1. ホーム
  2. FX取引のコツ
  3. ≫FX初心者必見!ローソク足の組み合わせでトレードの幅がこんなに広がる!

FX初心者必見!ローソク足の組み合わせでトレードの幅がこんなに広がる!

ローソク足は様々な形を持っており、1本の中に非常に多くの情報が詰まっています。チャート分析をする上で非常に有用なチャートと言えるでしょう。

1本だけでも十分な情報を吸収できるローソク足ですが、組み合わせることでその情報量はさらに膨大なものになります。組み合わせからトレードに役立てられる手法も多くありますので、ここもしっかり抑えておきましょう。

この記事ではローソク足の組み合わせによる手法とその効果などについてご紹介していきます。

ローソク足に関する手法をトレードに多く取り入れたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

ローソク足の組み合わせとは?

ローソク足の組み合わせとは、チャート中の2本のローソク足を組み合わせることで相場分析の精度をより高める手法のことです。レジサポライン付近や中段での長いもみ合い相場などの重要な局面で特定の組み合わせが出現した場合に、相場の転換点を明示することが多くあります。

ローソク足の組み合わせを知ることによって相場への理解が深まり、エントリータイミングの精度なども向上してきますので、必ず身に付けるべき手法と言えるでしょう。

組み合わせの基本的なパターン

ローソクの組み合わせにもいくつかのパターンがあります。初心者の人がまずマスターしておくべき組み合わせの基本的なパターンがありますので、まずはこちらからご紹介していきます。覚えておくべきなのは4つです。

かぶせ線

fx_%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%82%af%e8%b6%b3%e7%b5%84%e3%81%bf%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b_001

大陽線の次のローソク足がその終値よりも高く始まったものの、押し戻されて終値が先の大陽線の実体に入り込んで大陰線となって引けた形。上からかぶさっているような形のため、この名前が付きました。

取り分け、前の大陽線の中心より下まで実体が入り込んで形成されている場合(画像の右側)は、買い勢力が完全に押し戻されていることを意味しますので下降への転換サインとなります。

そのまま下降トレンドを形成することも珍しくありません。

切り込み線

fx_%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%82%af%e8%b6%b3%e7%b5%84%e3%81%bf%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b_002

かぶせ線とは逆の形で、大陰線の次のローソク足がその終値よりも安く始まるものの、押し戻された結果終値が先の大陰線の実体に入り込んで大陽線で引けた形。

図のように、先の大陰線の中心より上まで実体が入り込んで大陽線が形成された場合は、売りに勢いがなくなり、買い勢力が強くなっていることを意味します。よって、上昇へと転換する可能性が高くなっていると言えるのです。

はらみ線

fx_%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%82%af%e8%b6%b3%e7%b5%84%e3%81%bf%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b_003

陽線と陰線どちらの場合でも、後にくるローソク足をすっぽり包み込んでいる形の組み合わせをはらみ線と呼びます。

トレンドの転換点となることも多く、特に天井圏で画像上のパターンが出た場合は天井シグナルを意味し、下降する可能性が高くなります。また、底値圏で画像下のパターンが出た場合は底打ちシグナルとなり、上昇に転じる可能性が高まります。

さらに、包み込まれた方の足が寄引同事線(十字線)などの場合はさらに強い転換シグナルとなり、注意が必要な局面となりますので覚えておきましょう。

出会い線

fx_%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%82%af%e8%b6%b3%e7%b5%84%e3%81%bf%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b_004

陽線の次のローソク足がその終値よりも上放れして高いレートで始まったものの、売りの勢いに負けて先の陽線の終値付近まで押し戻された陰線となって引けた形。陰線始まりのの場合はこれと逆の形となります。

どちらの場合もトレンドの継続に疑問符を投げかけるサインで反転前のサインとして活用されています。

上昇トレンドとなっている中で画像左の形が出ると下降トレンドへの反転サインを表し、下降トレンドとなっている中で画像右の形が出ると上昇トレンドへの反転サインを表していることになります。

