1. ホーム
  2. FX用語集
  3. ≫インターバンク市場とは

インターバンク市場とは


インターバンク市場とは、金融機関がお互いに資金の運用や調達を行う場です。実際にそうした取引所などが存在するわけではなく、専用の電話や端末などを用いて取引が行われます。

 

コール市場、手形市場、外国為替市場があり、このうちFXの概念でいうインターバンク市場とは、外国為替市場に当たります。投資家は直接取引に参加することは出来ず、FX業者を通じて、間接的に取引に参加していることになります。

 

FX会社と投資家の関係とは?

FX会社は投資家から注文を受け、それをカバー先である金融機関を通じてインターバンク市場へと流すことになります。

 

カバー先の金融機関は各FX会社によって違ってきます。一般的に、より多くのカバー会社を保有することで、選択肢も広がり、より良い取引を行える可能性が高くなります。

 

インターバンク市場での取引は、100万通貨単位での取引が、レバレッジ無しで行われます。金額が高くなるため、とても個人での取引などは出来ません。FX会社の仲介のおかげで、こうした市場においても間接的に取引を行うことが出来るというわけです。

 

実際の取引はどのように行われるの?

間接的とはいえ、自分の投資がどのように行われているのかは気になるところです。インターバンク市場では、どのように取引が行われているのでしょうか?

 

まず、カバー先の金融機関からFX会社にレートが提示されます。その後、レートを元にFX会社が投資家へレートを提示します。投資家が注文を出したところで、FX会社は同時にインターバンク市場へと注文を出します。こうして相互に取引を行っている限り、取引にリスクは生じません。

 

ただし、FX会社の判断により、こうした取引が、受けた注文通りに行わないケースもあります。タイミングを見計らって取引をすることで、FX会社も利益を生み出そうとするわけですね。上手くタイミングが合えば利益を得られますし、タイミングを誤ってしまえば、不利益を被ることもあります。

 

インターバンク直結型って?

インターバンク市場にそのまま注文を流す方式で、海外のFX業者が主に行っています。この場合は受けた注文をそのままカバー先金融機関へと流すことになります。

 

投資家にとっては、取引きが分かりやすく、安心感が得られるというメリットがあります。国内のFX業者のほとんどは、インターバンク非直結型の取引方法となります。取引が分かりにくいものの、その分スプレッドが狭く設定されるというメリットもありますので、自分の考えに合ったFX業者を選ぶようにしましょう。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

私がメインで使っているFX口座はこちら

ユーザー数が日本1でのFX口座
DMMFX
5
運営会社株式会社DMM.com証券
特徴FX口座数日本一&50万口座
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実
DMMFX

DMM FXは、FX口座数が日本1で、その数50万口座を突破した、日本で一番メジャーなFX口座です。私もFX初心者の頃から使い続けている口座です。

スプレッド(手数料)が狭いのはもちろんのこと、スマートフォン取引でも使い勝手がいいツールが充実していて、初心者からベテラントレーダーまで幅広い層に使われています。

取引上の不安やトラブルにも対応するサポート体制も充実しているので、1番最初に開設する口座としてはベストの口座と言えます。

 

今なら口座開設&取引で20,000円キャッシュバック

DMMFXの口座開設でキャッシュバックを申込む

 

GMOクリック証券
FX取引高が4年連続世界1
GMOクリック証券
4
運営会社GMOクリック証券株式会社
特徴資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実

GMOクリック証券も、DMMFX同様、業界最狭のスプレッドにより、デイトレーダーからスイングトレーダーまで、幅広いユーザーに利用されている口座です。

また、iPhoneやAndroidでも使い易い取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

取引量と資産保有残高が世界第1位のFX口座。

 

今なら口座開設&取引で25,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設でキャッシュバックを申込む