1. ホーム
  2. FX取引手法解説
  3. ≫【スイングトレードとデイトレ】FX初心者はどっちがおすすめ?

【スイングトレードとデイトレ】FX初心者はどっちがおすすめ?


スイングトレードにするか?それともデイトレードにするか?」

 

誰もが悩むところでしょう。どれくらいの収益を得たいのか、またFXのために取れる時間によっても変わってくるため、ライフスタイルが重要な鍵になってきます。

もちろんFXは生活資金から捻出してはいけません。ならば1万円くらいしかFXに費やすお金がない。スイングトレードをするなら少額トレーダーはだめだと聞くけれどどうなの?

そういった悩みにすべてお答えします。あなたがどの投資スタイルでFXをやっていくべきなのか、またどの投資スタイルなら成功しやすいかもお話ししていきます

スイングトレードVSデイトレード【資金が少ない人の場合】

個人投資家も資金がある方が有利?

%e3%83%aa%e3%83%a0%e3%82%b8%e3%83%b3

資金の差が

  1. 資金が1000万円の人
  2. 資金が1万円の人

この二人が先月の収益が口座残高に対して20%だった場合、aさんは200万円の儲けでbさんは2,000円の儲けになりました。

同じ20%の収益だったのですから二人の腕は同じはずです。aさんは「すごい」と言われますが、bさんはどうでしょうか?「たった2,000円のためによくやるよね~」なんて思われてしまうかもしれません。

心理的なものもあって、確かに資金が豊富なaさんは有利です。ですがトレードルール的に見ればbさんも同じなのです。FXに費やすことができる金額が異なっているだけです。

資金が少ないとスイングトレードに向かないという情報が?

資金が少ないとスイングトレードは向かないと言われていますが本当にそうでしょうか?

 

  • スイングトレード=ストップを広めに設定しなければいけない
  • デイトレード  =ストップを浅く設定できる

 

そう思っている方が多いからでしょう。「スイングトレードを始める資金はどのくらい?資金管理はどうするの?」の記事を一度お読みいただければ、ストップロス注文が広い浅いにかかわらずトレードできることがおわかりになると思います。

ただしその記事で紹介した「サラリーマントレーダーがどこまで増やせるか」の手法であれば、1回あたりのトレードリスクが1%ですし、増え方に全く派手さはありません

500万円の資金なら10か月で150万円ほど増えますが、5万円の資金ならば10か月頑張っても15,000円程度ですから。この地味さが嫌でデイトレードに走ってしまう方が多いと思います。

昔とは違って1000通貨単位だけではなく1通貨からトレードできる証券会社もあります。リスク管理をきっちりとすることが条件ですが、少額でもスイングトレードは可能ということを伝えておきます。

スイングトレードVSデイトレード【とれる時間が少ない人の場合】

帰宅の遅い会社員はデイトレードに向かない?

%e4%bc%9a%e7%a4%be%e5%93%a1

FXを始めたばかりの時は「デイトレーダーってかっこいい!」と思ってしまいますよね。わたしはデイトレードもスイングトレードも難易度そのものはほとんど同じだと思っています。

ではなぜスイングトレードよりもデイトレードのほうが大変だと位置づけているのか?

デイトレードは新規注文から決済注文まで一日で完結するトレードスタイルになります。一日のうち市場が活発になる時間がありますが、デイトレードでその時間帯に参戦できないと利幅が取りにくいのです。

その時間帯は欧州からNY市場が重なる時間帯です。夕方頃から24時くらいまでで、それ以降は利幅を取るには難しい時間帯になります。

夜に忙しい人や初心者がFXで勝ちやすい方法とは?

FXで勝つには「【FXスイングトレードの成績公開】初心者はどれくらい稼げる?」で詳しく解説しました通り、勝率で勝ちに行く方法は難易度が高いですが、利幅で勝ちに行く方法は比較的容易です。

その容易なはずの利幅が取れなければ、この方法で勝つことが大変難しいというわけです。ですので、市場が活発になる時間帯に参戦できない人には、デイトレードよりもスイングトレードをおすすめしているのです。

