1. ホーム
  2. FX取引手法解説
  3. ≫基本チャートパターンでは勝てない?スイングトレードで稼ぐためのチャートパターンとは?

基本チャートパターンでは勝てない?スイングトレードで稼ぐためのチャートパターンとは?


チャートパターンは、FXに限らず投資や投機をするなら、知っておいて損はありません。パターンどおりに動けば、ある程度はここまで到達するという目標地点もわかるからです。

世界中のトレーダーたちが意識しているチャートパターンを知っておけば、ここからこう動くなという予測ができるようになります。知らなければ「あれれ、なんでこんな動きをするの?」となってしまいます。

しかし、一般的なチャートパターンのエントリー方法をするだけで稼ぐことができるでしょうか?おそらくほとんどのトレーダーが稼げていないと思います

今回は初心者トレーダーが一般的なエントリー方法では稼げない理由や、スイングトレードをするなら学んでおくべきチャートパターンの実践的な使い方もお話しします。

スイングトレードを基本的なチャートパターンどおりにやっても稼げない理由

チャートパターンを知っているだけでは勝てないの!?

基本的なチャートパターンの解説はのちほど少しだけしますが、実践的に稼げる可能性が高い方法をお知らせすることのほうが重要と考えますので、実践で使えるお話を詳しくしていきます。

チャートパターンは、見つけることができるか、そして使えるのかが問題となってきます。それよりも一番大事なのは、稼げるのかどうかです。

FXはチャートパターンを見つけたらお金をもらえるシステムではないので、自分は裁量トレードで稼いでいこうと思うなら、チャートパターンを実践的に使いこなして稼げるようにしていく必要があります。

しかし、一般的なチャートパターンのエントリー方法でトレードをすると、スイングではトータルで稼げない場合が多いです。それはなぜでしょうか?

Wトップなどの基本チャートパターンでは、ストップ幅:期待値=1:1のものが多いからです。利幅で勝つことができない場合は、勝率で勝負していかなくてはなりませんが、これも大変難しいことなのです。

これをなんとか、ストップ幅:期待値=1:2以上にしていく工夫をしなければいけません。ではどうすればいいのでしょうか?

基本チャートパターンのエントリー方法を見直すと?

スイングトレードで勝つために利幅をとりにいく方法だと比較的容易に稼ぐことができます。それならば、ストップ幅:期待値=1:1だとトータルで勝ち越すことが難しくなるので、ストップ幅:期待値を1:2以上にしていかなければなりません。

そのためには、

  • エントリーポイントを変更する
  • 決済ポイントを変更する

これらのどちらかを考える必要があります。それぞれの方法について詳しく説明していきます。また、基本チャートパターンについても解説していきます。

【スイングトレードのチャートパターン】エントリーポイントを変更してみる

【基本チャートパターン】WトップとWボトム、三尊とは?

基本のチャートパターンを説明します。天井圏で出現しやすいWトップと、底値圏で出現しやすいWボトムがあります。上の画像はWボトムの例です。

Wトップは高値を更新できず(または高値を少しだけ更新して)反落する場合に形成されます。Wボトムはその逆で、安値を更新できず(または安値を少しだけ更新して)上昇する場合に形成されます。

一般的には、ネックラインを超えたときにエントリーし、期待値はWボトムからネックラインまでと同じ距離です。画像でいえば赤の丸印をつけた部分が利益確定の目標値になります。

次はWトップやWボトムに似たチャートパターンです。左右が肩で真ん中が頭と、ヒトの上半身に見えることからヘッド&ショルダーと呼ばれます。三尊とも言われています。

頭のてっぺんからネックラインまでの距離が利益確定の期待値となりますので、赤の丸印付近が目標値として設定されます。エントリーはネックラインを超えた付近です。これも基本的にはストップ幅:期待値=1:1となります。

稼ぐためのエントリーポイントとは?

まずは、ストップ幅:期待値を1:2以上にするために、エントリーポイントを変更した場合を考えてみます。次のポンド/円の1時間チャート画像をご覧ください。Wボトム、Wトップのチャートパターンになります。

画像内ピンク色の線Wの形はWボトムで、Mの形はWトップを表しています。赤の点線はネックラインで、いわゆる教科書どおりのエントリー箇所となります。

さきほど説明したように、ネックラインからトップ(ボトム)までの幅が利益の期待値になりますので、基本的にはそこまで達してから、もみ合いとなると利益確定をします。

しかし、それではトータルで勝てない可能性が高くなるため、エントリーを早めにすることを考えます。チャートの濃いピンク色の縦線を見てください。これが早めのエントリーポイントで、この足が確定すれば次の足の始値でエントリーになります。

Wボトムのエントリー条件を説明します(Wトップはこの逆になります)。Wボトムとなる可能性のある箇所を探すわけですが、出来上がったチャートでは誰でも判断できますが、今からできていくチャートでは、なかなか判断がつきませんね。

ですので、テクニカルインジケーターで条件を設定します。

  • 前回安値をつけたときにボリンジャーバンド-2σをつけていること
  • RSI(ほかのオシレーターでも構いません)がピークを付けていること

これらのどちらかを満たしている場合に、前回安値と同じ水準で陽線をつけてそのローソク足が確定した場合に、Wボトムの可能性があるとして買いエントリーをします。

【基本チャートパターン】WボトムやWトップで注意すべきこと

WボトムやWトップは、短期的に逆張りになるので、初心者トレーダーには難しいと感じることが多いかもしれません。長期トレンドの方向なら短期的な逆張りをしても伸びる可能性があるので、そのパターンに限定してみるのも良いかと思います。

逆張りについては、過去記事「FX初心者がスイングトレードで逆張りをすることは有効?」も参考にどうぞ。

さきほど説明したエントリーポイントは、いったん買われすぎや売られすぎといったピークをつけているうえでWトップやWボトムを形成しにいくため、ある程度の巻き戻しが見込めますし、長期トレンドの方向に仕掛けることができれば利益を伸ばすこともできます。

【スイングトレードのチャートパターン】決済ポイントを変更してみる

【基本チャートパターン】フラッグとペナントとは?

