1. ホーム
  2. FX用語集
  3. ≫スキャルピングとは

スキャルピングとは

スキャルピングとは、短期間でのポジション保有により行う取り引きですが、その中でも、最も短い期間で行うトレードの手法です。語源はスカル(頭蓋骨)からきており、アメリカインディアンが行っていた、頭の皮を薄く剥ぐ行為から、短期間に薄い利益を剥ぎ取るイメージとなっています。

 

スキャルピングはデイトレードの、さらに短いパターンです。デイトレードは一般的に、1日の中で完結させる取引方法となります。反対に長期間ポジションを保有する方法を、スイングトレードと言います。

 

スキャルピングの方法

スキャルピングは、相場の習性を利用して行う取引方法です。数秒から数分の間に取引を行うことで、少ないながらも確実に利益を獲得していきます。

 

相場とは、一定期間、一定の方向に動く習性があります。長く保有すればするほど、相場の動きは大きな振れ幅を見せることになります。

 

確実と思われる一定期間の相場の動きの中で、ギリギリ利益が出るように取引を行っていきます。1度に得られる額は少ないものの、利益を得る確立としては非常に高い方法です。

 

少し前にスキャルピングに規制がかかる、という話題も上がりました。実際にシステムで超高速売買が行われていた口座などは、凍結されてしまったケースもあるようです。

 

FX会社によっては、スキャルピングを禁止事項として取り扱うこともあるようです。そして、逆にスキャルピングに対して規制を設けていないことを明記している会社もあります。

 

自分がどんな方法で取引を行っていきたいのか考え、利用するFX会社の選択にも気を使いたいですね。

 

スキャルピングを行う時の注意点

スキャルピングは短い時間での取引になりますから、利益を生み出すためにはある程度まとまった金額が必要となります。レバレッジを効かせ、トレードを何度も繰り返すことで、少しずつ、少しずつ利益を獲得していくのです。

 

大きな金額の取引になりますから、精神的にかなりのプレッシャーを受けることになります。その瞬間瞬間で、ポジションを持つタイミングや、予想とは反対に相場が動いた時の、損きりの見極めをしていくことになります。

 

じっくり分析して見極めるというよりは、瞬間的な判断力、反射神経が問われるかもしれません。また、取り引きの間は、画面に集中し続けることが必要になります。

 

自分の性格やライフスタイルが、スキャルピングの手法に合っているのか、考えてから取引を行うようにしましょう。

FX仲間にシェアしてください^^

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。