1. ホーム
  2. FX取引のコツ
  3. ≫ローソク足を使ったエントリーポイントの簡単な見つけ方

ローソク足を使ったエントリーポイントの簡単な見つけ方

ローソク足の用途は、相場分析から始まって利確ポイントの見極めまで種々ありますが、最も判断の難しいのがエントリーポイントでしょう。

どこでエントリーすべきかは、刻一刻と変わる相場の局面によって大きく左右されるからです。慌てて流れに飛び乗って騙しに合ったり、サインを見逃してエントリーできなかったりと、高い集中力が求められるのがエントリーなのです。

トレンドにうまく乗って利益を伸ばすのも、トレンド転換を見逃してロスカットしてしまうのも全てはエントリー次第ですので、確かなエントリー技術を身に付ける必要があるでしょう。

この記事ではローソク足でのエントリーがどのようなものなのか、その考え方や基本的なエントリーパターンなどについて詳しくご紹介していきます。エントリー判断に迷いがある人や的確なエントリー技術を身に付けたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

エントリーポイントをどうやって見つけるか

FXでは、エントリーポイントを的確に見つけることが非常に重要になってきます。利益を伸ばすことも損失を拡大することも、最初のエントリーで大きく変わってくるからです。

またエントリーポイントが定まっていなければ、何となくでエントリーをしてしまい無駄なポジションを増やしたり、トレードに自信が持てずなかなかエントリーができなかったりと、トレードそのものに悪影響をもたらします。

初心者にありがちなポジポジ病(とにかくポジションを持とうとする)も、正しいエントリーポイントが分かっていないためになってしまう現象です。

では、正しいエントリーポイントを見つけるためにはどうすれば良いのでしょうか。それはエントリーする根拠をチャートの中に見出し、総合的な判断をくだすことです。基本的な方法をご紹介します。

①チャートから相場分析をする

まずは、チャートから現在の相場がどのような状況なのかを見極めます。トレードはここがスタート地点です。

トレンド状況の確認

最初にしてほしいのはトレンド状況の確認です。今が上昇トレンドなのか下降トレンドなのかレンジ相場なのか、ダウ理論やテクニカル指標から的確に判断します。

レジサポラインを引いて分岐点を確認

レジスタンスラインとサポートラインはトレンドのスタートとゴールを明確に教えてくれます。正しいラインが引ければ、トレンドの継続も転換も全て知ることができます。根拠の強いラインを見つけることができれば、エントリー判断も容易になるでしょう。

チャートパターンを分析

相場が進んでいく中で、重要なサインを示すチャートパターンが出現することがあります。天井圏や底値圏でトレンド転換を示すものなど、重要な局面でチャートパターンが出現すると、確かなエントリーポイントになることが多いので見逃さないようにしましょう。

②エントリー後のシナリオを作成

エントリーポイントが明確になればエントリー準備をしますが、その前に今後の相場展開を見越したシナリオを作成しておきます。たとえば、エントリー後にこのレジスタンスラインの下5pipsに到達したら利益確定、このサポートラインの下3pipsまで割り込んだらロスカットなどのシナリオをエントリー時点で明確に定めておきます。

必ずエントリー前にシナリオ作成をしておき、どのような相場になっても対応できるようにしておくことが重要です。

③エントリーポイントにレートが到達するまで待つ

FXはトレードのトータルで勝っていかなければなりません。そのためには1度のトレード毎に損小利大の意識を持っておく必要があるのです。

よって、エントリーポイントが定まったらそのレートになるまで待ち無駄なエントリーは控えることです。相場分析をした上でのシナリオを変えてまでエントリーしてはなりません。

安易にこのような行為をすると、勝率の低下やリスク&リワードのバランスが狂い、確実に負けトレーダーへの道を歩むことになります。

エントリーポイントが定まったら、指値または逆指値を設定しておきじっと待つことが必要です。もちろん、相場の状況が変わればシナリオ変更を余儀なくされることもありますので、その場合は設定を取り消し新たなシナリオを作成することになります。

ローソク足での基本的なエントリーパターン

相場には基本的な流れがあり、そのためエントリーするパターンにも特徴があります。この基本的なエントリーパターンを知っておくことで、自信をもってトレードすることができるようになるでしょう。

上昇トレンドのエントリーパターン

まずは、上昇トレンド発生時のエントリーパターンを見ていきましょう。

①ダウ理論の押し目買い

上昇トレンドに逆行する下降トレンドが終了してからエントリーするパターンです。条件はローソク足が移動平均線の上にあることと、下降トレンドがダウ理論の底でサポートされていることです。

このダウ理論の底で跳ね返ってきたところを押し目買いでエントリーします。ロスカット値はダウ理論の底3~5pipsに設定しておけば良いでしょう。

②ペナント・フラッグ出現時

強い上昇トレンドが発生していて、途中でペナントやフラッグが出現した時のエントリーパターンです。ペナント・フラッグを形成しているレジスタンスラインをブレイクしたタイミングでエントリーします。

トレンドが強いときはブレイク突破の初期で乗らないとエントリーが難しくなります。ロスカット値は、ペナント・フラッグを形成しているサポートラインの下3~5pipsに設定しておきましょう。

トレンドが強いため、ブレイクのエントリーポイントをしっかり見定めれば大きな利益を取ることも可能です。

下降トレンドのエントリーパターン

続いて、下降トレンド発生時のエントリーパターンです。

①ダウ理論の戻り売り

下降トレンドに逆行する一時的な上昇トレンドの終了を待ってエントリーするパターンです。条件としてはローソク足が移動平均線の下にあることと、下降トレンドがダウ理論の天井でサポートされていることの2つが挙げられます。

このダウ理論の天井で跳ね返ってきたところを待ってから戻り売りでエントリーします。ロスカット値はダウ理論の天井の上3~5pipsに設定しておくようにしましょう。

②ペナント・フラッグ出現時

強い下降トレンドが発生していて、途中でペナントやフラッグが出現した時のエントリーパターンです。ペナント・フラッグを形成しているサポートラインをブレイクしたタイミングでのエントリーとなります。

上昇トレンド発生時と考え方は同じで、トレンドが強いときはサポートラインをブレイクする初期で乗れなければトレンドを逃す可能性が高いです。ロスカット値は、ペナント・フラッグを形成しているレジスタンスラインの上3~5pipsに設定しておくのが良いでしょう。

トレンドが強い場合は、エントリーポイントを確実に見定めてトレンドに乗れば、大きな利益を取ることができるでしょう。

まとめ

ここまで、ローソク足でのエントリーの考え方や基本的なエントリーパターンなどについてご紹介してきました。

FXトレードの肝であるエントリーがいかに重要なものかお分かりいただけたことでしょう。また、エントリー手順をしっかり抑えておけば、的確なエントリーポイントを見極めることができるのもご理解いただけたことと思います。

本記事ではローソク足の基本的なエントリーパターンのみをご紹介しましたが、ここを理解しておくだけでもトレードの勝率は変わってくることでしょう。これらを応用していけば、トレードの幅も格段に上がり利益を積み上げていけることは間違いありません。

本サイトでも機会があれば、応用パターンもご紹介していければと思います。

エントリーは基本中の基本ですが奥が深いため、ここでつまづく初心者は非常に多いです。まずは基本部分を理解して、確実に勝てるエントリーポイントをみつけられるようになりましょう。

スポンサードリンク

お役に立てばシェアしてくださいね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。