1. ホーム
  2. FX用語集
  3. ≫キャピタルゲインとは

キャピタルゲインとは

キャピタルゲインとは、自分の保有する資産の価値が変動し、それに伴って資産を売買することで得られる利益のことを指します。少ない価値で購入し、価値が大きくなったら売却することで、その差額分の利益が生じます。

 

これとは逆に、資産の価値の変動によって損額が出てしまうことを、「キャピタルロス」と言います。また、キャピタルゲインと対になる言葉に、「インカムゲイン」があります。こちらは、資産を保有することで受け取ることの出来る、安定した収入を指します。

 

スポンサードリンク

FXでのキャピタルゲイン

FXにおいては、保有する外貨が資産となります。為替相場の変動を予測し、売買することで利益をつかむことがFX取引における目的です。安い時に買い、高くなったら売る、この方法で利益を生み出していきます。

 

FXと似ているものとして、よく比較されるのが外貨預金です。外貨預金は日本円での預金を、外国の通貨に変換して預ける方法です。どちらも相場の変動によって利益を生み出すことに変わりはないものの、FXのほうがキャピタルゲインの可能性が広がっています。

 

まず、外貨預金はあくまでも預金です。そのため、お金を預け入れるところからのスタートとなります。キャピタルゲインを狙うには、これから円安になっていく時でないとチャンスがありません。

 

それに対して、FXはお金を売買することでキャピタルゲインを狙います。最初の行動はお金を売ることでも、買うことでも、どちらでも可能なわけです。よって、これから円高になるだろうという時には、まず外国の通貨を売ればよいわけです。

 

円高でも円安でも、いつでも始められるのがFX取引の良いところです。チャンスは外貨預金に比べると、かなり大きなものとなっています。自分のタイミングで自由に始められますね。

 

キャピタルゲインの落とし穴

こうして見ると、非常に簡単に利益を上げることが出来そうに思えます。が、場合によっては損失になってしまうことも、きちんと心に留めておきましょう。為替の相場は生き物です。時には考えていたのと全く違う動きを見せることもあります。

 

良そうと反する動きをしてしまった場合、それは損失となって自分に降りかかります。常にそうした恐れがあるということを自覚し、必ず余裕のある資金状態の中で運用を行いましょう。

 

特にFX取引では、レバレッジ取引という、手持ちの資金よりも大きな金額で取引を行うことの出来る制度があります。利益が出る時には、一気に資金が増えますが、損失の時にも同じこと。あまりに高いレバレッジを設定してしまうと、損失額が払えずに借金となってしまうことだってあり得ます。

 

キャピタルゲインで利益を得ようと思ったら、リスクの有無をしっかり確認し、出来るだけのデータを集め、しっかりと相場の変動を予測しましょう。安易に大金を動かして失敗することのないようにして下さい。

お役に立てばシェアしてくださいね。

サラリーマンなどの副業投資家にはGMOクリック証券が使いやすくて便利です

外出先でもPCと同じ感覚でチャートが見れるGMOクリック証券の「FX DASH」は、副業でFX取引を行う方におすすめです。

FXneo_FXdash

  • PCツール以上にチャート分析しやすい!
  • 簡単操作でFX初心者でも直感的に扱える!
  • 口座のスワップ金利が高い&スプレッドも狭い!
  • 自宅でも外出先でも「全ての取引」はスマホアプリでOK

キャッシュバックキャンペーン中

GMOクリック証券「FX DASH」の詳細を見てみる

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。