上の図のようにトレンド中の戻しが四角の旗のように見えるフラッグであったり、下の図のような細長い三角形の旗のように見えるペナントであったりします。

フラッグは四角形を形成しながら横ばいもしくは下降していきます。ここで下降トレンドになったと判断して売りエントリーをしていると、本来の上昇トレンドに乗れなかったということになります。

ペナントは売り買い拮抗してだんだん値動きが小さくなり、三角形を形成しながら推移していき、そしてまた再度もとのトレンドに戻ります。

フラッグもペナントも期待値は、もみ合いになる前の値幅となります。このチャートパターンはトレンドの継続を示唆していますので、スイングトレードのうま味でもある利幅を大きく取りたいところです。

稼ぐための決済ポイントとは?

チャートパターンどおりに目標値で決済しても良いですが、せっかくメイントレンドの方向にポジションをもったなら、利幅をとっていくべきです。

上の画像はポンド/円の4時間足チャートです。ブルーの縦線がフラッグを超えて確定した陽線になります。ここでエントリーした場合、教科書どおりであればフラッグ形成までの値幅が期待値になります。

買いポジションをもったあと、陰線がでたことを確認しそのあと陽線が出て確定し、さらにその陽線を打ち消す陰線で確定したら決済します。画像でいえば黄緑矢印が決済ポイントになります。水色の矢印部分では、追加エントリーする場合もあります。

画像の期間では教科書どおりの決済と比較しても、さほど利幅は変わらないですが、トレンドが強い場合は大きく利益が残ります。大きくとれるところでは大きくとっていきましょう。

【基本チャートパターン】フラッグやペナントで注意すべきこと

強い動きのあと、横ばいになるとトレンド継続を想定しておきます。さらに強い動きが出てからの戻しで入っても良いですが、アグレッシブにいくなら下の図の水色矢印ような箇所で入っていきます。

ここで買うならストップ注文はすぐ下に置いても良いです。ストップにかかっても、また入りなおせば問題ありません。損小利大が見込めるエントリーポイントになります。

安全に行くなら、さきほどチャート画像で説明したように、フラッグを超えて陽線が確定したとき次の足の始値でエントリーします。

一番危険なことは、強い動きのあとのヨコヨコだから反転するだろうと思い込むことです。いつまた強い動きがくるかわかりません。

もちろん、そのまま反転してトレンドが形成されることもありますが、チャートパターンを知っておくことで、大きな利益がとれることもあります。知っておいて損はないと思います。

スイングトレードのチャートパターンのまとめ

チャートパターンどおりにスイングトレードをしていると、ストップ幅と一般的な期待値の比が1:1になることが多いです。そうなると勝率を良くしなければトータルで利益は残りません。

ストップ幅と一般的な期待値の比を1:2以上とするために、エントリーポイントを変えるか決済ポイントを変えるかの工夫が必要になってきます。具体的な方法を説明してきましたが、他にも多くの方法がありますのでぜひ検証してみてください。

この記事を読んで「チャートパターンのトレードなんて自信がないし難しい!やっぱり裁量なしのシステムトレードで稼ごう!」と思うなら、過去記事「2016年の約1年間、3つの売買ルールでスイングトレードをした成績公開!」でお話ししたようなトレードルールも参考にしてみてください。


スワップとスプレッドで選んだ私のメインFX口座はこちら

ユーザー数が日本1でのFX口座
DMMFX
5
運営会社株式会社DMM.com証券
特徴FX口座数日本一&50万口座
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実
DMMFX

DMM FXは、FX口座数が日本1で、その数50万口座を突破した、日本で一番メジャーなFX口座です。私もFX初心者の頃から使い続けている口座です。

スプレッド(手数料)が狭いのはもちろんのこと、スマートフォン取引でも使い勝手がいいツールが充実していて、初心者からベテラントレーダーまで幅広い層に使われています。

取引上の不安やトラブルにも対応するサポート体制も充実しているので、1番最初に開設する口座としてはベストの口座と言えます。

 

今なら口座開設&取引で20,000円キャッシュバック

DMMFXの口座開設でキャッシュバックを申込む

 

GMOクリック証券
FX取引高が4年連続世界1
GMOクリック証券
4
運営会社GMOクリック証券株式会社
特徴資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実

GMOクリック証券も、DMMFX同様、業界最狭のスプレッドにより、デイトレーダーからスイングトレーダーまで、幅広いユーザーに利用されている口座です。

また、iPhoneやAndroidでも使い易い取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

取引量と資産保有残高が世界第1位のFX口座。

 

今なら口座開設&取引で25,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設でキャッシュバックを申込む

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。