1. ホーム
  2. FX用語集
  3. ≫サブプライムローンとは

サブプライムローンとは

サブプライムローンとは、一般の銀行による住宅ローンではなく、住宅ローン会社における低所得者層へのローン商品を指します。信用度が低い顧客層に貸出し出来る商品のため、普通のローン(プライムローン)よりも高い金利となっています。

 

サブプライムローンが原因で起こった大きな経済問題に、米国のサブプライムローン問題があります。2007年に起こったこの問題は、世界経済に大きな影響を与えました。サブプライムローンで起こった現象により、景気、為替相場も大きく動くこととなったのです。

 

サブプライムローンの仕組み

サブプライムローンとは、アメリカで2001年~2007年ごろに流行った金融商品です。当時アメリカの景気は好調で、住宅が良く売れていました。しかし、なかなか住宅ローンを利用できない、そんな低所得層を狙って作り出されたのがサブプライムローンです。

 

最初の数年だけ返済率が低く、その後は非常に高い金利のこの商品は、住宅の価格が今後も上昇していくだろうという考えのもとに作られました。審査も甘く、誰でも簡単に利用できることから、サブプライムローンの利用者はどんどんと増え続けていきます。

 

しかし、その後住宅の価格上昇は止まり、その後は下落の一方となってしまいます。本来であれば、住宅の担保価格の上昇に合わせて借り換えを、という考えでした。

 

利用者にとっては大変なことです。低金利期間が終わり、本来の高金利での返済が始まると、たちまち返済不可能となってしまいます。

 

このため、証券化されていたサブプライムローンが焦げ付き、2007年8月には大変な株安になってしまいました。ドル円が急落し、急激な円高に。アメリカ、ヨーロッパ、日本は互いに協力し、なんとかこの問題を食い止めようとしたものの、結果はひどいものでした。

 

サブプライムローンと為替相場

こうして世界経済に大きな騒動を引き起こしたサブプライムローンですが、為替相場にももちろん影響を残しました。当時世の中は圧倒的な円安ドル高の傾向にあったのですが、急に180度変わって円高ドル安になってしまったのです。

 

そこまで大きな取引を行っていなくても、ここまで急激な変化になると影響は大変なものです。絶対安全だと思われていた米国の会社が倒産し、負債の清算のために円がどんどんと買われるようになります。

 

為替相場は、いつガラッと様子を変えるのか分かりません。「ずっと円安が続いているから」と油断していると、こうしたとんでもない動きが起こってしまうことがあります。安易に構えず、こまめな情報収集が大切ですね。

FX仲間にシェアしてください^^

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。