1. ホーム
  2. FX取引手法解説
  3. ≫スイングトレードで勝つためのレバレッジは?本当の計算方法を教えます!

スイングトレードで勝つためのレバレッジは?本当の計算方法を教えます!


スイングトレードだったらレバレッジをあまりかけないほうがいいよ!」

 

一度はそう言われたりネット上で見たりしたことはありませんか?それは間違いではありません。FXが趣味で相場をはっているなら問題ありません。

ですが、勝つためにお金を増やすためにFXをやっているなら、ぜひ今回の記事を御覧ください。スイングトレード最高の戦略は「利幅で勝ちに行く」とお話ししました。今回は最高の武器の紹介です!

決して高レバレッジを推奨しているわけでも、低レバレッジを否定しているわけでもありません。勝つためにはレバレッジを含めて、「スイングトレードを始める資金はどのくらい?資金管理はどうするの?」でお話ししたとおり、資金管理が最も大切なことです。

今回はレバレッジを一定にした場合のトレード成績と、しっかりリスク管理をした場合のトレード成績を比較いただこうと思います。レバレッジを安全かつ最大限に生かせばどのようにお金が増えるかお話ししていきますね。

スイングトレードでレバレッジをかけてはだめというのは本当?

高いレバレッジをかけてトレードするとどうなる?

%e3%82%ab%e3%82%b8%e3%83%8e

少し昔、レバレッジに規制がかかる前は「ギャンブルトレード」という言葉もありました。できるだけ高いレバレッジをかけてトレードするものです。上がるか下がるか?まさにギャンブルです。

ギャンブルトレードであっという間に億単位のお金を得て、それからすぐまたあっという間にお金が1,000円になってしまったというトレーダーもいました。FXが怖いと言われるのはこういった経験談が語り継がれているからでしょう。

根拠のある高レバレッジなら良かったかもしれませんが、そのトレーダーははっきりとしたトレードルールがなく、ほぼ自己の勘でトレードしていました。その姿にネット民から「かっこいい!」ともてはやされていたので、それも災難したのかもしれません。

根拠があっても極端な高レバレッジはおすすめしません。今は規制があるので個人トレーダーは極端な高レバレッジはかけることができませんが、相場が急変した場合のことも考えて高レバレッジは避けたほうが良いと考えます。

あとで「サラリーマンが高レバレッジでスイングトレードしてみた」というお話を紹介します。100万円の資金がどうなったか?ご覧くださいね。

スイングトレードでもレバレッジは最高の武器になる!

前回「スイングトレードとデイトレード」のお話の中で、リスクを口座残高の1%に限定しているのに口座残高の18.3%の利益を得る方法を紹介しました。

これはレバレッジをかけたからこそできたのです。レバレッジをかけなければここまで増えません。

%e3%83%ac%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b8%e3%81%af%e6%ad%a6%e5%99%a8

口座残高が約245万円に対してリスクは1%なので約24,500円になります。ストップロス注文を置く位置まで13pipsだったので、最大で24,500÷0.13≒18.9万通貨をたてることができます。

ポンド/円が150円だった場合、18.9万通貨をレバレッジかけずにたてるとすると必要な資金はなんと2835万円です。このケースでもレバレッジは10倍以上はかけていることになります。

何の計画もない高レバレッジトレードと違って、厳格なトレードルールそれを執行し続ける努力資金管理の3つが揃った場合にはレバレッジは最高の武器になります。それはスイングトレードでもデイトレードでも同じことです。

スイングトレードでレバレッジをかけるとどうなるか実験してみた

スイングトレードでとにかく高レバレッジをかけてみた場合

%e4%bc%9a%e7%a4%be%e5%93%a1

初心者兼業トレーダーの会社員が高レバレッジをかけてスイングトレードした場合、どうなるか実験してみました。

「儲けている勝ち組トレーダーのブログも読んだし、基礎はかなり適当だけど何とかなるかな~」と100万円を元手にスタート!

  • 開始資金   1,000,000円
  • レバレッジ  20~25倍程度
  • スプレッド  5.0銭で計算
  • 使用時間足  4時間足
  • 通貨ペア   ポンド/円
  • トレード手法 移動平均線のクロスでトレンド判断、平均足の色確定で執行

「トレード手法もオーソドックスだし、4時間に1回スマホでチェックするだけでいいし。なんとかルールどおりにできそうな気がする。半年後には結構増えて海外旅行にでもいけるんじゃないかな?」

そしてその4か月後…結果は?