これら4つの組み合わせは基本であり、チャートでもよく見る形ですので確実にマスターできるようにしておきましょう。

組み合わせの応用パターン

まずは先の基本パターン4つを覚えておけば初心者は十分ですが、初中級者以上であればさらに多くのパターンを理解しておいた方が良いでしょう。

パターンを多く知っておけば、それだけ対応の幅も広がりますので是非マスターしてしまいましょう。

抱き線(包み足)

fx_%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%82%af%e8%b6%b3%e7%b5%84%e3%81%bf%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b_005

後の足が前の足をすっぽり包み込む形の組み合わせを抱き線若しくは包み足と呼びます。後の足が大陽線若しくは大陰線となって現れます。

重要なのは画像下の組み合わせで、大陰線が陽線を大陽線が陰線を包む形です。上昇トレンド発生中に画像左下が出現した場合は、天井圏を意味し下降への反転サインを表します。下降トレンド発生中に画像右下が出現した場合は、底値圏を意味し上昇への反転サインを表します。

それぞれこのパターンから、この次の足で陽線(または陰線)が連続した場合はサインの確度が上がりますので、慎重にトレードしたい人は試してみると良いかも知れません。

毛抜き天井

fx_%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%82%af%e8%b6%b3%e7%b5%84%e3%81%bf%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b_006

上昇トレンド中であるにもかかわらず、先の陽線の高値付近で上げ止まった形となったもの。天井付近の同じ水準でローソク足が並んでおり、毛抜きに似ていることからこの名前が付けられているようです。

この組み合わせは色々なパターンがあるのですが、いずれも高値行き止まりの形で上昇トレンド終焉のサインとして用いられています。

気抜き底

fx_%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%82%af%e8%b6%b3%e7%b5%84%e3%81%bf%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b_007

毛抜き天井とは逆の形で、下降トレンド中に、先の陰線の安値付近で下げ止まった形のもの。

この組み合わせも様々なパターンがありますが最も典型的なものとしては、大陰線が出た後であるにもかかわらず、先のローソク足の安値と並ぶものの全く抜けず底値の堅さが確認された後の反転です。

このパターンは長期下降トレンドの大底でよく見られる形として有名です。このサインが出たら積極的にエントリーしてみても良いでしょう。さらに慎重にトレードしたい人は、次のローソク足が陽線であることを確認してからでも良いかも知れません。

行き違い線(振り分け線)

fx_%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%82%af%e8%b6%b3%e7%b5%84%e3%81%bf%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b_008

出会い線と似ているのですが違う点は、出会い線が終値が出会っているのに対し、行き違い線は始値が同じで終値が完全に行き違っているところです。

上昇トレンドの中で画像左が出現した場合は、目先の振るい落としを終え更なる上昇局面へと向かうサインとなっています。上昇トレンドが今後も継続するという判断となります。

逆に下降トレンドの中で画像右が出現した場合は、戻りを一巡してさらに下降局面へと向かう合図となります。つまり、下降トレンドが継続するという判断を下すことになるのです。

たすき線

fx_%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%82%af%e8%b6%b3%e7%b5%84%e3%81%bf%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b_009

先の陰線の後に、その始値よりも高いレートで始まり終値はその高値以上となる形の陽線で引ける形(画像左)。逆に先の陽線の後に、その始値よりも低いレートで始まり終値はその安値以下となる形の陰線で引ける形(画像右)の2パターンがあります。

決定的な反転サインというわけではありませんが、それぞれ逆方向へのシグナルとして用いられることが多いようです。

まとめ

ここまで、この記事ではローソク足の組み合わせによる手法とその効果などについてご紹介してきました。

ローソク足にここまで多くのパターンがあることに驚かれた人も少ないかも知れませんね。ローソク足には本当に情報が多く詰まっています。2本組み合わせるだけで市場にあるトレーダーたちの心理や相場の現状把握、今後の動向の考え方など、たくさんのことを教えてくれます。

最低限基本的な組み合わせだけでもマスターして、トレードに活用していただきたいと思います。普段何気なく見ているだけのローソク足から、多くの情報が吸収できるようにしていきましょう。

スポンサードリンク

お役に立てばシェアしてくださいね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。