1. ホーム
  2. FX用語集
  3. ≫円高ドル安・円安ドル高とは

円高ドル安・円安ドル高とは

「円高ドル安・円安ドル高」とは、ニュースなどで日常的に耳にする単語ですが、FXにおいて非常に重要な情報です。円高は「円の価値が高くなること」。対して、円安は「円の価値が安く、低くなること」です。

 

「円高ドル安」「円安ドル高」の場合は、日本円と米ドルとの関係になります。日本とアメリカ、この2国間での外国為替の状況が、ニュースなどで簡単に分かるようになっています。

 

スポンサードリンク

円高ドル安になると…。

円の価値が高くなり、ドルの価値が低くなります。ですから、もともと200円=1ドルだったのが、100円=1ドルになる状態が円高です。

 

1ドルの商品をもともと200円で買うことが出来たのが、円高になると100円で買うことが出来るわけです。円の価値が上がるため、円で購入する方がお得となります。

 

円安ドル高になると…。

円の価値が低くなり、ドルの価値が高くなります。ですから、もともと200円=1ドルだったのが、300円=1ドルになる状態が円安です。

 

1ドルの商品をもともと200円で買うことが出来たのが、円安になると300円で買わなければなりません。円の価値が下がるため、ドルで購入する方がお得となります。

 

FXにおける円高、円安

FXでは、こうした為替の動きが非常に重要となります。自国の通貨価値が高い時に外国通貨を購入し、自国の通貨価値が低くなったところで売りに出せば、その分利益を生み出すことが出来ます。

 

簡単に言うと、円高ドル安の状態である1ドル=100円の時にドルを買い、円安ドル高の1ドル=300円でそのドルを売ることが出来れば、差額の200円が儲かります。ただし、もちろん手数料なども含まれますのでご注意ください。

 

また、為替レートはどのように変化するかは分かりません。ある程度予測はつくものの、予期せぬ動きや、急激なレートの変化も、もちろん考えられます。時には不利益となる場合も、もちろんあります。

 

その辺りをふまえた上で、自分に合った取引を行うことが重要です。こまめに情報を確認し、上手く運用すれば、比較的安全に取引を行うことが出来ます。

 

また、アメリカだけでなく、その他の国の通貨との間においても、もちろん同じことが言えます。一般的なのはユーロ(ヨーロッパ)や、豪ドル(オーストラリア)あたりとなります。その他にも、多くの国との間で取引は可能です。

 

ただし、あまり情勢が良くない、もしくは経済が不安定な国との取引は慎重に行いましょう。その分リスクも高くなります。いずれにしろ、リスクを分配して取引を行うことが、FX取引では重要となりますね。

お役に立てばシェアしてくださいね。

サラリーマンなどの副業投資家にはGMOクリック証券が使いやすくて便利です

外出先でもPCと同じ感覚でチャートが見れるGMOクリック証券の「FX DASH」は、副業でFX取引を行う方におすすめです。

FXneo_FXdash

  • PCツール以上にチャート分析しやすい!
  • 簡単操作でFX初心者でも直感的に扱える!
  • 口座のスワップ金利が高い&スプレッドも狭い!
  • 自宅でも外出先でも「全ての取引」はスマホアプリでOK

キャッシュバックキャンペーン中

GMOクリック証券「FX DASH」の詳細を見てみる

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。