1. ホーム
  2. FX用語集
  3. ≫ファンダメンタルズ分析とは

ファンダメンタルズ分析とは


ファンダメンタルズ分析とは、為替の値動きを、様々な経済的情報によって予測していく分析方法です。金利、経済指標、各国における経済動向など、その情報源は様々です。

 

分析方法としては、ファンダメンタルズ分析のほかにテクニカル分析があります。こちらはチャートを利用して、過去の値動きなどを参考にしつつ、流れを予想していく分析方法です。

 

一般的にファンダメンタルズ分析は大きな視点での、中・長期的な相場の予想に役立ちます。どちらか一方ではなく、双方の分析方法の良いところを上手く利用し、取り引きを行いましょう。

 

ファンダメンタルズ分析の使われ方

ファンダメンタルズに注目してFX取り引きを行うトレーダーは、各国の経済指標や、ニュースによるその国の情報を重要視します。それらの情報によって、自分の保有する、または保有しようと考えるレートが、どのように動くかを事前に予想するのです。

 

ある2国間で、どちらかの国のファンダメンタルズが良い状態で、もう一方の国のファンダメンタルズが悪いとします。この場合、悪い方の国の通貨が売られるのではないか?と考えて取り引きを行っていくわけです。

 

中には、ファンダメンタルズが為替の動向に、セオリー通りの影響を与えてくれないケースもあります。良くも悪くも、ファンダメンタルズ方式では緩やかな予想となりますので、対応もゆっくりとなってしまうためです。

 

大局はファンダメンタルズ分析で把握し、細かい取り引きの数値決定においてはテクニカル分析を使用するなど、場面によって参考とする分析を使い分けることも必要です。

 

ファンダメンタルズ分析の弱点

各国から発表される様々な経済指標は、ファンダメンタルズ分析において非常に重要な情報です。しかし、これらの経済指標は、どうしてもデータが過去の物となってしまいます。

 

多くの場合、経済指標は集計された翌月に発表されますが、リアルタイムの数値は多少ずれてしまうのは仕方ありません。発表されるころには、すでに多少の相場変動が起こっている場合もあります。

 

他にも、重要な指標の発表後、相場は売りに傾くだろうと予想されるにも関わらず、動かない場合があります。これは、すでにその相場が動いてしまったため、そこに利益を生み出せる余地がないと判断されるためです。

 

いずれにしても分析はあくまで分析です。例え過去に似たような状態があったとしても、細かな背景の違いによって、相場の動きは微妙に変わってくるものです。

 

分析をすることが目標ではありません。その分析を利用して、自分に有効な取り引きを行うことが最終的な目標なのですから、正しい予想をすることにばかりとらわれず、柔軟な姿勢で取り引きを行いましょう。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

私がメインで使っているFX口座はこちら

ユーザー数が日本1でのFX口座
DMMFX
5
運営会社株式会社DMM.com証券
特徴FX口座数日本一&50万口座
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実
DMMFX

DMM FXは、FX口座数が日本1で、その数50万口座を突破した、日本で一番メジャーなFX口座です。私もFX初心者の頃から使い続けている口座です。

スプレッド(手数料)が狭いのはもちろんのこと、スマートフォン取引でも使い勝手がいいツールが充実していて、初心者からベテラントレーダーまで幅広い層に使われています。

取引上の不安やトラブルにも対応するサポート体制も充実しているので、1番最初に開設する口座としてはベストの口座と言えます。

 

今なら口座開設&取引で20,000円キャッシュバック

DMMFXの口座開設でキャッシュバックを申込む

 

GMOクリック証券
FX取引高が4年連続世界1
GMOクリック証券
4
運営会社GMOクリック証券株式会社
特徴資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実

GMOクリック証券も、DMMFX同様、業界最狭のスプレッドにより、デイトレーダーからスイングトレーダーまで、幅広いユーザーに利用されている口座です。

また、iPhoneやAndroidでも使い易い取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

取引量と資産保有残高が世界第1位のFX口座。

 

今なら口座開設&取引で25,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設でキャッシュバックを申込む