1. ホーム
  2. FX取引手法解説
  3. ≫【スイングトレードとデイトレ】FX初心者はどっちがおすすめ?

【スイングトレードとデイトレ】FX初心者はどっちがおすすめ?

FXで稼ぎたいんだけど、スイングトレードが良いのか?それともデイトレードで攻めるか?

どっちの方が稼げるんだろう?

誰もが悩むところでしょう。どれくらいの収益を得たいのか、またFXのために取れる時間によっても変わってくるため、ライフスタイルが重要な鍵になってきます。

もちろんFXは生活資金から捻出してはいけません。ならば1万円くらいしかFXに費やすお金がない。

「スイングトレードをするなら少額トレーダーはだめだと聞くけれどどうなの?」

そういった悩みにすべてお答えします。あなたがどの投資スタイルでFXをやっていくべきなのか、またどの投資スタイルなら成功しやすいかもお話ししていきます

スイングトレードVSデイトレード【資金が少ない人の場合】

個人投資家も資金がある方が有利?

%e3%83%aa%e3%83%a0%e3%82%b8%e3%83%b3

資金の差が

  1. 資金が1000万円の人
  2. 資金が1万円の人

この二人を比較します。

先月の収益が口座残高に対して20%だった場合、aさんは200万円の儲けとなり、一方のbさんは2,000円の儲けになります。

bさんは、2,000円の儲けのために、一生懸命時間を費やして、よくやるよね〜

なんて、声が上がると思います。しかし、aさんもbさんも、同じ20%の収益だったのですから二人の腕は同じです。2人のトレード成績は同じです。

これが何を意味するかというと、

収益額はレバレッジを含めた投資額に比例する。

つまり、少額でFXを始めたとしても、取引を続けていく際に自己資金を増やしていけば、次第に収益は増えていくものです。

もちろん、収益が増えるということは、同時に損失リスクも増えるということです。大きな額を動かしていくと、負けた時のダメージは大きくなるのは当然です。

そのため、少額で取引している間に、取引の基礎やチャート分析を身につけ、取引額が増えた時でも落ち着いてトレードできる知識を身につけておくことが重要です。

結論

資金がある方が有利だが、はじめのうちは少額(1万円〜5万円)で取引を開始し、FXトレードに慣れていくことが重要!

資金が少ないとスイングトレードに向かない?

先ほど紹介した通り、資金の差が収益の差に繋がることは間違いありません。また、スイングトレードとデイトレードには次のように言われています。

  • スイングトレード=ストップを広めに設定しなければいけない
  • デイトレード  =ストップを浅く設定できる

ストップというのはストップロス注文のことで、いわゆる損切りラインです。スイングトレードでは、為替相場の微増微減でストップロス(損切り)を設定してしまうと、「損切りばかり引っかかり、大きく稼げない!」と思われているようです。

しかし、「スイングトレードを始める資金はどのくらい?資金管理はどうするの?リンク」の記事で詳細を解説していますが、ストップロス注文が広い浅いにかかわらず、スイングトレードでは収益を上げることができることがわかっています。

ただし、上記の記事で紹介した「サラリーマントレーダーがどこまで増やせるか」の手法であれば、1回あたりのトレードリスクが1%ですし、増え方に全く派手さはありません

500万円の資金なら10か月で150万円ほど増えますが、5万円の資金ならば10か月頑張っても15,000円程度ですから。この地味さが嫌でデイトレードに走ってしまう方が多いと思います。

昔とは違って1000通貨単位だけではなく1通貨からトレードできる証券会社もあります。

結論

リスク管理をきっちりとすることが条件ですが、少額でもスイングトレードは可能ということを伝えておきます。

スイングトレードVSデイトレード【とれる時間が少ない人の場合】

帰宅の遅い会社員はデイトレードに向かない?

%e4%bc%9a%e7%a4%be%e5%93%a1

FXを始めたばかりの時は「デイトレーダーってかっこいい!」と思ってしまいますよね。わたしはデイトレードもスイングトレードも難易度そのものはほとんど同じだと思っています。

ではなぜスイングトレードよりもデイトレードのほうが大変だと位置づけているのか?

デイトレードは新規注文から決済注文まで一日で完結するトレードスタイルになります。一日のうち市場が活発になる時間がありますが、デイトレードでその時間帯に参戦できないと利幅が取りにくいのです。

その時間帯は欧州からNY市場が重なる時間帯です。夕方頃から24時くらいまでで、それ以降は利幅を取るには難しい時間帯になります。

夜に忙しい人や初心者がFXで勝ちやすい方法とは?

FXで勝つには「【FXスイングトレードの成績公開】初心者はどれくらい稼げる?リンク」で詳しく解説しました通り、勝率で勝ちに行く方法は難易度が高いですが、利幅で勝ちに行く方法は比較的容易です。

その容易なはずの利幅が取れなければ、この方法で勝つことが大変難しいというわけです。ですので、市場が活発になる時間帯に参戦できない人には、デイトレードよりもスイングトレードをおすすめしているのです。

せっかく検証して使えるトレードルールだとわかっても、ほとんどのトレードチャンスを逃してしまっては、最悪の場合「悪いとこどり」になりかねません。

勝てるはずなのに勝てないという、夜に参戦できないトレーダーはご自身の生活サイクルから投資スタイルを思い切って変えてみるのも良いかもしれません。

結論

副業で始めるFX初心者のサラリーマンが、FXで利益を得るためには、4時間足を使ったスイングトレードがベスト!

