1. ホーム
  2. FX取引のコツ
  3. ≫FXにおける利益確定のタイミングの目安や損切りはいつがベストか?

FXにおける利益確定のタイミングの目安や損切りはいつがベストか?


FXを実践する上で、利益を継続して積み上げていくためには利益確定を適切に実行できなければなりません。これができていないと、勝ち数がいくら伸びても資金は全く伸びない、もしくは減る一方という事態に陥ってしまいます。取り分け初心者の大半にこの傾向が見られがちです。

 

この記事では、利益確定を適切に実行するための目安やタイミング、ルール策定など実践的な内容をご紹介していきます。是非参考にしてみてください。

利益確定とは

FX_利益確定_002

まず、そもそもの利益確定とは何かをご説明しておきます。これは為替レートの変動で保有しているポジションに対して含み益が発生した時に、ポジションを決済して利益を確定することです。別名で利確や利食いと言われることもあります。言うまでもなく、どのタイミングで利益確定するかで利益の幅は大きく異なります。

 

FXを継続していると損切りの方に目がいきがちですが、利益確定を適切に実行できなければ資産が増えることはありません。資産をトータルでプラスにしていくために、この利益確定は避けては通れない手法と言えるでしょう。

利益確定の目安

FX_利益確定

ポジションをクローズするときにどれくらいの利益で決済すれば良いのか、これが非常に悩ましいところです。まだまだ上がると思って決済をズルズル延ばしていると、急に相場が反転してマイナスになってしまったり、逆に利確した途端に急激に相場が上昇して利益を取り損ねたりと、このような経験を繰り返してはいないでしょうか。

 

なぜこのような失敗をしてしまうかと言うと、自分の中で明確な基準や目安が定まっていないからです。ここをしっかり定めておかないと、同じ失敗を何度も繰り返すことになります。

 

利益確定の目安を決める上での具体的な方法をいくつかご紹介しますので、参考にしてみてください。自分なりの方法を決めてしまえば、あとはそれに沿ってトレードをすればよいのです。

利益確定の幅を決めておく

最もシンプルな方法で、初心者には特に好まれて使われている手法と言えるでしょう。これは事前に利益幅を決めておき、エントリーポイントから●●pipsに到達した時点で手仕舞うやり方です。

 

メリットは相場に左右されることなく常に一定値で利益確定ができるため、シンプルに判断でき心理的な影響をほとんど受けないことです。一方でデメリットは、相場と関係なく手仕舞うため、大きなトレンドが発生しているケースでは、利益を逃す可能性があるということでしょう。

 

さらに、トレンドが転換したとしても決済ラインに到達しない限りは利確しませんので、そのまま負けトレードになる可能性もあります。

 

相場理解がまだまだ乏しい初心者の人には、余計な判断が入らないためおすすめの方法と言えます。

損切り幅に合わせる

これは、①と基本的には同じ考え方なのですがその応用編になります。エントリー時点での損切り幅を決め、その1~数倍を利益確定する幅として設定する方法です。たとえば、損切り幅を20pipsとしているのなら、利確幅はその2倍の40pipsとするのです。これであれば、理論上は3トレードのうち1回勝てばイーブンに持ち込めます。

 

資金管理をしやすいという観点からも人気の手法のようです。

ダウ理論に基づいて利確幅を決定する

FXトレードをする上で最も重要な指標となるダウ理論ですが、これに沿って利確幅を決定する手法です。これは、ダウ理論で導き出された直近の最安値または最高値を決済ラインにします。

 

メリットは、相場に則した手法なので利益確定の根拠があり、大きい利益幅も狙えることでしょう。デメリットはダウ理論に熟知している必要があり、ある程度相場の流れを読めなければなりませんので一定の経験値が求められることです。トレンドの転換点を抑えることが最低限必要になるでしょう。

 

相場の動きがある程度分かってきたなら、チャレンジする価値のある手法と言えるでしょう。

適切なタイミングとは?

