1. ホーム
  2. FX取引のコツ
  3. ≫FX初心者は絶対に理解すべき!ローソク足の見方を徹底解説!

FX初心者は絶対に理解すべき!ローソク足の見方を徹底解説!


ローソク足は相場状況を細かく分析し、多くの情報をトレーダーに与えてくれます。チャート全体を見渡せば、相場の把握も容易にできるようになっています。

しかし、ローソク足の基本的な見方を理解していないために、本来持っている情報を吸収しないままトレードをしている人は少なくないようです。チャート分析力の土台を固めるためにも、ここはしっかり抑えておく必要があるでしょう。

この記事ではローソク足の基本的な見方をご紹介していきます。ローソク足の基本から理解したい人は、ぜひ参考にしてみてください。

ローソク足の基本的な見方

fx_%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%82%af%e8%b6%b3%e8%a6%8b%e6%96%b9_001

ローソク足は江戸時代の日本で開発された相場分析手法で、世界中で広く使用されています。【高値】【安値】【始値】【終値】【上ヒゲ】【下ヒゲ】【実体】の7つの要素で構成されており、これにより相場の分析ができるようになっています。

ローソク足の要素については、下記記事の「ローソク足とは?」も合わせて参考にしてみてください。

関連記事FX初心者が勝率アップする方法とは?まずはローソク足の基本パターンをマスター

相場におけるレートの推移はもちろんのこと、トレーダーの勢力図、売り手買い手の勢いなどが1本のローソク足で判別できるようになっています。

最も重要なのはレートの移り変わりではなく、ローソク足がどのような過程でその形になったのか、その背景を考えることです。そうすることで、現在の相場の把握と今後の展開が予測でき、エントリーポイントを絞っていくことができるのです。

まずは、ローソク足の形の基本的な考え方を抑えておきましょう。

始値と終値

【始値】はその時間足の最初についたレートを指します。1時間足であれば1時間の最初についたレートが【始値】、最後についたレートが【終値】となります。

この【始値】と【終値】で結ばれた形が【実体】と呼ばれます。【実体】部分が長いと勢いが強い形といえます。

高値と安値

【高値】はその時間内でついた最も高いレートを表しています。【安値】はその逆で、その時間内での最も低いレートのことを指します。

【実体】からこれらが乖離すると、【上ヒゲ】【下ヒゲ】という形となって現れるのです。長いヒゲが天井圏や底値圏で出現するとトレンドの転換点となることが多いです。

陰線と陽線

その時間内の値動きにおいて、【終値】が【始値】よりも高く成立した場合は【陽線】、
【始値】が【終値】よりも高く成立した場合は【陰線】となります。【陽線】は実体部分が白、【陰線】は黒で表現されることが多いのも覚えておきましょう。

【陽線】で【実体】が長い場合は上昇の勢いが強いことを意味し、【陰線】で【実体】が長い場合は下降の勢いが強いことを意味します。これらの形が連続すると強いトレンドが発生していると考えれば良いでしょう。

時間軸

ローソク足は時間ごとにチャートが表現されており、1時間足を集めたものを1時間足チャート、日足を集めたものを日足チャート、月足をあつめたものを月足チャートと呼びます。

日足であれば、その1日の状況が1本のローソク足の中に情報として納められています。その日の最初についたレートが【始値】、最後についたレートが【終値】などとして1本のローソク足として記録されていくのです。

これら全ての日足を集めて形成されているのが日足チャートとなります。

時間軸はトレード期間によって使い分けます。また、複数の時間軸を組み合わせたトレード手法もあり、トレードスタイルに合わせて使い分けるようにしましょう。

ローソク足の形と相場との関連性

ローソク足は値動きやその勢いなどで、実に多くの形として現れます。この形を正しく理解することで、相場の流れを把握することができるのです。代表的な形とその形成過程を知って、トレードに反映できるようにしましょう。

大陽線と大陰線

fx_%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%82%af%e8%b6%b3%e8%a6%8b%e6%96%b9_002

実体部分がかなり長いローソク足のことで、勢いの強い相場を表しています。ヒゲのあるなしによっても多少意味合いが変わってきますが、基本的には投資家の強気な姿勢が良く表れている形と言って良いでしょう。

大陽線が続けば強い上昇トレンドであることを表し、大陰線が続けば強い下降トレンドの傾向が強くなります。

上ヒゲ陽線と上ヒゲ陰線

fx_%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%82%af%e8%b6%b3%e8%a6%8b%e6%96%b9_003

実体部分よりも上ヒゲが長い形のローソク足のことです。上昇トレンドでこの形が現れると、勢いにやや陰りが見えていることを意味します。買い勢力が利確で決済をし始めている場合も多く、トレンドが終焉する可能性が強くなるサインと言えるでしょう。

