1. ホーム
  2. FX取引のコツ
  3. ≫FX初心者でも即実践可能!ピンバーを使ったローソク足の手法とは?

FX初心者でも即実践可能!ピンバーを使ったローソク足の手法とは?

ローソク足は優秀なチャートで、手法も数多く開発されています。その分、数が多くてどれを使えば良いか迷う人も少なくありません。中には上級者でないとロジックを理解できないものもあり、手が出しずらいという声もよく聞きます。

しかし、実践しやすい手法もありますので、まずはシンプルなものから試してみることをおすすめします。

特に初心者の人におすすめしたいのは「ピンバー」を使ったエントリー手法です。相場の中での見極め方も比較的容易ですので、ぜひ試してみてください。

この記事では初心者でも取り組みやすいピンバーを使った手法をご紹介していきます。シンプルで実践的な手法をトレードに活用してみたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

ピンバーとは?

fx_%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%82%af%e8%b6%b3%e6%89%8b%e6%b3%95_001

ある条件を満たした上ヒゲや下ヒゲの長いローソク足をピンバーと呼びます。長いひげをピノキオの鼻に見立てて「ピンバー(ピノキオバー)」と呼ばれているようです。

ピンバーには2種類あり、どちらも反転のサインとなっています。ピンバーと呼ばれる条件は主に3つあります。

  • 実体部分が短いこと(始値と終値が近い)
  • ヒゲの長さが実体値幅の3倍以上あること
  • ヒゲが周りのローソク足と比較して突出していること

上記3つを満たしていればピンバーと考えて良いでしょう。天井付近や底値付近でピンバーが出現すると絶好の逆張りチャンスとなります。

具体的に言うと、画像左のピンバー(買いピンバー)が下降トレンドの底値付近で出現すると、上昇への反転の可能性が高くなります。こちらは買いの勢力の押し戻しにあっているのが画像からもよく分かるでしょう。

そして、画像右のピンバー(売りピンバー)が上昇トレンドの天井付近で出現すると、下降へ反転する可能性が高くなります。こちらは売り勢力の圧力が強いことが画像から確認できるでしょう。

ピンバーはチャート内でも比較的見つけやすいローソク足のパターンですので、いつでも見つけられるように相場観を養っておきましょう。

ピンバーを使ったエントリー手法

ここからは、ピンバーを使ってどのようにエントリーしていけば良いのかその手法をご紹介していきます。ピンバーは非常に有効な反転サインですが、単体だけの判断では意味がありません。

どこで出現したか相場環境はどうなっているかなど、出現するまでの過程を考える必要があります。

ブレイクアウトを狙ったエントリー

最も分かりやすいエントリーポイントはトレンド発生中にピンバーが出現して確定後、次のローソク足で高値(若しくは安値)をブレイクアウトしたところとなります。

画像をご覧になると分かりやすいかと思います。売りピンバーと買いピンバーが出現した場合のエントリー例を画像にしてみましたのでご覧ください。

fx_%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%82%af%e8%b6%b3%e6%89%8b%e6%b3%95_002

画像のように上昇トレンド中に売りピンバーが出現した場合は、次のローソク足でピンバーの高値ブレイクアウトをしたところで売りエントリーを仕掛けます。

fx_%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%82%af%e8%b6%b3%e6%89%8b%e6%b3%95_003

変わって下降トレンド中に買いピンバーが出現した場合は、次のローソク足でピンバーの安値ブレイクアウトをしたところで売りエントリーを仕掛けるということになります。

いずれの場合も、押し目買いや戻り売りのような手法は使わず、ブレイクアウトの瞬間を狙ってエントリーすることをおすすめします。高値(若しくは安値)を抜けるとそのまま反転することもあり、エントリーチャンスを逃してしまうパターンが多いためです。

もちろん、反転せずトレンドがそのまま継続する可能性もゼロではありませんので、損切り注文はあらかじめ設定した上でのエントリーをしましょう。どのような事態になっても対応できるようシナリオを立てておくことがトレードでは必要です。

