1. ホーム
  2. FX用語集
  3. ≫インカムゲインとは?キャピタルゲインとの違いも解説

インカムゲインとは?キャピタルゲインとの違いも解説

インカムゲインとは、資産運用において、ある資産を保有することで、安定的、継続的に、利益を得ることの出来る方法を指します。

例えば、預金や利付債券の利息、投資信託や株における配当金、不動産でいうと家賃収入などがこれに当たります。

インカムゲインとキャピタルゲイン

良く一緒に使われる言葉に「キャピタルゲイン」がありますが、こちらはインカムゲインとは反対に、資産の価値の変動によって利益を生み出す方法になります。

インカムゲインについては、リスクはないが利益も低い。キャピタルゲインについては、リスクが高く、その分利益も高くなる可能性があるというわけです。

資産運用においては、この2つの方法を上手く使い分ける必要があります。インカムゲインだけでは資産はなかなか増えませんし、キャピタルゲインだけでは破産してしまう恐れがあります。2つの方法を統合して生み出される利益のことを、「トータルリターン」と言います。

最終的に、このトータルリターンが上手く回ることで、自己の資産も安定するというものです。

インカムゲインの種類

預金の利子

最もポピュラーなインカムゲインの方法です。しかし、昔ならばまだしも、現在の低金利時代において、預金の利子は微々たるものです。こちらで収入を得ようとするのは、あまり現実的ではないでしょう。

株式配当金

会社の株を保有したり、投資信託に出資することで配当金を得る方法です。株式においては、ただ単に高い配当金を出す会社、というだけで選ぶのは危険です。高い配当金を出していても、実際は経営状態があまり良くないケースもあります。

きちんと会社の経営状態や過去の実績なども調べたうえで、検討しましょう。投資信託は資産運用のプロが様々な商品で資産を運用していく商品です。こちらもリスクや配当金の幅は様々です。

商品をよく比較検討し、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

不動産の家賃収入

インカムゲインの方法としては、魅力ではあるものの、リスクもついてきます。そもそも不動産は流動性の低い資産です。1度購入してしまうと、なかなか思うように売却することは出来ません。

また、入居者がいなければ家賃収入も見込めないため、利益はゼロとなってしまいます。そればかりではなく、不動産を維持、管理するための費用もかかります。入居や更新においては、手間もかかります。

ただし、株や投資信託などとは違い、資産が目に見える形で保有できるのは大きな魅力です。不動産の価値や場所によっては、良いインカムゲインの対象となるでしょう。

FXによるスワップ金利

FXのインカムゲインの場合は、高い金利の外国通貨を購入し、そこで得られる金利の差額で利益を出していくことになります。これをスワップ金利と言います。

金利の高さと、その国の治安状況などを考えて、通貨を購入しましょう。

FX仲間にシェアしてください^^

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。