1. ホーム
  2. FX取引のコツ
  3. ≫FXトレードの基本!ローソク足のプライスアクションで利益を出す方法

FXトレードの基本!ローソク足のプライスアクションで利益を出す方法


FXにおいてローソク足を相場分析の中心に据える場合、プライスアクション手法を極めることが相場を制することになります。

プライスアクションをしっかり理解できていれば、アップトレンド・ダウントレンド・レンジ、さらには急なトレンドの転換であれ、どのような相場でも渡り合うことができるでしょう。

この記事ではプライスアクションとは何か、その特徴やトレード手法なども合わせてご紹介していきます。プライスアクションに興味を持っている人もトレードに本格的に導入したい人も、ぜひ参考にしてみてください。

プライスアクションとは?

プライスアクションは文字通り訳すと値動きになります。チャートの値動きにフォーカスし、ローソク足1本から数本の連続した組み合わせのパターン、ひいてはチャート全体の流れを分析する手法となります。

基本的に、他のテクニカル指標を使わずローソク足の値動きのみでチャート分析を行うのが特徴です。

プライスアクション手法を極めれば、ローソク足を見るだけでどのような状態のチャートであっても有利なエントリーポイントやエントリータイミングを見つけ出すことができるのです。

例えば、ローソク足の一定の組み合わせによって発生する「かぶせ線」「はらみ線」のような形があり、チャート内の特定の場所で出現するとトレンド転換点やエントリーポイントになるようなものもあります。

チャートを分析するベースとなる部分ですので、確実に理解してトレードに役立てられるようにしましょう。

ローソク足の組み合わせについては、下記記事にて詳しく紹介していますので合わせて参考にしてみてください。

関連記事FX初心者必見!ローソク足の組み合わせでトレードの幅がこんなに広がる!

プライスアクションはなぜ機能するのか

プライスアクションがトレードにおいて何故機能しやすいのか、その理由をご説明します。それは、人間が大衆に迎合しやすい心理を持っているからです。

チャート分析を少しでもしたことがある人ならお気づきかも知れません。同じようなチャートやローソク足がパターン化して、何度も繰り返されているのを見たことがあるでしょう。

特定の相場環境の中でこのような現象は起こることが多く、何度も同様のパターンが繰り返しチャートに表示されています。これは人間が大衆心理に基づいてトレードした結果なのです。

値が急に上がりだしたときに「早く買わなければ乗り遅れる」「みんな買ってるから自分も買う」というように、周りに流されて買ってしまうのは最も分かりやすい大衆心理です。

オイルショック時のトイレットペーパーの買い占めなども大衆心理の好例です。周りの大部分の人が行動していると、自分も同じことをしなければならない心理が働いてしまうのです。

この人間の心理を理解していれば、天井圏や底値圏などの特定の条件下で決まったチャートパターンが出現した時に、優位性のあるエントリーをすることができるということです。

大衆心理の先を行き、流されることなくチャートパターンを冷静に分析することができれば、効率よく利益の取れるトレーダーになるための足固めとなります。

プライスアクションの強み

テクニカル指標を使わずプライスアクション手法でトレードをすることにはどのような強みがあるのでしょうか。

まず、パターンがある程度明確化されているため、エントリー判断が容易であることが挙げられます。底値圏でこのローソク足の組み合わせが出たら上昇トレンドへの転換サイン、などのように機械的に判断できるためトレードの迷いが少なくなります。

値動きに着目した手法であるため、順張り・逆張りどちらのパターンにも対応しやすいことも強みと言えるでしょう。パターンが豊富に用意されているため、応用が利きやすいのです。

「エリオット波動」「カップウィズハンドル」「ペナント」など、確度の高いパターンが多く存在しトレードの幅が広がることも大きなメリットとなります。

プライスアクションを極めることがトレードを極める近道となりますので、まずは豊富なパターンを数多く吸収することでレベルアップをしていきましょう。

プライスアクションの代表的なチャートパターン

ここでは、プライスアクションでよく使われる代表的なチャートパターンをご紹介していきます。取り分け、レンジブレイク時によく出てくるチャートパターンをご紹介します。

ペナント

チャート上に引いたトレンドラインが、三角形のように先が狭くなっているパターンです。プロ野球などでおなじみのペナント(細長い旗)に形が似ていることから、このように呼ばれています。