レジサポライン付近でのエントリー

強いレジスタンスラインやサポートライン付近でピンバーが出現した場合は、逆張りエントリーのサインです。

レジスタンスラインで出現した場合は、その付近に強い売り勢力が相当数いることを意味しトレンド反転のきっかけになることが多いです。

サポートラインの場合はその逆で、ライン付近に潜んでいる強い買い勢力に押し戻されていることを意味しています。こちらもトレンド反転のきっかけになる可能性が高いと言えます。

ピンバーの高値(若しくは安値)を抜けたタイミングでエントリーを仕掛けましょう。

レジサポラインを抜けた後の戻りでエントリー

強いレジサポラインをいったん抜けると、役割が反転することがあることはよく知られています。レジスタンスラインを抜けるとサポートラインへ、サポートラインを抜けるとレジスタンスラインへと真逆の役割を果たすようになるのです。

この手法はその性質を利用したエントリー方法です。例えば、サポートラインを下抜けしてレジスタンスラインに変わった状況で、再度上昇トレンドを形成してレジスタンスライン付近まで上昇してきた場合を想定します。

この状況の中、ライン付近で売りピンバーが出現すれば売りに反転する可能性が高いです。

例によって、売りピンバーの安値を抜けた時点で売りエントリーを仕掛けることになります。

トレンド発生中の押し(若しくは戻し)でエントリー

fx_%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%82%af%e8%b6%b3%e6%89%8b%e6%b3%95_004

上昇トレンドにしても下降トレンドにしても、トレンド発生中は細かく上下動を繰り返しながらトレンドを形成していきます。そのトレンド中に逆の値動き(プルバック)が発生している最中で、ピンバーが出現するとエントリーチャンスです。

具体的に言うと、上昇トレンド発生中に一時的に戻しの局面となっている中で買いピンバーが出現すると買いエントリーのチャンスになります。下降トレンドであればその逆で、プルバック中の売りピンバー出現で、売りエントリーをするということです。

もちろんエントリーの仕掛けは、買いピンバーの高値抜け、売りピンバーの安値抜けとなります。

トレンドが明確であればあるほどこの手法ははまりやすく、チャートを見極めれば高い勝率を出すことができるでしょう。

最も精度の高いピンバーの出現シーン

fx_%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%82%af%e8%b6%b3%e6%89%8b%e6%b3%95_005

ピンバーそのものが勝率も高く優秀なエントリーサインなのですが、その中でも最も精度が高いと言われているピンバーの出現シーンをご紹介します。

それは騙しのブレイクアウトによって出現するピンバーのことです。

騙しのブレイクアウトとは、レジスタンスラインやサポートライン付近の攻防でよく見られる形で、抜けたと思ったのに結局抵抗勢力に押し戻された状況のことです。レジサポライン付近は注文が集中することもあって、勢いが強い傾向にあります。

この状況は、ブレイクアウトの瞬間に飛び乗ったトレーダーとその付近に注文を入れていたトレーダー、さらにはロスカット注文を入れていたトレーダーの注文を巻き込んで急激に上昇(若しくは下降)していった形です。

しかし、結局は押し戻されてしまい、これらのトレーダーはトラップにかけられた格好となります。そして、ここで発生したピンバーの高値(若しくは安値)を抜けると、今度は騙しに飛び乗ったトレーダーたちのロスカット注文を巻き込んで大きく反転していきます。

画像では売りピンバーの安値を抜けた直後から米ドル/円で140pips以上の急降下を見せました。

騙しのブレイクアウトは罠にかかったトレーダーが多くいるほど、反転の勢いも強く絶好のエントリーポイントとなるのです。

まとめ

ここまで、初心者でも取り組みやすいピンバーを使った手法をご紹介してきました。

ピンバーを使った手法は分かりやすくシンプルですので、初心者でも十分に実践可能な手法です。重要なのはピンバーがどの場面で出現するかですので、そこをしっかり見極めてエントリーをしていきましょう。

過去のチャートなども見比べて、このチャンスを逃さないように相場観をしっかり持つようにすれば利益を取れる確率もきっと上がってくることでしょう。

FX仲間にシェアしてください^^

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。