1. ホーム
  2. FX取引手法解説
  3. ≫FX初心者がスイングトレードで逆張りをすることは有効?

FX初心者がスイングトレードで逆張りをすることは有効?


FXのトレード手法にはさまざまなものがあります。

  • トレンドに従って流れに乗って仕掛ける「順張り」
  • トレンドに逆らって逆の方向に仕掛ける「逆張り」

どちらが良くてどちらが悪いか、また有効か無効かはトレードスタイルにもよるため、一概に決めることはできません。

今回はスイングトレードでFX初心者が逆張りを行うとすると注意すべき点と避けたほうが良い局面、また有効な局面についてお話しします。

順張りと逆張りの違いは?

トレンドとは

相場では買い手と売り手がいます。買い手が優位に立つ局面では上昇トレンドとなる可能性がでますし、売り手が優位に立つ局面では下降トレンドとなる可能性があります。

jyousyou

たとえば上昇トレンドはどういうものか?図で表しましたので、上の画像を御覧ください。最初にできた山の高値Aと安値Bと、次の山の高値Cと安値Dがあります。

上昇トレンドの場合は高値Aよりも高値Cが高く、安値Bよりも安値Dが高くなります。トレンドはこの繰り返しで、次にできる山の安値が2つ前の安値Bよりも下回った場合は上昇トレンドは一旦終了と考えるトレーダーが多いです。

上昇トレンドが一旦終了すれば次はどうなるでしょうか?そのまま下降トレンドへ進む場合もありますが、トレンドのない横ばいの状態が続くこともあります。

順張りと逆張り

仕掛ける方向として大きく分けると順張りと逆張りがあります。さきほどの画像に丸印をいれました。この赤の丸印の局面で上昇を狙う方法が順張りになります。

shikake

順張りのメリットとしてはトレンドがでている中で流れにそって仕掛けるので、わかりやすく勝率もそこそこ狙えるということです。

最大のメリットは、大きく利幅を狙える可能性があることです。ストップロスまでの距離よりも利益確定できた距離が大きくなるのが順張りの特徴でもあります。

良いところばかりでもなく、細かい仕掛け場所がわかりにくいというデメリットもあって難しいと敬遠するトレーダーもいます。

shikake2

一方、逆張りの場合を考えてみます。今度は緑色の丸印の箇所が逆張りとして仕掛ける場所になります。

山の頂上付近からそこが最高値と推定して仕掛けるため、ここから上昇トレンドが崩れて下降トレンドに移行した場合は「頭からしっぽまで」利益を得ることも可能だということです。

逆張りは基本的に流れに逆らって仕掛けますので、ストップロス注文を入れておかなければ大きく損をする可能性がありますので注意が必要です。

またどこが上昇トレンドの終わりかなど誰にもわからないことですので、勝率が著しく落ち込むこともあります。

逆張りのトレード方法はどういうものがある?

逆張りの仕掛けスタイル2種

逆張りのスタイルとして2種類を紹介しますがこれらが全てではありません。結果的に順張りとなることもあります。

  1. 長期トレンド順行型の逆張り
  2. 長期トレンド逆行型の逆張り

トレンド順行型の逆張りとは、長期足で見ると上昇トレンドだけれど執行時間軸では下降トレンドとなっている中、短期的な逆張りとなる買いを行うトレードです。

トレンド逆行型の逆張りとは、長期足も執行時間軸も下降トレンドとなっている中、長期的かつ短期的な逆張りとなる買いを行うトレードです。

長期トレンド順行型の逆張り

トレンドは勢いづくとその方向へどんどん進んでいきます。長期トレンドは短期トレンドを簡単に飲みこんでしまいます。その性質に注目しトレードしていくスタイルが長期トレンド順行型の逆張りになります。結果的には順張りであると言えます。

長期足で上昇トレンドだが、短期足では下降トレンドを形成して下降途中の場合、短期足だけ見ると売りを考えるトレーダーが多いと思います。ただ長期足が上昇トレンドということを鑑み「どこで買いにいくか検討中で押し目まち」というトレーダーも存在します。

長期トレンドに逆らっていないので大きく利益を獲得できることがあります。ただし短期下降中のためストップロス注文は入れておきましょう。

長期トレンド逆行型の逆張り

こちらが世間で言われている一般的な「逆張り」となります。長期足のトレンドにも短期足のトレンドにも逆らってトレードを行うものです。

流れに逆行するのでピンポイントで利益確定の入るところや前回高値付近などの意識されている価格帯で新規注文を入れる必要があり、ストップロス注文も必ず入れておきます。

利益確定の入りやすいところというのは「きりの良い数字」(たとえば100.00円、100.50円など)であったり、上昇トレンド中であれば「前回高値付近」になります。

買いの利益確定が入るということは、つまり決済の売りが入るということです。多くの決済売りが入れば、価格は下がります。

さらに「きりの良い数字」と「前回高値付近」さらに「以前に何度も止められている価格帯」などといった複数の要因が重なると、トレーダーたちも一気に決済売りを執行するため急降下する場合があります。