スイングトレードVSデイトレード【資金の増え方で比較】

4時間足スイングトレードの資金の増え方の一例

4h

これは「スイングトレード成績公開リンク」のお話で解説したグラフになります。前回はリスクを2%にしていましたが、デイトレードと比較のためリスクを同じ1%にしました。

わたしが実際に15分足で使っているトレードルールをスイングトレード用に4時間足で運用した場合の結果です。トレード回数も4時間足ということなので回数も少ないですね。ホームラン級の利益をとることがこのトレードで勝つ秘訣になります。

100万円に対して4か月で約+173,000円という増え方です。少ないと思われるかもしれませんが兼業トレーダーが一日に数回チェックする程度でこれだけ増えれば良いほうかと思います。

15分足デイトレードの資金の増え方の一例

先に断わっておきますが、これはわたしの使っているトレードルールを忠実に執行した結果になりますが、8時~25時まで全てのエントリーポイントで注文執行できた場合の結果ですので、わたしの実際の成績とは異なります。ではデイトレードの結果をどうぞ。

15m

同じ期間の検証結果になります。25時~翌8時はさきほども書いたとおり、利幅がとりにくいことと、24時間FXできる人間はいないと思うので除外しました。4時間足のスイングトレードに比べると、回数は約15倍弱とかなり多いです。

増え方はきれいな右肩上がりになっていますね。これは1%負け続けてガツンと取り返すトレードルールだからです。期間内のトレードでは、1トレードで口座残高の+18.3%というのが最高のトレードとなりました。

15分ごとにチェックできれば、ほぼこの結果どおりとなります(スプレッドは5.0銭で計算)。わたしは寝るときや外出するとき以外は、15分ごと(各時間の14分、29分、44分、59分)にスマートフォンのアラームを鳴らしています。

15分足が確定する瞬間以外は見ないほうが良いトレードルールです。途中で値動きを見てしまうと人間はどうも期待しすぎてしまうので、中途半端に利益確定してしまったり、むやみに損切りしてしまったり、せっかくのトレードルールを厳守できなくなります。

管理人の豆知識

スイングトレードで利益を上げるには、チャート分析やトレードルールの徹底が重要ですが、それと同じぐらい「スイングトレードに適した口座選び(FX業者選び)」が重要です。

詳しくは「【2017年版】スワップ金利で選ぶスイングトレードに有利なFX口座ランキングリンク」をご覧ください。

スイングトレードVSデイトレード【まとめ】

FXで勝つ方法は主に2種類あります。何度もしつこすぎますが「勝率で勝つ方法」と「利幅で勝つ方法」です。

利幅で勝つ方法は勝率で勝つ方法より手法構築も執行も容易であるため初心者トレーダーには特におすすめしたい勝ち方です。

利幅で勝つ方法を選択したとして、取引が活発になるコアな時間帯(夕方~24時くらい)にFXのためにたっぷりと時間を確保できる方なら、「【保存版】勝率がグッと上がるFXスイングトレードのコツ」で紹介している内容を参考に、トレードルールを構築してください。

もし、「どうしてもデイトレードに挑戦したい!」とお考えなら、検証を重ねてリスク管理を絶対に怠らず、注文を執行できるという確固たる自信がついた後に、満を辞してデイトレードに挑戦してみても良いですね。

残業が多いサラリーマンの方で、夜の取引が確約できず、コアな時間帯にチャートを見ることができないなら、最悪の場合は「悪いとこどり」になってしまう可能性がありますので、スイングトレードをおすすめいたします。

増え方は地味かもしれませんが、FXで大切なのは生き残ることなのです。

まずは、少額でもコツコツ利益を積み上げ、FXの楽しさを体感し、小遣いを稼ぐことが大事です。一攫千金を狙っているようでは、FXの世界から間違いなく退場させられますので、ご注意ください。

お役に立てばシェアしてくださいね。

当サイト管理人が現在使用しているFX会社は、「GMOクリック証券」と「DMM FX」の2社です。

特に、GMOクリック証券の「FXneo」は、私のメイン口座で、スワップ金利やスプレッド(コスト)以外にも、魅力が多く、この口座を使い始めて利益が上がりました。

スマホバナー20160318

GMOクリック証券はFX取引額が世界ナンバー1の口座で、「取引額が世界1」ということは、「多くのユーザーにとって使いやすい!&魅力が多い!」ということ。

スマホアプリ「FX DASH」は他のアプリより圧倒的に使いやすく、直感的に操作できるので、外出先でも投資判断ができるようになります。

もちろん、「無料で口座開設&入金なしでもツールの使用可」なので、口座をお持ちではない方は、まずは無料で口座開設し、便利ツールを体感してみてはいかがでしょうか。

  • ドル円原則0.3銭固定は最狭クラス!
  • FX取扱高5年連続世界1位!
  • 預り資産3年連続国内1位!
  • 4人に1人のトレーダーが利用!
  • 直感的に操作可能なツールが豊富!
  • スマホアプリの使いやすさがナンバー1!

今なら、口座開設で最大30,000円のキャッシュバックキャンペーン中

GMOクリック証券の公式サイトはこちら


詳しくは、「人気FX口座16社を数値化!総合評価ランキング」で各社口座比較を行なっていますので、参考にご覧ください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。