せっかく検証して使えるトレードルールだとわかっても、ほとんどのトレードチャンスを逃してしまっては、最悪の場合「悪いとこどり」になりかねません。

勝てるはずなのに勝てないという、夜に参戦できないトレーダーはご自身の生活サイクルから投資スタイルを思い切って変えてみるのも良いかもしれません。

初心者トレーダーが15分足でトレードするには慣れも必要なので、最初は4時間足くらいでスイングトレードすることをおすすめします。

スイングトレードVSデイトレード【資金の増え方で比較】

4時間足スイングトレードの資金の増え方の一例

4h

これは「スイングトレード成績公開」のお話で乗せたグラフになります。前回はリスクを2%にしていましたが、デイトレードと比較のためリスクを同じ1%にしました。

わたしが実際に15分足で使っているトレードルールをスイングトレード用に4時間足で運用した場合の結果です。トレード回数も4時間足ということなので回数も少ないですね。ホームラン級の利益をとることがこのトレードで勝つ秘訣になります。

100万円に対して4か月で約+173,000円という増え方です。少ないと思われるかもしれませんが兼業トレーダーが一日に数回チェックする程度でこれだけ増えれば良いほうかと思います。

15分足デイトレードの資金の増え方の一例

先に断わっておきますが、これはわたしの使っているトレードルールを忠実に執行した結果になりますが、8時~25時まで全てのエントリーポイントで注文執行できた場合の結果ですので、わたしの実際の成績とは異なります。ではデイトレードの結果をどうぞ。

15m

同じ期間の検証結果になります。25時~翌8時はさきほども書いたとおり、利幅がとりにくいことと、24時間FXできる人間はいないと思うので除外しました。4時間足のスイングトレードに比べると、回数は約15倍弱とかなり多いです。

増え方はきれいな右肩上がりになっていますね。これは1%負け続けてガツンと取り返すトレードルールだからです。期間内のトレードでは、1トレードで口座残高の+18.3%というのが最高のトレードとなりました。

15分ごとにチェックできれば、ほぼこの結果どおりとなります(スプレッドは5.0銭で計算)。わたしは寝るときや外出するとき以外は、15分ごと(各時間の14分、29分、44分、59分)にスマートフォンのアラームを鳴らしています。

15分足が確定する瞬間以外は見ないほうが良いトレードルールです。途中で値動きを見てしまうと人間はどうも期待しすぎてしまうので、中途半端に利益確定してしまったり、むやみに損切りしてしまったり、せっかくのトレードルールを厳守できなくなります。

スイングトレードVSデイトレード【まとめ】

FXで勝つ方法は主に2種類あります。何度もしつこすぎますが「勝率で勝つ方法」と「利幅で勝つ方法」です。

利幅で勝つ方法は勝率で勝つ方法より手法構築も執行も容易であるため初心者トレーダーには特におすすめしたい勝ち方です。

利幅で勝つ方法を選択したとして、取引が活発になるコアな時間帯(夕方~24時くらい)にFXのためにたっぷりと時間を確保できますか?せめて15分に1回程度は。

もし時間が確保できる方なら、しっかりと当サイトをお読みになってトレードルールを構築してください。検証を重ねてリスク管理を絶対に怠らず注文を執行できるという確固たる自信がつきましたらデイトレードに挑戦してみても良いですね。

コアな時間帯に時間が確保できないなら、最悪の場合は「悪いとこどり」になってしまう可能性がありますので、スイングトレードをおすすめいたします。増え方は地味かもしれませんが、FXで大切なのは生き残ることなのです。

スイングトレードのお話しが終われば、デイトレードについてもお話ししていく予定です。当サイトにたくさんヒントを書いていますので、ぜひじっくりとご覧ください!


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

私がメインで使っているFX口座はこちら

ユーザー数が日本1でのFX口座
DMMFX
5
運営会社株式会社DMM.com証券
特徴FX口座数日本一&50万口座
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実
DMMFX

DMM FXは、FX口座数が日本1で、その数50万口座を突破した、日本で一番メジャーなFX口座です。私もFX初心者の頃から使い続けている口座です。

スプレッド(手数料)が狭いのはもちろんのこと、スマートフォン取引でも使い勝手がいいツールが充実していて、初心者からベテラントレーダーまで幅広い層に使われています。

取引上の不安やトラブルにも対応するサポート体制も充実しているので、1番最初に開設する口座としてはベストの口座と言えます。

 

今なら口座開設&取引で20,000円キャッシュバック

DMMFXの口座開設でキャッシュバックを申込む

 

GMOクリック証券
FX取引高が4年連続世界1
GMOクリック証券
4
運営会社GMOクリック証券株式会社
特徴資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実

GMOクリック証券も、DMMFX同様、業界最狭のスプレッドにより、デイトレーダーからスイングトレーダーまで、幅広いユーザーに利用されている口座です。

また、iPhoneやAndroidでも使い易い取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

取引量と資産保有残高が世界第1位のFX口座。

 

今なら口座開設&取引で25,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設でキャッシュバックを申込む