1. ホーム
  2. FX取引手法解説
  3. ≫スイングトレードを始める前に読んでおきたい本5選

スイングトレードを始める前に読んでおきたい本5選


スイングトレードに関しては、「初心者でも簡単!テクニカルチャート分析を使ったスイングトレードを徹底解説」や「FX初心者におすすめの投資スタイル!スイングトレード入門」で詳しい情報を解説していますが、今回はスイングトレードを始める前にしっかりと読んでおきたいおすすめの本を5冊紹介します。

便利な世の中になったものでちょっと知りたい情報はすぐネットで検索すればでてきますが、じっくり勉強していただきたい特にメンタル面の知識は本で得ることも重要だと考えています。

読みやすいものから読みごたえのあるものまで紹介していますので、ぜひご覧ください。

スイングトレードを始める前に学んでおくべきことは2つ

メンタル面

6d7d03d48271a903c1077ec6128b8d1b_s

スイングトレードは数日から数週間のポジションを保有するトレードとなります。長い期間だからこそ、トレードルールは厳守すべきだとお話ししてきました。

しかしポジションを持っている間にもむずむずとこういう気持ちが湧き出てきます。

 

「うはっ!含み益がすごい。これは今のうちに利益確定したいな…」

「もうこんな含み損に耐えられない、決済しちゃいたい!」

 

こういったトレードルールを逸脱する行為は長い目でみてわたしは賛成できないです。浮気はいけません、きっちりとこれと決めたトレードルールを最後まで執行していきましょう。

FXの腕が上達してくると、一時的な負けは怖くなくなります。決して負け慣れてしまったのではありません。負けも勝ちもすべて想定内のことなのです。負けても勝っても最終的に利益が残るのがわかっているから恐怖など存在しないのです。

 

「機械のようにトレードをするなんて無理よねー」

「負けたら悔しいでしょ?」

 

負けて嬉しい人はおそらくいないですが、1回1回の負けを上級者は気にしていません。機械のようにトレードをできるようにはなれます。

強靭なメンタルを形成するために、ぜひ読んでおきたい本を紹介していきます。決して本を読んだだけでメンタルが強靭になるわけではないですが、その一助となってくれるでしょう。

テクニカル面

324f9912b58691ccd8052b4183a2bf8d_s

メンタルがいくら鍛えられたとしてもテクニカル分析の知識がなければ、勝つためのトレードルールを構築することもできません。よって勝ち続けることはできません。

テクニカルに関するある程度の知識があってこそ、トレードルールを構築することができ、検証⇒修正⇒検証…⇒トレードルールの完成へとたどり着くことができます。

テクニカル面でも勉強になる本を紹介していきます。

スイングトレードを始める前に読んでおきたい本【メンタル編】

投資苑2 Q&A

かの「投資苑2 トレーディングルームにようこそ」を理解できたかどうか?持っているけど読み流しているかも?という方は「投資苑2 Q&A」をぜひ手に取ってみてほしいと思います。

この下の画像はわたしの「投資苑2 Q&A」の中身です。これが問題のページになります。後にある解説部分は初心者時代に勉強した蛍光マーカーだらけです。

%e6%8a%95%e8%b3%87%e8%8b%912

100問の問題があり、それを解いてからその解説を読んで理解を深める形になります。10年前に買ったものですが、今読み返しても十分に役に立つ内容です。手法的なところは読み流しても大丈夫です(当サイトのほうがおそらく実践的)。

当たり前の内容だからこそ、軽視してはならないのです。資金管理、トレード記録、マインド等々。当たり前でも大切なことがたくさん書いてあります。古い本で手に入るかわかりませんが、素直に勉強してみようという方にはおすすめです。

~1日3度のチャンスを狙い撃ちする~待つFX

えつこさんというトレーダーが成功するまでの苦労というよりも努力のお話を赤裸々に書かれたものです。レバレッジ規制が入ってからはわかりませんが、数万円を毎月100万円単位まで増やすという驚異の成績を残されています。

えつこさんのトレードルールは、テクニカルインジケーターが「上を向いたら」系なのでそれが苦手なわたしは上手くいきませんでした。それが得意な方で、ある程度の時間が確保できてチャンスをひたすら「待つ」ことできる人はやってみられたら良いです。

読んでほしいのはトレードルールではなく、成功するまでの努力の姿です。自分の手でやってみる、計算してみる、ノートにつけて見返す。記録をつけることでさまざまな発見があります。相場はいつも思い通りにはならない、だからとれるところで利益を取る。

実際のノートの写真も掲載されていますが、それを見ると本当に努力されている方だと思いました。また、ポジション数(固定の場合)を増やすのは毎月の○○日頃と明記されています。これはわたしなら辿り着かない考え方だと感じました。