そうなると徐々に新規売り注文が増えていきます。そしてトレンド転換となる可能性がでてきました。ここでトレンド転換になったなら、下落トレンドを頭から取れるということです。

逆張りを行うとした時の例と注意点

逆張りをする際の仕掛けの一例

FX初心者トレーダーが逆張りをする場合は、長期トレンド順行型の逆張りをおすすめします。全くのFX初心者が長期トレンド逆行型の逆張りをする場合、最低でも支持線と抵抗線の引き方や理論を学んでおく方が良いです。

長期トレンド順行型の逆張りならば、短期的には逆張りですが長期的には順張りとなるため利益が伸びやすいというメリットもあります。機械的に判断するトレードルールを作成したいのであれば例えばこんなものがあります。

2016-11-23-1-24-20

移動平均系テクニカルインジケーターを2本使い、日足でそのテクニカルインジケーターを2本とも超えて確定した箇所を黄色で色づけしました。

2016-11-23-1-26-09

これはユーロドルの15分足です。さきほど日足チャートで色づけされたところですので、長期は下落トレンドと仮定しておきます。15分足では上昇していますが、15分足の移動平均系2本を超えて確定した足で新規売りを行います。

ストップロス注文は移動平均系2本を超えた足の高値に設定します。リスク管理にもどづいて口座残高の1%までをリスクとし、ストップロス幅からポジション数を割り出すことを推奨します。

利益確定は移動平均系2本を上に超えて確定した足の終値とすると、長期トレンドに乗った場合は大きく取れます。このトレードルールを使ってトータルで利益がでるのかは、ぜひご自身の手で試してみてください。色々な気づきがでてくるでしょう。

このトレードルールでスイングトレードを行うとすれば、日足と1時間足や週足と4時間足でも良いでしょう。これも検証してみてください。

スイングトレードで逆張りをする時に注意すべき点

安易に逆張りをすると成績は安定しませんので、よく検証されてからトレードするようにしてください。

上昇トレンドにおいて前回高値付近では利益確定が入りやすいとは言っても、必ず入るとは限りませんし一瞬だけ下げて再度上昇してしまったということも度々あるのです。トレンドの継続期間にもよりますし、さまざまな要因で上がったり下がったりします。

逆張りを行うときは流れに逆行していることを常に念頭において、思惑と違う方向へ動いた場合は素直にポジションを閉じるなどの対応をしてください。

一番危険なことは逆張りをしているのに、何の考えもない増し玉をすることです。考えがあって、リスク軽減のためのポジションメイクであれば問題ありません。しかし、ただただ平均価格を良くしたいという理由で増し玉(難平)をすることは考えものです。

スイングトレードで逆張りのまとめ

FX初心者トレーダーにおすすめできるトレード方法は、長期トレンド・短期トレンドともに同じ方向で仕掛ける順張りです。理由は利益が伸びやすく判断もしやすいからです。

逆張りにチャレンジしたいという場合は「長期トレンド順行型の逆張り」のほうが「長期トレンド逆行型の逆張り」よりも比較的取り組みやすいと言えます。なぜなら結果的には順張りと言えるからです。

長期トレンド順行型の逆張りは、順張りよりも比較的早めに建玉することができる場合があります。それによって利益も大きくなります。検証は必ず行ってください。安易な逆張りは資金が簡単に減ってしまいます。

逆張りで注意しておく点は、流れに逆行しているため思惑と違う方向に進んでしまった場合、大きく損をする可能性があります。よってストップロス注文は必須です。素直にそれを受け入れましょう。決してむきになって難平などしないようにしてください。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

私がメインで使っているFX口座はこちら

ユーザー数が日本1でのFX口座
DMMFX
5
運営会社株式会社DMM.com証券
特徴FX口座数日本一&50万口座
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実
DMMFX

DMM FXは、FX口座数が日本1で、その数50万口座を突破した、日本で一番メジャーなFX口座です。私もFX初心者の頃から使い続けている口座です。

スプレッド(手数料)が狭いのはもちろんのこと、スマートフォン取引でも使い勝手がいいツールが充実していて、初心者からベテラントレーダーまで幅広い層に使われています。

取引上の不安やトラブルにも対応するサポート体制も充実しているので、1番最初に開設する口座としてはベストの口座と言えます。

 

今なら口座開設&取引で20,000円キャッシュバック

DMMFXの口座開設でキャッシュバックを申込む

 

GMOクリック証券
FX取引高が4年連続世界1
GMOクリック証券
4
運営会社GMOクリック証券株式会社
特徴資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実

GMOクリック証券も、DMMFX同様、業界最狭のスプレッドにより、デイトレーダーからスイングトレーダーまで、幅広いユーザーに利用されている口座です。

また、iPhoneやAndroidでも使い易い取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

取引量と資産保有残高が世界第1位のFX口座。

 

今なら口座開設&取引で25,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設でキャッシュバックを申込む