1. ホーム
  2. FX取引のコツ
  3. ≫江戸時代のローソク足分析【酒田五法】をFXトレードで活かす方法とは?

江戸時代のローソク足分析【酒田五法】をFXトレードで活かす方法とは?

ローソク足の手法で最も有名なものの一つに「酒田五法」があります。200年以上前に発案されたこの手法は、現在でも色あせることなく多くのトレーダーに愛用されています。

株やFXなどローソク足が絡むものであれば、全てに適用することができる万能なトレード手法です。

この記事では酒田五法がどのようなものか、代表的なトレード手法なども合わせてご紹介していきます。酒田五法をトレードに取り入れることを検討中の人は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
FX取引高世界第1位

酒田五法とは?

酒田五法は、8代将軍徳川吉宗の時代に活躍した伝説の相場師「本間宗久」によって開発されたトレード手法です。

本間宗久の出身地である【山形県酒田市】と、「三山」「三川」「三空」「三兵」「三法」の【五法】で成ることから、【酒田五法】と呼ばれています。

元々は江戸時代の米相場で使われていた相場分析手法ですが、200年以上経った現在の為替相場においても十分に活用できる手法です。「ヘッド&ショルダー」なども、この酒田五法が由来となっており、依然影響力を持っていることがお分かりいただけるでしょう。

ここからは、酒田五法を構成している五法をそれぞれ詳しくご紹介します。

三山

三山は天井圏や底値圏で発生しやすく、相場の転換点を示すローソク足の形が3つの山のように見えることから、そのように呼ばれています。「三尊天井」や「逆三尊」が特に有名で、「ヘッド&ショルダー」「逆ヘッド&ショルダー」として海外でも広く知られています。

三山はチャート全体の形を表しているのが特徴と言えるでしょう。

三川

三川は酒田五法の中心部分であり、最も種類が多い手法です。「星」「はらみ」「つつみ」「かぶせ」「たくり」という、三川の基本要素となるローソク足の組み合わせが非常に重要で、この手法の肝となっています。

いずれも相場の天井圏と底値圏の反転シグナルとして用いられ、最も有名なのが「三川明けの明星」「三川宵の明星」でしょう。ほかにも「両はらみ線」「二つ星」「つばめ返し」など豊富な種類の組み合わせがあります。

チャート全体ではなく、基本的には3本のローソク足の組み合わせで表現しているところが三川の特徴となります。

三空

三空の空は窓開きのことを意味しています。つまり三空とは、三つの窓開きの後に相場の反転があることを暗示した手法となります。上昇トレンド時は「三空踏み上げ」と呼ばれ、「三空踏み上げは売り向かうべし」という格言があります。上昇から下降へのトレンド転換を意味しているのが分かるでしょう。

逆に下降トレンド時は「三空叩き込み」と呼ばれ、「三空叩き込みは買い向かうべし」という格言になります。こちらは下降から上昇トレンドへの転換となります。

FXの場合、窓は頻繁には開かないので、主に株式相場で活躍する手法と言えるでしょう。

三兵

三兵は、相場の初動段階で出現した場合の買いシグナルと売りシグナルを表しています。陽線の3連続出現は「赤三兵」と呼ばれ買いシグナルを表し、陰線の3連続出現は「三羽烏」と呼ばれ売りシグナルを意味しています。

基本的にはトレンドフォロー手法になりますが、「赤三兵先詰まり」のように反転シグナルを表すこともありますので注意が必要です。

これは3つ目の陽線に上ヒゲがついている形で、この場合はトレンドの転換を意味しています。

現在のトレンドフォローと似たような考え方ですので、全体的に分かりやすい手法と言えるでしょう。

三法

主に相場の停滞状態である、レンジ相場の形を表した手法です。相場には「買い・売り・休み」の三つの局面があるという、本間宗久の教えから三法と呼ばれています。

小さな陰線の連続を「上げ三法」と呼び、この後大きな上昇局面を迎えることを示唆しています。

逆に小さな陽線の連続を「下げ三法」と呼び、大きな下降局面になる可能性が高いことを示しています。現代で言うレンジブレイクの基礎となる手法です。

酒田五法は膨大な数の組み合わせがあるため、全てを覚えることは難しいと思います。考え方のベースを理解し、相場の大局感や流れを掴むことを目標に学習するのが良いでしょう。