FX_利益確定_004

利益確定の目安でお伝えしたように、事前にある程度の指標を決めておいてそれに沿って機械的にトレードすれば経験と共に実力も身に付いてくるでしょう。しかし、「自分はそんな機械的な判断ではなく、常に相場を細かく分析して自己裁量で自分のタイミングで決済したい」と言う人も中にはいらっしゃるかも知れません。

 

相場を知り尽くした上級者の人であればそれでも問題ないのですが、初心者の人が常に裁量判断で決済をしていくというのはリスクがあります。初心者の人にはあまりおすすめできませんが、どうしても裁量で決済したい方は下記のタイミングで実施してみるのが良いでしょう。

 

簡単に言うと、今決済しようとしているタイミングで逆のポジションを持てるかどうかです。相場を眺めてみて、「逆のポジションでエントリーができる(したい)」という相場になっているのであれば、今が決済のタイミングということです。

 

例えば、「買いポジションでエントリーをしていて相場が上昇トレンドから下降トレンドに転換しようとしている、これはもう延びないから売りポジションでエントリーしよう」そのように思えれば決済のタイミングと言えるでしょう。

 

繰り返しになりますが、これはある程度経験を積んだ人にこそ効果を発揮するタイミングの取り方です。初心者の人は事前に指標を決めて臨んだ方が勝率は高まるでしょう。

利益確定を逃すことによるリスク

FX_利益確定_003

ここまで、利益確定をする具体的な手法についてお伝えしてきました。利益確定を適切にできれば、利益を大きく伸ばせることはご理解いただけたかともいます。一方で、利益確定がしっかりできないと大きなリスクを抱えることにもなるのです。ここでは、そのリスクについてご紹介していきたいと思います。

資産が増えない

FXは資産を増やす目的で実施している人が大多数でしょう。この利益確定が上手くできなければ資産が増えることはありません。むしろ減っていくリスクが増大していきます。

 

利確をすぐにしてしまう場合は、本来取れるはずの利益を捨ててしまっている可能性があります。さらに、勝ちトレードでの利益が少ないために、かなり高い勝率を保てなければ資産は目減りしていく一方です。トレードの基本である「損小利大」の真逆の手法を使っていることになりますので、厳しい結果になるのは明らかでしょう。

 

逆に根拠もなく利確をズルズルと延ばすことは、利益の取り逃しをすることに繋がっていきます。本来取れた利益を失い、下手をするとそのまま逆のトレンドに転換して損切りをすることにもなるのです。これでは資産が増えるはずもありません。

ポジポジ病になりがち

ポジポジ病は特に初心者の人に多くみられますが、いつでもポジションを持っていたい症状のことを言います。そして、利確が適切にできていない人はポジポジ病に陥りがちです。

 

それはエントリー時点での利益と損失のポイントを把握できていないのが、大きな原因の一つにあります。その結果エントリーしても、根拠もなくすぐに決済、また根拠もなくエントリーを延々と繰り返していくのです。このようなことにならないよう、エントリー前の基準とその後の利確と損切りのポイントははっきりさせておきましょう。

 

利確と損切りのポイントをエントリー前に明確にしておけば、無駄なエントリーを繰り返すこともなくポジポジ病になることもないのです。

まとめ

FXの利益確定について、その具体的な手法やリスクなどについてご紹介してきました。

 

一口に利益確定と言っても、色々な手法があってそれに伴う効果も様々あること、根拠のない利益確定がいかにリスクを伴うかもご理解いただけたかと思います。利益確定は損切りよりはるかに難易度が高いと言われています。いい加減な対応をせず、しっかりと根拠を求めて対応することが大切です。

 

利確が適切にできるようになれば、必ず明るいFXライフを送れるようになるでしょう。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

私がメインで使っているFX口座はこちら

ユーザー数が日本1でのFX口座
DMMFX
5
運営会社株式会社DMM.com証券
特徴FX口座数日本一&50万口座
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実
DMMFX

DMM FXは、FX口座数が日本1で、その数50万口座を突破した、日本で一番メジャーなFX口座です。私もFX初心者の頃から使い続けている口座です。

スプレッド(手数料)が狭いのはもちろんのこと、スマートフォン取引でも使い勝手がいいツールが充実していて、初心者からベテラントレーダーまで幅広い層に使われています。

取引上の不安やトラブルにも対応するサポート体制も充実しているので、1番最初に開設する口座としてはベストの口座と言えます。

 

今なら口座開設&取引で20,000円キャッシュバック

DMMFXの口座開設でキャッシュバックを申込む

 

GMOクリック証券
FX取引高が4年連続世界1
GMOクリック証券
4
運営会社GMOクリック証券株式会社
特徴資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実

GMOクリック証券も、DMMFX同様、業界最狭のスプレッドにより、デイトレーダーからスイングトレーダーまで、幅広いユーザーに利用されている口座です。

また、iPhoneやAndroidでも使い易い取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

取引量と資産保有残高が世界第1位のFX口座。

 

今なら口座開設&取引で25,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設でキャッシュバックを申込む