%e5%8d%b1%e9%99%ba%e3%81%aa%e4%be%8b

「うそでしょーっ!?」

  • 開始資金 1,000,000円
  • 現在資金  954,513円
  • 勝率   35.7%

画像の薄緑■部分で一時的に100万円が420万円になって有頂天の彼でしたが、途中から雲行きがどんどん怪しくなっていきます。途中で画像の黄色■のように53万円まで減ってしまいました。

最終的には原資の100万円の回復にも至っておらず、すっかりFXが怖くなってしまった彼でした。原因は手法にあるわけではありませんね。無計画な高レバレッジは破滅への道を突き進みますのでご注意を!

一番危険なことは、このトレーダーのように無計画なのに最初にガツンと儲かってしまうことです。無計画なトレードで、たまたま資金が増えただけなのにまるで成功したように勘違いしてしまうと変な癖が治りにくくなってしまいます。

当サイトでは何回かに分けて、スイングトレードの勝ち方をたくさん書いていますので、ぜひそのヒントをくみ取って計画的なスイングトレードを行ってくださいね。

スイングトレードでレバレッジをほどほどにかける場合は?

%e3%83%aa%e3%83%99%e3%83%b3%e3%82%b8

「つ…次こそは!」

 

無計画な高レバレッジをかけたスイングトレードに懲りた初心者兼業トレーダーの彼。同じトレード期間・同じトレード箇所を、高レバレッジではなく5倍以下の低レバレッジならどうだったのかをようやく本腰を入れて検証してみたようです。

%e4%bd%8e%e3%83%ac%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b8

「おおおおお!これなら最終的にプラスだ!」

 

とても喜ぶ彼です。グラフの推移をみると最終的には一度も原資を割ることなくプラスですが、これはたまたまだと思います。一見、安定しているようにも見えますがFXの最高に美味しい部分を生かしきれていませんし、今後の成績には疑問が残りますよね。

理想的なのは、やはり右肩あがりの増え方なのです。FXをやるからには増やしましょう。そしてやるからには覚悟を決めて取りかかることです。本業で疲れているから…忙しいから…ではなく儲ける気があるなら、本気で取り組む覚悟が必要なのです。

過去記事「【FXスイングトレードの成績公開】初心者はどれくらい稼げる?」で勝つための方法を書いています。参考になれば幸いです。

FX【レバレッジ×リスク管理=最強の武器】

トレード成績公開【レバレッジを一定にした場合】

  1. レバレッジを一定にしたもの
  2. レバレッジ×リスク管理をしたもの

この2つを比較したいと思います。同じトレードルール下でロット計算方法が異なるとどうなるかを見ていきましょう。まずはレバレッジを一定にした場合です。

下の表は過去記事「スイングトレードとデイトレード」で使用したトレードルールをそのままレバレッジ一定へ変更しただけのものです。レバレッジが20倍程度になるようにしています。口座残高÷10でロット数を出しました。

%e3%83%ac%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b8%e4%b8%80%e5%ae%9a

4か月間ほどですが結構な勢いで増えています。増え方も汚いですが右肩あがりになっていますよね(これは15分足を使用したものですからスイングトレードの成績とは異なるものです)。特に、EU離脱問題によるポンド暴落で大きく利益が出ています。

増え方としては問題なさそうな今回の条件ですが、肝心のトレードの中身もみていただこうと思います。これはリスク管理は除いて実際にわたしが使っているトレードルールですが、もし今回の結果になると怖くてトレードできなくなってしまうでしょう。

%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%af%e5%a4%a7

右から2番目のセルは今回の1回のトレードで、口座残高がどれくらい増減したかを出したものです。一番上のトレードであれば、-2.4%口座残高が減ったということです。では水色で囲った部分にご注目くださいね。

なんと1回のトレードで口座残高が-10.5%になっています。100万円で始めるとすると、1回のトレードで90万円を少し下回るということです。これはかなり痛い結果です。このあとに次のトレードを平常心で執行できますか?(わたしはできないです…)

「あ、でもこの直後に1回のトレードで+49.1%も取れているからいいじゃないの?」

この考え方は非常に危険です。取れたのは結果論であって、大きく利益を取れる保障はどこにもありません。続けてストップロスにかかれば、もしかすると合計-20%を超える損失が出ているかもしれません。

よって、リスクが一定ではないレバレッジ一定方式はリスクが高すぎて、途中でトレードルールどおりに執行できなくなる可能性が高いと判断します。せっかく構築して検証を重ねたトレードルールも投げ出しては意味がありません。