主にトレンドの途中で出現します。三角形の先を抜けるとどちらかに大きな値動きを見せることが多く、パターンをしっかり見極められれば大きな利益を得ることが可能です。

ただし、騙しなども多いので上位軸のトレンド確認、ラインへの戻りを待った第二波でのエントリーなどを組み合わせるのもおすすめです。利益を取り逃がすこともありますが、安全なトレードをすることができます。

三角持合い

ペナントと形が似ていてこちらもトレンドラインが三角形のパターンになります。ペナントと違うのは、上値と下値どちらかが一定の範囲に収まっており、一方が水平のラインになった三角形となります。

レンジ相場に出現することが多いです。こちらもブレイク下方向に値が一気に動きますので、動きを捉えれば大きな利益を取ることができるでしょう。

フラッグ

トレンドラインがレジスタンスライン・サポートラインともに、斜めに引ける形のパターンです。上昇フラッグと下降フラッグが存在します。通常の長方形のフラッグに似ていることから、このように呼ばれています。

トレンド途中で頻繁に出現する形で、トレンド継続のサインの場合が多いです。フラッグ形成前のトレンドと逆方向に一時的なトレンドとして出現するパターンが大半で、ブレイクする方向はフラッグ形成前のトレンドになる可能性が高いです。

たとえば、下降トレンド中であれば上昇フラッグが形成され、ブレイク後は下降トレンドになるという流れです。

ちなみに、フラッグの場合は一度ブレイクしてもラインに戻ってくることが多いため、第2波でエントリーする方が確実でリスクの少ないトレードができるでしょう。

ボックス圏

チャートパターンの中でもかなりの頻度で出現する形と言えるでしょう。高値と安値を引いたラインが、ともに水平の場合がこのパターンとなります。

強いレジスタンスラインとサポートラインに挟まれたボックスの範囲の中で、上昇と下降を繰り返し方向感を失った値動きを表しています。

レンジ相場と似ていますが、ある程度しっかり決まった値の中で値動きが繰り返されているものがボックス圏と考えておけば良いでしょう。このパターンもブレイクすれば一方向に値が動くことが多いため、この利益を狙うトレードが主流です。

また、ボックス圏では一定の上下動を見せるため、これを利用したトレードもあります。いわゆる「高値売り安値買い」手法と呼ばれるもので、を使います。ボックス圏の最安値付近で購入して最高値付近で売ることで、ボックス圏が続く限り利益を積み重ねていく手法です。

値動きがしっかり把握できるようになれば、効率よく利益を上げられるようになるでしょう。

まとめ

ここまで、プライスアクションの特徴やそのトレード手法についてご紹介してきました。

便利なテクニカル指標が多くリリースされている中で、ローソク足のプライスアクションだけでも十分に戦っていけることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

プライスアクションは相場分析の土台となるものですので、確実に理解して実践を積み、トレードに役立てていきましょう。


スワップとスプレッドで選んだ私のメインFX口座はこちら

ユーザー数が日本1でのFX口座
DMMFX
5
運営会社株式会社DMM.com証券
特徴FX口座数日本一&50万口座
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実
DMMFX

DMM FXは、FX口座数が日本1で、その数50万口座を突破した、日本で一番メジャーなFX口座です。私もFX初心者の頃から使い続けている口座です。

スプレッド(手数料)が狭いのはもちろんのこと、スマートフォン取引でも使い勝手がいいツールが充実していて、初心者からベテラントレーダーまで幅広い層に使われています。

取引上の不安やトラブルにも対応するサポート体制も充実しているので、1番最初に開設する口座としてはベストの口座と言えます。

 

今なら口座開設&取引で20,000円キャッシュバック

DMMFXの口座開設でキャッシュバックを申込む

 

GMOクリック証券
FX取引高が4年連続世界1
GMOクリック証券
4
運営会社GMOクリック証券株式会社
特徴資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実

GMOクリック証券も、DMMFX同様、業界最狭のスプレッドにより、デイトレーダーからスイングトレーダーまで、幅広いユーザーに利用されている口座です。

また、iPhoneやAndroidでも使い易い取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

取引量と資産保有残高が世界第1位のFX口座。

 

今なら口座開設&取引で25,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設でキャッシュバックを申込む

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。