1. ホーム
  2. FX取引手法解説
  3. ≫スイングトレードの利益確定タイミングを徹底解説

スイングトレードの利益確定タイミングを徹底解説


初心者トレーダーさんたちは、

 

「ポジションがどうなったか、ついついスマホアプリで見ちゃうんだよね…」

「そうそう、プラス1万円になっていたりすると利確しちゃうよね!」

 

という内容の会話をされることが多いと思います。多くのトレーダーが「それ、わかる!」と言ってしまうのではないでしょうか?

「2016年の約1年間、3つの売買ルールでスイングトレードをした成績公開!」や「【FXスイングトレードの成績公開】初心者はどれくらい稼げる?」で解説しているように、年間トータルで利益を残していくためには、利益確定の注文を然るべきタイミングで行う必要があります。

一攫千金を求めるなら、含み益が自分のほしい金額に到達していれば決済してもいいと思います。しかし、継続して安定した利益を求めていくならば、その利益確定方法を見直したほうが良いかもしれません。

今回は、スイングトレードで安定したプラス収支を目指すための利益確定方法について、お話ししていきます。

スイングトレードの利益確定は?タイミングをおしえて!

a149a63382174802f1964b955a2f9b17_s

利益確定方法はさまざま

トレーダーによって異なる利益確定方法ですが、大まかには以下のようになります。

  • 金額をみて満足したから成り行きで
  • pips数をみて満足したから成り行きで
  • 相場の過熱感を察したから
  • トレードルールの条件になったから
  • なんとなく…気分次第

「一時的に勝てても結局、月単位で負けてばかりだ」

「安定しないから損益グラフは右肩あがりにならないでガタガタだ」

この中で、トレードルールの条件になったからというものがあります。これもさらに細分化されていき、その方法は星の数ほど存在します。

トレードに慣れてきたら、金額やpipsに満足して決済する方法を一旦中断して、相場の過熱感を察して撤退したり、トレードルールどおりに決済したり、ストップ幅と含み益の比率で決済したりすることにもチャレンジしてみてください。

FX初心者でもできる!負けない利益確定のタイミングは?

初心者にとって再現できないような複雑な利益確定方法だと、安定した成績は見込めません。気分次第で利益確定したり、金額で満足して利益確定したりする方法も除外しておいたほうが良いです。

初心者が十分に勝てるようになるまでは、再現性があって、なるべく判断が容易な方法をおすすめします。初心者でも再現がしやすい判断が容易にできる利益確定方法をいくつか紹介していきます。

  • 過熱感を察したとき(次の項で詳細説明があります)
  • ストップ幅:含み益=1:2以上(次の項で詳細説明があります)
  • ボリンジャーバンド±2σを超えたが、戻ってきて±2σより内側で確定したとき
  • 移動平均線に戻ってきて終値が内側で確定したとき

他にも多くの方法がありますが、わかりやすいという点からいえば、ストップ幅:含み益=1:2以上というものが一番であると思います。次に詳しく紹介しています。

スイングトレードの利益確定は?稼ぐための具体的な利益確定方法を紹介

相場の過熱感から利益確定する方法

相場の過熱感から利益確定する方法を説明します。オシレーターなどを使って売られすぎや買われすぎを判断し、その時点で利益確定を行います。初心者トレーダーには、やや難しいです。

メリットとしては、利益が多くあるうちに撤退できる可能性が高いということです。デメリットとしては、毎回過熱感が生まれるわけではないので、チャンスとしては多くないということです。

2016-12-06-1-18-16

例えば黄色縦線部分で新規エントリーしたとすると、青色縦線部分(終値)で決済することになります。今回はオシレーターにRSIを使用していますが、他に何でも良いです。自分の使いやすいものを探してみてください。

利益確定の条件としては以下になります。

【買いの場合】
RSI(期間14)が一般的な買われすぎの目安である70をつけてから、陰線が出て足が確定した時点(終値)で利益確定

【売りの場合】
RSI(期間14)が一般的な売られすぎの目安である30をつけてから、陽線が出て足が確定した時点(終値)で利益確定

これはどちらかといえば、スイングトレードよりもスキャルピングで活用すべき利益確定方法であると言えます。これにボリンジャーバンド±3σタッチなどを併用すると、難しいといわれるスキャルピングでも勝ちやすくなります。

ストップ幅と見込める利益の比率から利益確定する方法

ストップ幅と含み益の比率で決済する方法は、初心者にも一番わかりやすく再現性が高い利益確定方法です。これは利幅で勝ちにいく方法をとるトレーダーにぜひ取り入れてほしいやり方になります。

利幅で勝ちに行く方法については「コツはある!FX初心者でもスイングトレードで利益を上げる方法とは?」をご参照ください。

2016-12-06-1-47-13

例えば、上の画像の緑矢印で新規売りエントリーをしました。ストップは同じ足の高値より少し上の緑点線付近におきます。エントリー地点からストップまでの幅はスプレッド込みで約95pipsほどです。