トレードルールはデイトレード向けでもあるので、それよりも成功するまでの努力の仕方として、ぜひ一度読んでいただきたい本です。

裁量トレーダーの心得 スイングトレード編

「裁量トレーダーの心得 初心者編」も出ており、初心者の方がFXという世界に入りやすく、かつ規律正しいトレーダーになるにはもってこいの本です。

紹介します「裁量トレーダーの心得 スイングトレード編」ではスイングトレードに限らず知っておきたい資金管理や心理面についてもわかりやすく書かれています。

(資金管理については、「スイングトレードを始める資金はどのくらい?資金管理はどうするの?」で詳しく解説しています。)

いくつかのスイングトレードのトレードルールが紹介されているので参考にされても良いと思います。ただ注文執行時に裁量が入るものになるので、ほぼ無裁量でトレードしたい人にはこのトレードルールはおすすめしません。

ゾーン「勝つ」相場心理学入門

FXトレーダーには言わずと知れたメンタル本です。かなり難しい本ですが非常に読み応えがあります。これを購入した当時はチンプンカンプンでしたが、ようやくこの本を理解できる域に達したかなと思ったので紹介したいと思います。

最上級者は、(中略)トレードに内在するリスクで、自分の規律、集中力、自信を失うことはないのである。

当時はこう書かれている意味がわかりませんでした。最上級者と自分の何が違うのか悩んだものです。今は読み返してみると「そう!そう!」とうなづいてしまいます。かなり深い文章です。

第7章「トレーダーの優位性 確率で考える」を理解できるようになってきたときに、何か呪縛から解放されたような気持ちになりました。やっと「勝ちにいくのだ」という気持ちが覚醒したのです

もう一度言わせてください、これは難しい本です。初心者トレーダーがいきなり理解できる本ではないと思います。ある程度勉強されたトレーダーで、少しつまづいていると感じたときにじっくりと読んでみると、すーっと腑に落ちるかもしれません。

中級者以上でFXにつまづいている方は、当サイトで勉強することと「ゾーン」の併用がおすすめです。ぜひ一度手にとってみてはいかがでしょうか。

スイングトレードを始める前に読んでおきたい本【テクニカル編】

世界一わかりやすい!FXチャート実践帳

現在は国会議員をされていますが、トレーダーとしても素晴らしい今井雅人さんの著書になります。わたしはこのシリーズのデイトレード編(くじらの青いイラストが表紙)も持っています。

実際にチャートの問題形式であることに感動しました。練習問題は67あるので真剣に取り組んでみることをおすすめします。今井さんと同じトレンドラインや支持線・抵抗線がいきなり明日からでも引けるようにはなりませんが、勉強になることは確かです。

わたしはライントレードは今は一切していませんが、トレンドラインや支持抵抗線、チャートパターンの知識があるから今のトレードルールが構築できたのではないかと思っています。

まとめ

今回5冊を厳選するにあたって、なぜメンタル面で4冊とテクニカル面で1冊にしたのか?それは、よく勝っているトレーダーも言う通り、「手法に重きをおかない」「手法だけでは勝てない」ということです

わたしが、スイングトレードカテゴリーに投稿している記事でも何度も言っているとおり、理にかなったトレードルールなら大抵トータルで勝てるのです。即席で作ったトレードルールでも勝てるのは、メンタル面で安定しているのと、テクニカル面の知識を蓄積しているからです。

勝つために構築されたトレードルールを厳守し執行していくのも、資金管理を守ってトレードしていくのも安定したメンタルでいられるからこそできることなのです。

メンタルが安定するためには実績を作り上げること。実績とは勝った実績ではなく、しっかり自分の手で検証に検証を重ねていくことなのです。

わたしは何年も前にこれらの本を手にとりましたが、当時はそのありがたみがわからなかったのです。勝てるようになって改めて読み返すと「なんて大切なことが書いてあったのだろう」と思います。

勝つための思考づくりにじっくりと本を読んでから、トレードルールづくりの検証をしてみてはいかがでしょうか。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

私がメインで使っているFX口座はこちら

ユーザー数が日本1でのFX口座
DMMFX
5
運営会社株式会社DMM.com証券
特徴FX口座数日本一&50万口座
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実
DMMFX

DMM FXは、FX口座数が日本1で、その数50万口座を突破した、日本で一番メジャーなFX口座です。私もFX初心者の頃から使い続けている口座です。

スプレッド(手数料)が狭いのはもちろんのこと、スマートフォン取引でも使い勝手がいいツールが充実していて、初心者からベテラントレーダーまで幅広い層に使われています。

取引上の不安やトラブルにも対応するサポート体制も充実しているので、1番最初に開設する口座としてはベストの口座と言えます。

 

今なら口座開設&取引で20,000円キャッシュバック

DMMFXの口座開設でキャッシュバックを申込む

 

GMOクリック証券
FX取引高が4年連続世界1
GMOクリック証券
4
運営会社GMOクリック証券株式会社
特徴資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実

GMOクリック証券も、DMMFX同様、業界最狭のスプレッドにより、デイトレーダーからスイングトレーダーまで、幅広いユーザーに利用されている口座です。

また、iPhoneやAndroidでも使い易い取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

取引量と資産保有残高が世界第1位のFX口座。

 

今なら口座開設&取引で25,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設でキャッシュバックを申込む