酒田五法を使ったトレード手法

ここでは、酒田五法を使った具体的なトレード手法をご紹介したいと思います。

1時間足・1分足とボリンジャーバンドを組み合わせる

ローソク足の1時間足・1分足とボリンジャーバンド(20MA:±2σ)を組み合わせたスキャルピング手法になります。ローソク足は1時間足で酒田五法の「たくり線」が出現した時を狙います。

「たくり線」とは底値付近で表れやすい形で、実体が短く下ヒゲが長い陰線のことです。

1時間足で下降トレンド中の底値付近に「たくり線」が確定したことを確認したら、次に1分足でエントリーするタイミングを確認します。1分足ではボリンジャーの下限-2σ下限にタッチしたらエントリーを仕掛けましょう。

1時間足で上昇トレンド転換点となる相場の大きな流れを読み取りつつ、1分足とボリンジャーバンドでエントリータイミングの精度を上げる手法です。

テクニカル指標も少なく、エントリー準備も仕掛けるタイミングもシンプルですので実践しやすい手法かと思います。

リズムを重視した「三兵」手法

ローソク足はメインに日足、エントリーに15分足~1時間足を使用した手法です。他のテクニカル指標は使いません。日足で底値圏に「赤三兵」、天井圏に「三羽烏」が出現することが条件になります。

ただし、重要なのは一定のリズムで上昇(若しくは下降)していることで、ヒゲが長い形や十字線などが混ざっていないことです。「始値・終値・安値・高値」が切りあがったものが、3つ続いている状態の形がベストです。

この状態の「赤三兵」「三羽烏」が日足で確定しているのを確認できたら、15分足~1時間足でエントリーポイントを探りましょう。押し目買いや戻り売りのできるポイントで仕掛けられるのがベストです。

「赤三兵」「三羽烏」ともに理想的な形が出現した場合は、強いトレンドが出ている可能性が高いため、トレンドフォローの手法が通用しやすいと言えます。エントリーポイントを短い時間足で探っていけば、より精度の高いトレードをすることができるでしょう。

三川「明けの明星」と「宵の明星」

酒田五法の中でも非常に有名で、好んで使うトレーダーが多い手法です。1時間足と4時間足あたりをメインに使い、5~15分足あたりをエントリー判断に使用すると使い勝手が良いでしょう。

天井圏・底値圏で形を見極めたエントリーができれば、結果を残せるかと思います。

「明けの明星」「宵の明星」については、下記記事でも触れていますので合わせて参考にしてみてください。

関連記事ローソク足を使ったFX必勝法は存在するのか?実践的な手法で検証!

まとめ

ここまで、酒田五法とその代表的なトレード手法などについてご紹介してきました。

200年以上前に現代でも通用するチャート分析手法があったことに驚かれた人もいるのではないでしょうか。また、酒田五法がよく練られた投資法であり、非常に理にかなっていていることもご理解いただけたことと思います。

この手法はかなりの数の組み合わせや手法があり、全てを覚えることは現実的ではありませんので、自分のトレードスタイルに合ったものを選択して吸収するようにすれば良いでしょう。

他のテクニカル指標と組み合わせた手法を愛用しているトレーダーも多くいますので、独自に手法を開発してみるのも面白いかも知れませんね。

「赤三兵」「三羽烏」のように初心者の人に分かりやすい手法もありますので、ぜひ実践してみてください。

スポンサーリンク
はっちゅう君

お役に立てばシェアしてくださいね。

チャートの見やすさ&スマホ操作で選ぶならGMOクリック証券の「FXネオ」がベスト!

FX取引高が5年連続世界1
FXneo(FXネオ)
5
運営会社 GMOクリック証券株式会社
特徴 資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド 0.3銭(USD/JPY)
サポート あり
スマホツール 使い易いツールが充実
FXneo(FXネオ)

GMOクリック証券のFXネオは、業界最狭のスプレッド(取引コストが低い)により、デイトレーダーからスイングトレーダーまで、幅広いユーザーに利用されている口座です。

また、iPhoneやAndroidでも使いやすい取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

取引量と資産保有残高が世界第1位のFX口座。

今なら口座開設&取引で30,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設でキャッシュバックを申込む

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。