1. ホーム
  2. FX用語集
  3. ≫マージンコールとは

マージンコールとは

マージンコールとは、FX取り引きにおいて、保有するポジションに一定以上の含み損が発生した時に起こる警告のことを指します。このまま相場の変動が続き、証拠金維持率が一定の水準よりも下回ってしまうと、強制的な決済が行われることになってしまいます。

 

マージンコールがかかる時点では、特に拘束力はありません。この時点で追加の証拠金を預け入れることが出来れば(追証)、引き続きポジションを保有することが出来ます。それが出来ず、含み損がロスカットの基準を下回ってしまうと、強制決済となってしまいます。

 

スポンサーリンク
FX取引高世界第1位

マージンコールの必要性

FXでは、実際に保有している証拠金よりも、大きい金額で取り引きを行うことが出来ます。株式などでもこうしたことは可能ですが、FXではこのレバレッジをかなり広範囲に設定することが可能です。

 

ですから、もし自分の保有するポジションで利益が出た場合、レバレッジを設けていればそれだけ利益も大きくなります。そのかわり、損失が出てしまった場合にも、同じく何倍もの損失となってしまうのです。ハイリターンであり、ハイリスクということです。

 

安易にレバレッジを高く設定してしまうと、ちょっとした為替の変動で、思いもよらない損失を被るケースが出て来てしまいます。そんな時に被害が広がりすぎることのないように、マージンコールという制度が設けられているわけです。

 

マージンコールはあくまでも警告です。このままだと大変ですよ、と教えてくれるアラームの役割です。この時点で追証をしてポジションを維持し、為替が回復するのを待つことも出来ますし、今後回復が見込めないと判断するようであれば、被害がこれ以上広がる前に決済をすることも1つの方法です。

 

最初のうちは、マージンコールがかかるとびっくりしてしまうでしょう。しかし、トレーダーを守るための制度ですから、大きな損失とならないよう、その時点でよく考えて今後の方向性を決定しましょう。

 

マージンコールの有無

FX会社によって、または取り引きによって、マージンコールがある場合とない場合があります。マージンコールがない場合は、特に警告はなく、証拠金維持率が水準を下回った時点でロスカットとなります。

 

レバレッジが大きい取り引きに適用される場合が多く、マージンコールの発生する余地がないケースも多いです。そのため、本来であればマージンコールがかかるはずのポジションにおいても、為替の急変によっては予告なくロスカットとなる場合があります。

 

自分の大切な資産ですから、常に為替の動向は気にしておくと良いですね。たった1日、たった数分の間に大きく変わるのが為替です。

 

スポンサーリンク
はっちゅう君

お役に立てばシェアしてくださいね。

チャートの見やすさ&スマホ操作で選ぶならGMOクリック証券の「FXネオ」がベスト!

FX取引高が5年連続世界1
FXneo(FXネオ)
5
運営会社 GMOクリック証券株式会社
特徴 資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド 0.3銭(USD/JPY)
サポート あり
スマホツール 使い易いツールが充実
FXneo(FXネオ)

GMOクリック証券のFXネオは、業界最狭のスプレッド(取引コストが低い)により、デイトレーダーからスイングトレーダーまで、幅広いユーザーに利用されている口座です。

また、iPhoneやAndroidでも使いやすい取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

取引量と資産保有残高が世界第1位のFX口座。

今なら口座開設&取引で30,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設でキャッシュバックを申込む

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。