1. ホーム
  2. FX用語集
  3. ≫スイングトレードとは

スイングトレードとは

スイングトレードとは、ある程度長期間にわたって 、自己のポジションを継続する取り引き方法です。これとは対照的なのが、短期的な運用で利益を目指す、デイトレードスキャルピングになります。

 

為替相場は、日によって、いやそればかりか刻一刻と変動しています。FX取り引きは一般的に、短期で利益を生み出すか、長期的にポジションを保有することで利益を得る、2つの方法があります。

 

スイングトレードとは、数日から数週間ポジションを保有して行う、比較的長丁場なトレード方法です。

 

スイングトレードの利点

長丁場であることから、あまり頻繁に相場をチェックすることの出来ない人にオススメです。短い期間の為替変動に一喜一憂することなく、落ち着いて取り引きを行うことが出来ます。普段は他の仕事をしている、そんな方に向いていますね。

 

スイングトレードは、長期間保有することが前提ですから、上手くいけば一回の取引で大きな利益を確保する可能性があります。出来るだけ大きな利益を手に入れたいのは、誰もが思うことです。しかし、当然ながら、ただ保有するだけでは利益を得ることは出来ません。

 

スイングトレードは長期間保有することが前提になりますから、そこから利益を生み出そうとすれば、ある程度動きの活発な市場を選ぶ必要があります。相場が変動してくれなければ、そこに利益を期待することは出来ないからです。

 

しかし、あまりに動き過ぎても困ります。細かい動きに一喜一憂はしなくとも、ポジションを保持出来なくなっては意味がないからです。

 

大きく変動しすぎず、かといって停滞もしない、そんなポジションを確保することが必要です。そのため、事前の下調べ、しっかりとしたテクニカル分析が必要となります。

 

スイングトレードの注意点

スイングトレードは、あくせくすることのないFX取り引き方法ですが、良い点ばかりではありません。

 

というのも、やはり自分の保有するポジションが変動すれば、不安にかられ、どこかで損切りしたくなるのが人情だからです。

 

だいたいにおいて、取り引きの最初に、どのあたりまでポジションをキープしていくか決めていくものです。しかし、その後のチャートの動きによって、不安がつのることはもちろんあります。

 

ポジションキープの見極めはもちろん必要ですが、不安を押し殺し、持ち続ける精神力も必要となってきます。今現在、動きのある通貨ペアは何なのかを見極め、そこの今後の動きをしっかりと分析することが大切です。

 

長期間の取り引きといっても、定期的にポジションを確認することは絶対に必要です。きめ細かいケアをすることで、長期間にだけ出来る、大きな利益を生み出すことも夢ではありませんよ。

FX仲間にシェアしてください^^

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。