トレード成績公開【レバレッジ×リスク管理をした場合】

次はレバレッジ×リスク管理をしたものです。

わたしは「レバレッジ×リスク管理」を最強の武器と呼んでいます。その理由は下でご覧くださいね。まずは結果にご注目ください。

%e7%b5%90%e6%9e%9c

「あれ?同じトレードルールでもレバレッジ一定のほうが口座残高多いじゃん!」

確かに結果的にはそうなりました。しかし、レバレッジ一定の場合は1回のトレードで約-10%の損失が出ましたよね。勝率50%としても10連敗することだって十分にあり得ますし、わたしのトレードルールでは15トレード連続で利益が出ないなんてことが実際にあります。

何が起こるかわからない、連敗になるかもしれない、だからこそリスク管理をしっかり行っていかなければ一時的に勝つことができても、勝ち続けることが難しくなるのです。

勝ち続けるために、レバレッジ×リスク管理をしっかりと行います。しつこくて本当に申し訳ありませんが、1回のトレードあたりのリスクは口座残高の1%(多くても2%)とします。

ストップロスまでの幅が小さい場合はロット数を大きくできますので、そこで大きな利幅がとれれば大成功。レバレッジもかかって最大限にFXの旨味を生かすことができます。

そうです、スイングトレードの容易な勝ち方は利幅をとること。利幅をとるときはストップ幅が小さくできる箇所(つまりレバレッジをかけることができる箇所)が特に旨味があるので取りこぼさないように注文を執行していく。勝つためにはこれなのです。

%e5%b1%a5%e6%ad%b4

9連敗ですが1回あたりの損失は1%以下なので精神的なダメージはそこまでありません。負けが続くと次に大きく取れることが多いので「このトレードルールだめだ」と言って投げ出すこともありません。

過去のデータと現在も検証を継続しているからこそ、精神的な安定がありますし自信がついています。自分の手で検証することの大切さを改めてお話しさせていただきました。

スイングトレードで勝つためのレバレッジ まとめ

スイングトレードでレバレッジをかけると危ないと言われるのは、ストップ幅を考慮せず単純に口座残高から割り出したロット数で建てているからだと言えます。

「口座残高10万円に対して1万通貨をたてますが、スイングトレードなのでストップ幅は200pipsに設定します」

こんなトレードルールなら誰が聞いても危険ですよね。3連敗するだけで口座残高は半分以下になってしまいます。じゃあレバレッジは極力低くしないと…となりがちですが、それもおすすめできません。勝ったときの利益が少なすぎるからです。

しつこいですが、まずはリスク管理からです。徹底したリスク管理から設定したロット数(レバレッジ計算)ならレバレッジが少々高くても規制の範囲内であれば、よほどの相場の急変がない限りはリスクは極めて低いのです。

一概に「スイングトレードではレバレッジをかけてはいけない」と決めることも勿体ないことであると思います。FXのうま味を最大限に生かすならば、レバレッジ×リスク管理という最高の武器を使いましょう

この最高の武器に利幅で勝ちに行くという戦略をとれば、1回1回負けることはもちろん何度もありますが、トータルで負ける方が難しいと感じるようになります。

当サイトでは今後もスイングトレードやデイトレードなどで実践的に役にたつ本物の情報を発信していきますよ。良かったらご覧くださいね。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

私がメインで使っているFX口座はこちら

ユーザー数が日本1でのFX口座
DMMFX
5
運営会社株式会社DMM.com証券
特徴FX口座数日本一&50万口座
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実
DMMFX

DMM FXは、FX口座数が日本1で、その数50万口座を突破した、日本で一番メジャーなFX口座です。私もFX初心者の頃から使い続けている口座です。

スプレッド(手数料)が狭いのはもちろんのこと、スマートフォン取引でも使い勝手がいいツールが充実していて、初心者からベテラントレーダーまで幅広い層に使われています。

取引上の不安やトラブルにも対応するサポート体制も充実しているので、1番最初に開設する口座としてはベストの口座と言えます。

 

今なら口座開設&取引で20,000円キャッシュバック

DMMFXの口座開設でキャッシュバックを申込む

 

GMOクリック証券
FX取引高が4年連続世界1
GMOクリック証券
4
運営会社GMOクリック証券株式会社
特徴資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実

GMOクリック証券も、DMMFX同様、業界最狭のスプレッドにより、デイトレーダーからスイングトレーダーまで、幅広いユーザーに利用されている口座です。

また、iPhoneやAndroidでも使い易い取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

取引量と資産保有残高が世界第1位のFX口座。

 

今なら口座開設&取引で25,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設でキャッシュバックを申込む