1. ホーム
  2. FX用語集
  3. ≫バーチャル取引とは

バーチャル取引とは


バーチャル取引とは、デモ取引とも呼ばれ、初心者が実際にFX取引を始める前に行うことの出来る、「外国為替取引仮想売買システム」のことを言います。各FX会社の仮想講座(デモ口座)にある資金を利用して、実際に取引を想定して売買を行います。

 

当たり前のことですが、取り引きを行えば自分のお金を使うことになります。実際に取り引きを始めてしまったら、たとえひどい損失になろうとも文句は言えません。

 

バーチャル取引では、FXの取引方法をゲーム感覚で学ぶことが出来ます。最初から実際にお金を動かすのは勇気が出ない、という方にオススメの方法ですね。

 

バーチャル取引ってどんなもの?

実際の資金は利用しないまま、本番と同じような条件でFX取引を行うことが出来ます。チャートを読み取ったり、為替の動きを予想したりといった練習になるため、実際に取引を始める前に、まずはこのバーチャル取引を使って練習する方も多いです。

 

FX会社の多くが、こうしたバーチャル取引のサービスを行っています。取り引きに必要なノウハウや、解説を設けたり、バーチャル取引内でコンテストを実施したりと、各社工夫を凝らしています。

 

FXに対して、興味はあるけれどもう一歩踏み出せない、という場合は、まずこちらの仮想世界で取り引きを行ってみるのも良いですね。大抵が無料でバーチャル取引を行うことが出来ます。

 

また、会社によって、バーチャル取引の期限を設けている所と、設けていない所があります。バーチャル取引は本番の取り引きの練習、肩慣らしというように考えられているため、期限付きの会社が多いようです。

 

バーチャル取引の注意点

では、実際にバーチャル取引を始めてみましょう。やってみると、案外簡単に取り引きを行えるということが分かるでしょう。しかし、あくまでも現在行っているのは「バーチャル」だということを忘れないで下さい。

 

実際の取り引きは、また違ってきます。バーチャルの世界で大きな利益を得ることが出来たからと言って、実際の取り引きで同じような結果が出るとは限りません。十分に注意しましょう。

 

というのも、実際には行えないような大胆な取り引きでも、バーチャルならば行えてしまえるからです。決して軽く見てはいなくても、実際にお金が動かない分、緊張感はどうしたって違ってきてしまいます。

 

そうした側面から、「バーチャル取引で練習しても、あまり意味が無い」、という意見の方もいらっしゃいます。あくまでも本番と同じように、お金が動くと仮定して、バーチャルではあっても緊張感を持てると良いですね。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

私がメインで使っているFX口座はこちら

ユーザー数が日本1でのFX口座
DMMFX
5
運営会社株式会社DMM.com証券
特徴FX口座数日本一&50万口座
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実
DMMFX

DMM FXは、FX口座数が日本1で、その数50万口座を突破した、日本で一番メジャーなFX口座です。私もFX初心者の頃から使い続けている口座です。

スプレッド(手数料)が狭いのはもちろんのこと、スマートフォン取引でも使い勝手がいいツールが充実していて、初心者からベテラントレーダーまで幅広い層に使われています。

取引上の不安やトラブルにも対応するサポート体制も充実しているので、1番最初に開設する口座としてはベストの口座と言えます。

 

今なら口座開設&取引で20,000円キャッシュバック

DMMFXの口座開設でキャッシュバックを申込む

 

GMOクリック証券
FX取引高が4年連続世界1
GMOクリック証券
4
運営会社GMOクリック証券株式会社
特徴資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実

GMOクリック証券も、DMMFX同様、業界最狭のスプレッドにより、デイトレーダーからスイングトレーダーまで、幅広いユーザーに利用されている口座です。

また、iPhoneやAndroidでも使い易い取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

取引量と資産保有残高が世界第1位のFX口座。

 

今なら口座開設&取引で25,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設でキャッシュバックを申込む