上ヒゲ陰線ではさらにその傾向が強く、始値を超えて押し戻していますので売り勢力の激しい抵抗にあっていることが分かる形です。

下ヒゲ陽線と下ヒゲ陰線

fx_%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%82%af%e8%b6%b3%e8%a6%8b%e6%96%b9_004

実体部分よりも下ヒゲが長い形のローソク足のことです。下降トレンドでこの形が出現する場合、下降の勢いが弱まっていると考えられます。利食いを始めた売り勢力が増えだしているときによく表れる形で、下降トレンドに終わりが見え始めたサインです。

下ヒゲ陽線は買い勢力の反発がより強い時に出現することが多く、トレンドの転換も視野に入れた対応が必要になってくるでしょう。

寄引同時線

fx_%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%82%af%e8%b6%b3%e8%a6%8b%e6%96%b9_005

寄引同時線は相場の転換点やレンジ相場などで見られやすい形です。画像をご覧になっていただくとお分かりのように、全て始値と終値が同じ値であり買いと売りの勢力が拮抗しているローソク足となります。

ここでは、代表的な4つの寄引同時線をご紹介します。

①十字線

上下のヒゲが比較的短く十字の形をしたローソク足です。売り勢力買い勢力ともに様子見の膠着状態であることを表し、相場の転換点でよく見られる形です。

②トンカチ

上ヒゲと実体がなく下ヒゲが長く伸びた形。売り勢力が強く一気に下落したものの結局始値まで買い戻されたことを意味します。

底値圏で形成されると、買い勢力の抵抗が強くなっていることを意味し、上昇への転換点となることも多くあります。

③トウバ(塔婆)

下ヒゲと実体がなく上ヒゲが長く伸びた形。買い勢力が強く一気に下落したものの結局始値まで売り戻されたことを意味します。

天井圏でこの形が出現すると、売りの抵抗が強く上昇が一服するサインとして捉えられます。

④一本線

上ヒゲも下ヒゲも実体もないローソク足です。どちらにも勢いがなく、大部分の投資家が様子見をし、他の投資家の出方を窺っている相場です。

コマ・ピンバー

fx_%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%82%af%e8%b6%b3%e8%a6%8b%e6%96%b9_006

①コマ

ヒゲ・実体が比較的短いローソク足のことを指します。値動きが小さく、投資家の多くが方向感が乏しく迷っている状態であることがこの形となって表れています。ただし、この形が連続すると相場が急転することもあるので注意しなければなりません。

ブレイクアウト前にエネルギーをため込んでいる状態だと考えておけば良いでしょう。

②ピンバー

ヒゲが実体の3倍以上の長さとなっているローソク足です。天井付近や底値付近での出現は、絶好の逆張りチャンスとして投資家に好まれる手法です。

ピンバーについては下記記事に詳述しておりますので、合わせて参考にしてみてください。

関連記事FX初心者でも即実践可能!ピンバーを使ったローソク足の手法とは?

まとめ

ここまで、ローソク足の基本的な見方をご紹介してきました。

ローソク足は基本部分だけでも非常に多くの情報がありますので、しっかりマスターしておく必要があります。ここを疎かにしてしまうと適切なチャート判断をすることができなくなり、絶好のエントリーチャンスを逃すことにもなりかねません。

ローソク足の見方を極めて、相場を的確に把握する第一歩を踏み出しましょう。


スワップとスプレッドで選んだ私のメインFX口座はこちら

ユーザー数が日本1でのFX口座
DMMFX
5
運営会社株式会社DMM.com証券
特徴FX口座数日本一&50万口座
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実
DMMFX

DMM FXは、FX口座数が日本1で、その数50万口座を突破した、日本で一番メジャーなFX口座です。私もFX初心者の頃から使い続けている口座です。

スプレッド(手数料)が狭いのはもちろんのこと、スマートフォン取引でも使い勝手がいいツールが充実していて、初心者からベテラントレーダーまで幅広い層に使われています。

取引上の不安やトラブルにも対応するサポート体制も充実しているので、1番最初に開設する口座としてはベストの口座と言えます。

 

今なら口座開設&取引で20,000円キャッシュバック

DMMFXの口座開設でキャッシュバックを申込む

 

GMOクリック証券
FX取引高が4年連続世界1
GMOクリック証券
4
運営会社GMOクリック証券株式会社
特徴資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実

GMOクリック証券も、DMMFX同様、業界最狭のスプレッドにより、デイトレーダーからスイングトレーダーまで、幅広いユーザーに利用されている口座です。

また、iPhoneやAndroidでも使い易い取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

取引量と資産保有残高が世界第1位のFX口座。

 

今なら口座開設&取引で25,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設でキャッシュバックを申込む

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。