが可能です。

また、チャートの流れの中で出現するサインを見つけることができればトレードの勝率も上がっていくことでしょう。

基本的なパターンでもないがしろにすることなく、しっかり吸収してトレードに活用するようにしましょう。

お役に立てばシェアしてくださいね。

2017年のオススメFX口座3選

取引口座数が50万口座を突破!
FXneo(FXネオ)
5
運営会社 GMOクリック証券株式会社
特徴 資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド 0.3銭(USD/JPY)
サポート あり
スマホ取引 人気の「iClickFXneo」
FXneo(FXネオ)

GMOクリック証券のFXネオは、業界最狭のスプレッド(取引コストが低い)により、デイトレーダーやスイングトレーダーはもちろん、ポジショントレード戦略(長期保有)の方まで、幅広いユーザーに利用されている人気口座

iPhoneやAndroidでも使いやすい取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

また、待望のトルコリラ/円の追加やユーロ/円をはじめとする11通貨ペアのスプレッド縮小が実施されるなど、サービス内容も日々改善されたことから、2017年9月に取引口座数が50万口座を突破!

口座開設&取引で30,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設はこちら

DMMFX
ユーザー数が日本1のFX口座
DMMFX
4
運営会社 株式会社DMM.com証券
特徴 FX口座数日本一&50万口座
スプレッド 0.3銭(USD/JPY)
サポート あり
スマホ取引 DMMFXアプリ

DMM FXは、日本で一番多くのFX投資家が口座開設しているFX口座です。私もFX初心者の頃から使い続けている口座です。

スプレッド(手数料)が狭いのはもちろんのこと、スマートフォン取引でも使い勝手がいいツールが充実していて、初心者からベテラントレーダーまで幅広い層に使われています。

取引上の不安やトラブルにも対応するサポート体制も充実しているので、1番最初に開設する口座として安心できる口座と言えます。

今なら口座開設&取引で20,000円キャッシュバック

DMMFXの公式サイトはこちら

トライオートFX
毎日のチャート分析から解放される!
トライオートFX
3.5
運営会社 インヴァスト証券
特徴 裁量取引と自動取引が融合
スプレッド 0.3銭(USD/JPY)
サポート あり
スマホ取引 使い易いツールが充実

インヴァスト証券のトライオートFXは、裁量取引でもなく、自動取引でもありません。両方のメリットを受けた新しい取引ツールで、近年注目のFX口座です。

さらに、2017年7月にスタートした「マネーハッチ」というサービスを併用すると、FXを取引するだけで得られるポイントが投資資金に積み立てられたり、生活資金として使用したクレジットカードのポイントも投資資金に積立されるなど、とてもお得なオプションが充実しています。

もちろん、スプレッド(手数料)が狭いので、FX初心者から中級者、ベテラントレーダーまで幅広い方に人気があります。

今なら口座開設10,000円キャッシュバック

トライオートFXの公式サイトはこちら

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。