1. ホーム
  2. FX用語集
  3. ≫住宅着工件数とは

住宅着工件数とは


住宅着工件数とは、新築の住宅着工戸数を示す統計です。月別に発表され、景気の動向にも深く関係してきます。住宅への投資は、個人の消費と相互に関係するため、FXにおいても重要な指標となります。

 

ただし、住宅着工件数は、その時の雇用状況や住宅ローンの状況、金利の高さなど、長期的な問題も背景にあります。ですから、1部分だけでなく、過去何か月かの動きを探ったほうが指標としては有効と言えるようです。

 

アメリカでは戸建て、集合住宅といった区別の他、地域によっても分けられて統計が出されています。

 

住宅着工件数が景気に与える影響

住宅の着工件数は、個人の消費と深く関わってきます。住宅そのものの販売はもちろん、建設や建材に関わる関連企業、またそれに伴って、家具や家電商品の消費も見込まれます。景気動向の先行指標としては、住宅の戸数よりも床面積の方が採用されているようです。

 

似たような関係性の指標に、中古住宅販売件数があります。住宅着工件数はこちらよりも発表時期が早いため、注目度は高くなっています。

 

また、住宅着工件数は、住宅建設許可件数と同時に発表されています。こちらの指標だけが、相場に大きな影響を与えることはあまりありません。しかし、景気の動向を探る上で、他の指標の動きを陰で支えるような存在です。

 

住宅着工件数は、住宅ローンとも関わりがあるため、金利が下がると増加する傾向にあります。特に金融緩和などで大きく金利が下がった時は、こちらの数値も大きく変化を見せることが多いです。

 

住宅着工件数とFX

住宅着工件数が、景気や為替相場に影響を与えることは述べました。基本的に、住宅が多く建設されるということは、それだけ景気が上向きになるということです。(この時、集合住宅や寮といった建物は含まれません。)

 

住宅着工件数が特に重要視されるのはアメリカです。アメリカでは比較的住み替えが多いため、住宅の着工も他の国に比べて多くなります。

 

また、2007年ごろに起こった米国のサブプライムローン問題の影響で、米国では住宅に関する指標が、比較的重要視されている部分があります。

 

この指標は季節や天気に左右されやすく、そのため、一概に数値だけで判断することは出来ません。しかし、数か月分のデータを分析することで、景気の上向きチャンスを掴むことが出来るかもしれません。

 

初心者には難しいかもしれませんが、他の指標と合わせて、勉強のためにも確認しておきたい指標の1つですね。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

私がメインで使っているFX口座はこちら

ユーザー数が日本1でのFX口座
DMMFX
5
運営会社株式会社DMM.com証券
特徴FX口座数日本一&50万口座
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実
DMMFX

DMM FXは、FX口座数が日本1で、その数50万口座を突破した、日本で一番メジャーなFX口座です。私もFX初心者の頃から使い続けている口座です。

スプレッド(手数料)が狭いのはもちろんのこと、スマートフォン取引でも使い勝手がいいツールが充実していて、初心者からベテラントレーダーまで幅広い層に使われています。

取引上の不安やトラブルにも対応するサポート体制も充実しているので、1番最初に開設する口座としてはベストの口座と言えます。

 

今なら口座開設&取引で20,000円キャッシュバック

DMMFXの口座開設でキャッシュバックを申込む

 

GMOクリック証券
FX取引高が4年連続世界1
GMOクリック証券
4
運営会社GMOクリック証券株式会社
特徴資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実

GMOクリック証券も、DMMFX同様、業界最狭のスプレッドにより、デイトレーダーからスイングトレーダーまで、幅広いユーザーに利用されている口座です。

また、iPhoneやAndroidでも使い易い取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

取引量と資産保有残高が世界第1位のFX口座。

 

今なら口座開設&取引で25,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設でキャッシュバックを申込む