1. ホーム
  2. FX用語集
  3. ≫自動売買注文とは

自動売買注文とは


自動売買注文とは、FX取引において、方法と取引量を設定すれば自動的に売買をしてくれる注文のことを指します。システムトレード(シストレ)とも呼ばれ、各FX会社によって様々な商品が出されています。

 

FX取引では、常に為替が動いている状態です。ずっと為替の動きを観察していられるなら良いのですが、なかなかそうもいきません。そんな時に、自動売買のシステムを利用すると、より安全に、より効率的に取引を行うことが出来ます。

 

自動売買注文のメリット・デメリット

自動売買注文のメリットは、何と言っても簡単に取引が行えるということです。最近のFX取引の特徴の1つとして、気軽に、少額から、誰にでも行えるというものがあります。

 

そうはいってもやはり不安が残ってしまうもの。為替の動きはなかなか最初は予想が難しいものです。取引に慣れた人でさえ、思いもよらぬ変動に右往左往してしまうことはあります。

 

そんな時、自動売買注文であれば、システムを最初に選ぶだけであとは自動的にコンピューターが行ってくれます。難しいことが分からないままでも、安定した取引を行うことが出来るのです。

 

こうしてみると良いことばかりに見えますが、もちろんデメリットもあります。情報収集に時間を費やすこともなく、効率的に取引を行えるというメリットはあるものの、実際の取引に絶対安全ということはありません。

 

システムに任せっぱなしにしていては、急な相場の変動には対応できません。せっかくチャンスがありそうな時でも、登録したシステム通りの取引が行われてしまいます。

 

最初から完璧でなくとも、自分の取引は定期的に見直して流れを確認し、その時の為替動向に合った設定に変更出来ると良いですね。

 

自動売買の種類

自動売買の注文方法には、大きく分けて2つの方法があります。「選択型」「ソフト型」になります。どちらかと言えば「選択型」は初心者向けで、「ソフト型」は上級者向けになります。

 

今現在、自動売買において人気があるのが「選択型」で、FX会社が提供する売買システムを、利用者はただ選ぶだけというお手軽さです。

 

プロが考え出したシステムを選ぶだけなので、難しい知識を必要とせず、資金さえあれば誰にでも利用することが出来ます。

 

対して「ソフト型」ですが、ソフトをインストールし、自分の好きな戦略で取引を行うことが出来るという方法です。取引の幅は広がるものの、プログラミングなどに明るくなければ少々難しく、上級者向けと言えるでしょう。

 

自動売買はFX取引への参入を簡単にしてくれる、便利なツールです。上手く利用し、しかし任せっきりにはせず、自分なりの取引方法を模索して下さい。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

私がメインで使っているFX口座はこちら

ユーザー数が日本1でのFX口座
DMMFX
5
運営会社株式会社DMM.com証券
特徴FX口座数日本一&50万口座
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実
DMMFX

DMM FXは、FX口座数が日本1で、その数50万口座を突破した、日本で一番メジャーなFX口座です。私もFX初心者の頃から使い続けている口座です。

スプレッド(手数料)が狭いのはもちろんのこと、スマートフォン取引でも使い勝手がいいツールが充実していて、初心者からベテラントレーダーまで幅広い層に使われています。

取引上の不安やトラブルにも対応するサポート体制も充実しているので、1番最初に開設する口座としてはベストの口座と言えます。

 

今なら口座開設&取引で20,000円キャッシュバック

DMMFXの口座開設でキャッシュバックを申込む

 

GMOクリック証券
FX取引高が4年連続世界1
GMOクリック証券
4
運営会社GMOクリック証券株式会社
特徴資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実

GMOクリック証券も、DMMFX同様、業界最狭のスプレッドにより、デイトレーダーからスイングトレーダーまで、幅広いユーザーに利用されている口座です。

また、iPhoneやAndroidでも使い易い取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

取引量と資産保有残高が世界第1位のFX口座。

 

今なら口座開設&取引で25,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設でキャッシュバックを申込む