1. ホーム
  2. FX用語集
  3. ≫テクニカル分析とは

テクニカル分析とは


テクニカル分析とは、将来の為替相場の動向を、過去の動きであるチャート(グラフ)から分析していくことです。チャート分析とも呼ばれ、売買のタイミングを計るために必要な分析です。

 

テクニカル分析に対して、経済統計などを利用して分析することを、ファンダメンタルズ分析と言います。どちらの分析を基準とするかは、それぞれの取引内容にもよりますが、ファンダメンタルズ分析は、主に相場の基本的な方向性を見極めるのに有効です。

 

テクニカル分析の重要性

テクニカル分析は、FX取引や株式投資を行うに当たって、非常に重要であり、避けては通れないものとなっています。FX取引を通して、確実に安定して利益を得たいと思うのであれば、為替相場を予想するためにテクニカル分析は欠かせません。

 

テクニカル分析には様々な種類があります。分析自体の種類はもちろん、チャートの種類も様々です。それぞれに特徴があり、取り引きによってどのチャート、どの分析がより合っているかは違ってきます。

 

たくさんのチャートを知ることで、過去の動きから、現在の状況と似た状態を分析していくわけですね。もちろん、過去の分析では時代背景なども変わってきますから、あくまでも参考にしかなりません。しかし、為替の動きには一定のリズム、方向性というものが存在します。

 

全くの勘で取引を行うよりも、テクニカル分析によって導き出した予想の方が、絶対的に有利であることは確かです。

 

FXにおける基本的なテクニカル分析の種類

テクニカル分析には様々な方法があります。ローソク足という、始値、高値、安値、終値の4つの動きを1本の足として表したパターン分析(プライスアクション)」や、値動きの変化を滑らかに表した移動平均線、レジスタンスラインやサポートライン、フィボナッチ、エリオット波動など、様々です。

 

基本的にテクニカル分析はトレードの指標、考え方の裏付けになるものです。どれが良くてどれが悪いというような正解はありません。どの分析が自分にとって分かりやすく、判断しやすいか、そこが重要となってきます。

 

どんなに周囲が「この分析はいい!とっても参考になる!」と考えたとしても、自分がそのチャートを見て、取り引きに生かせないようであれば意味がありません。

 

テクニカル分析は自分のトレードに役立てるためのものです。様々な指標を参考にするのは大切ですが、見方が凝り固まらぬよう、しっかりとした自分の意志を持ちましょう。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

私がメインで使っているFX口座はこちら

ユーザー数が日本1でのFX口座
DMMFX
5
運営会社株式会社DMM.com証券
特徴FX口座数日本一&50万口座
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実
DMMFX

DMM FXは、FX口座数が日本1で、その数50万口座を突破した、日本で一番メジャーなFX口座です。私もFX初心者の頃から使い続けている口座です。

スプレッド(手数料)が狭いのはもちろんのこと、スマートフォン取引でも使い勝手がいいツールが充実していて、初心者からベテラントレーダーまで幅広い層に使われています。

取引上の不安やトラブルにも対応するサポート体制も充実しているので、1番最初に開設する口座としてはベストの口座と言えます。

 

今なら口座開設&取引で20,000円キャッシュバック

DMMFXの口座開設でキャッシュバックを申込む

 

GMOクリック証券
FX取引高が4年連続世界1
GMOクリック証券
4
運営会社GMOクリック証券株式会社
特徴資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実

GMOクリック証券も、DMMFX同様、業界最狭のスプレッドにより、デイトレーダーからスイングトレーダーまで、幅広いユーザーに利用されている口座です。

また、iPhoneやAndroidでも使い易い取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

取引量と資産保有残高が世界第1位のFX口座。

 

今なら口座開設&取引で25,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設でキャッシュバックを申込む