1. ホーム
  2. FX用語集
  3. ≫金融緩和とは

金融緩和とは

金融緩和とは、不景気の際、景気を上向きにさせるために国が行う金融政策のことを指します。

 

世の中に出回るお金の量を増やして、景気を回復させようと努めます。お金の流れが活発になれば、それだけその国の経済も活発に動き、景気が良くなります。

 

金融緩和政策として、具体的には金利の引き下げ、預金準備率の引き下げ、国債の買い上げなどが挙げられます。金利の引き下げによって、銀行からの資金の借り入れがしやすくなります。また、国債の買い上げによって通貨の供給量を増やします。

 

FX取引と金融緩和

FX取引において、金融緩和政策が行われることは非常に重要です。金融緩和政策が行われるということは、景気を人の力で動かそうということです。金融緩和政策によって、その国の景気は上向きになり、お金が流れやすくなります。

 

そして、景気が良くなるということは、外国との通貨の関係は円安に動きます。円の供給量が上がるため、円の価値が下がるというわけです。そのため、為替の相場にも影響が現れ、FX取引にももちろん影響を及ぼします。

 

金融政策が行われる時は、為替相場が大きく動くチャンスです。世界中の多くの投資家が、チャンスをものにしようと、こうした政策の動きには敏感になっています。過去にも金融政策の発表が行われてから、短期間で大きな動きを見せたことが何度もあります。

 

株式やFX取引などにとって、為替相場の変動を予想することは絶対に必要です。金融政策はそうした為替の動向を探りやすくしてくれる、大きなチャンスというわけですね。

 

金融緩和での注意点

金融緩和によって円安へと相場は動く、そのように予想はされるものの、実際の動きはどうなるか分かりません。

 

大切なのはより多くの情報を集め、整理し、総合的に判断していくことです。特に、ドル以外の通貨で取引をしている場合には注意が必要です。

 

例えば、円安になるといっても、ドルに対して円安になっているだけでは仕方ありません。基本的に、世界の経済の動向は米ドルを中心として行われていますので、米ドルと他の通貨の関係も分析する必要があります。

 

円安ドル高の状況で、他国通貨のドルに対する価値も上がっていれば、そちらを買うことで利益を生み出す可能性が高くなると言えます。

 

金融政策は大きなチャンス、もしくは知らないでいれば大きな損失となってしまうことも考えられます。FX取引を始める以上、世界の経済情勢をしっかりと把握しておくことが必要です。

 

きちんと情報を読み取ることで、資金を守るだけでなくチャンスを手に入れることも出来ますよ。

FX仲間にシェアしてください^^

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。