売りの場合は陽線が出現して足が確定した時点で、利益確定するかどうかを考えます。画像の陽線1の時点では、利益どころか含み損になりますので決済はしません。このまま様子見しましょう。

次に陽線2が確定した時点でも、スプレッドを考慮して25pipsほどの含み益になります。ストップ幅の2倍以上の含み益となっていないため、まだ利益確定はしません。

次に陽線3が確定した時点では、含み益がようやく245pipsほどになりました。ストップ幅の2倍以上の含み益となっているので、ここで利益確定します。

このように「設定したストップ幅:含み益=1:2以上」となれば、利益確定してください。上の画像のケースでは、スプレッド込みで「設定したストップ幅:含み益=95:245」だったので利益確定となりました。1:2.5程度にはなりました。

ホームラン級の利益を狙いにいくのに、2倍程度で利益確定してしまってもいいの?と疑問に思われるでしょう。コツコツと利益確定をしながらも、下の画像のようにホームラン級の利益も狙えます。ぜひ自身の手で検証してください。

2016-12-06-2-08-23

スイングトレードで利益確定までは頻繁にチャートを見ないほうがよい?

FXトレード

頻繁にチャートを見てしまうトレーダーが陥りがちな罠

例えば、4時間足のスイングトレードをする場合を考えてみましょう。トレードルールとして、チャートのローソク足が確定した時点で条件を満たせば新規エントリーもしくは決済を行うとします。

4時間足ができあがるのが0時、4時、8時、12時…とするなら、このトレードルール下では、ローソク足が形成中の9時半にチャートを見る必要はないのです。見てもどうすることもできません。ローソク足の形成途中でも、ストップロス注文に自動でかかっていることはあります。

もし9時半に含み益がすごく出ているからと言って利益確定してしまったら、せっかく検証したトレードルールとは違う結果に徐々になっていきます。トレードルールを検証して、納得のいく結果が出ているなら、そのとおりに注文を執行していく必要があります。

トレードルールどおりに利益確定していくためには?

極端かもしれませんが、機械的に淡々とトレードしていくためには、チェック時間以外は一切チャートを見ないという方法があります。これにより誘惑に負けてトレードルール外の利益確定をしてしまうことは減ります。

具体的には、スマートフォンなどでアラームを設定しておき、4時間足なら4時間ごとのローソク足が確定するときだけチャートを見るようにすることです。

どうしてもチャートが見たくてたまらない!というトレーダーがいますが、チェック時間以外はチャートを見ないように習慣化してしまいましょう。

スイングトレードの利益確定のまとめ

利益確定にはさまざまな方法があり、これといった正解がありません。しかし、安定して継続して稼ぐために有効な方法はあります。

初心者トレーダーでも一番取り組みやすい「設定したストップ幅:含み益=1:2以上となれば利益確定」する方法は、コツコツ増やしながらも時には特大ホームラン級の利益を得ることができます。

ただしこの方法は「勝率で勝つ方法」より「利幅で勝つ方法」で生きてくる利益確定方法になります。ぜひ自身の手で検証してみてください。納得がいけば、あなたの戦略にもこの利益確定方法を取り入れてみてください。

利益確定してはじめてトレーダーの利益となります。含み益である間は、あくまで予定の利益です。タイミングを誤れば、利益がなくなるだけではなく含み損に転じてしまうこともあります。

トレードルールどおりに確実に利益確定していく癖をつけ、資金を増やしていきましょう。


スワップとスプレッドで選んだ私のメインFX口座はこちら

ユーザー数が日本1でのFX口座
DMMFX
5
運営会社株式会社DMM.com証券
特徴FX口座数日本一&50万口座
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実
DMMFX

DMM FXは、FX口座数が日本1で、その数50万口座を突破した、日本で一番メジャーなFX口座です。私もFX初心者の頃から使い続けている口座です。

スプレッド(手数料)が狭いのはもちろんのこと、スマートフォン取引でも使い勝手がいいツールが充実していて、初心者からベテラントレーダーまで幅広い層に使われています。

取引上の不安やトラブルにも対応するサポート体制も充実しているので、1番最初に開設する口座としてはベストの口座と言えます。

 

今なら口座開設&取引で20,000円キャッシュバック

DMMFXの口座開設でキャッシュバックを申込む

 

GMOクリック証券
FX取引高が4年連続世界1
GMOクリック証券
4
運営会社GMOクリック証券株式会社
特徴資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実

GMOクリック証券も、DMMFX同様、業界最狭のスプレッドにより、デイトレーダーからスイングトレーダーまで、幅広いユーザーに利用されている口座です。

また、iPhoneやAndroidでも使い易い取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

取引量と資産保有残高が世界第1位のFX口座。

 

今なら口座開設&取引で25,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設でキャッシュバックを申込む

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。