1. ホーム
  2. FX用語集
  3. ≫強制決済(ロスカット)とは

強制決済(ロスカット)とは

強制決済とは、信用取引において大きな損失が出てしまった場合、強制的に取引先の会社から決済されてしまうことを指します。

 

レバレッジによって大きな取引を行う場合、相場の変動によって証拠金の比率が一定以上下回ると、追加の保証金(追証)が発生します。これが払えなくなると「強制決済」となってしまうのです。

 

強制決済になってしまうと、自分の手持ちの資産が無くなってしまうばかりか、損失分の借金が残ってしまうケースもあります。信用取引は資産を増やす大きなチャンスがありますが、同時に損失を被る危険性もあるのです。

 

FX取引での強制決済

信用取引では、レバレッジというものが存在します。このレバレッジを利用して、実際に保有している資産以上の取引を行うことが出来るのです。

 

利益が出ている時は良いのですが、予想に反して大きな損失が出てしまうと、証拠金が不十分となり、資産を維持出来なくなってしまいます。

 

そうなった場合、多くのFX会社では追証等追加の担保を要求することとなります。要は取引に可能な金額を維持しなければいけないわけですね。

 

これが出来なくなってしまうと、維持不可能となり、強制的に決済が行われることになります。

 

これ以上保持していると危険!という判断で行われるものですので、もちろん損失は生じます。損失の度合いは、各FX会社やその時の為替相場の状況によっても違ってきますが、最悪の場合には、借金となって返済しなければならなくなることだってあります。

 

強制決済となる前に、自分できちんとデータを確認し、判断することが大切ですね。取引を行う以上リスクはつきものです。そのリスクを最小限のものとするためには、安易に構えず、自分の取引状況をしっかりとつかんでおきましょう。

 

強制決済を防ぐためには…?

多くのFX会社では、損失を出来るだけ防ぐためにこうした強制決済が行われます。損失を最小限に防ぐために行われる決済のことを、ロスカットと言いますが、強制決済の場合はこれが自動的に行われてしまうことです。

 

損失を最小限に抑える、とはいっても、強制決済になると、レートの変動によっては大きな損失となってしまうこともあります。強制決済時に手数料がかかるケースもあります。理想は、ここまでになってしまう前に、自分で判断して決済を行うことです。

 

強制決済になる前には、幾つか段階があります。まず、相場の変動によって証拠金維持率が下回ってしまいそうな場合、メールなどで通知が行われることが多いです。その後、実際に下回ってしまったら、追証という追加の証拠金が求められます。

 

追証はその取引を維持するうえでの必要な額となります。ですから、これが期限内に支払われなければ、自動的に強制決済となってしまいます。

 

よっぽどの急激な為替変動でないかぎり、危険を察知する機会は幾つか設けられています。後は、自分の判断をどこで行うか、ということですね。

FX仲間にシェアしてください^^

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。