1. ホーム
  2. FX用語集
  3. ≫追証とは

追証とは


追証とは「追加保証金」の略称です。信用取引、先物取引、FX取引などの証拠金取引において、追加で担保の差し入れが必要となる状態を指します。これらの取引では、自分の手持ちの金額以上の取引を行うことが出来ます。

 

その際、損失が発生し、証拠金の比率が一定以上を下回ってしまった場合に、定められた期日までに、追加で担保(保証金)を預け入れる必要が出てきます。なお、その後の相場の変動によって比率が回復したとしても、1度発生した追証はなくなることはありません。

 

FXにおける追証

FXにおいて、追証はマージンコールロスカット・アラートとも呼ばれます。追証は強制的なロスカットの一歩手前という状況になります。

 

レバレッジを利用した取引の場合、利用できる最大のレバレッジの比率というのが決まっています。各FX会社では、それぞれこの比率を定めており、その最低金額を維持することで、最大限にレバレッジを生かした取引を行うことが出来るのです。

 

順調な時には良いのですが、為替の変動によって含み損が発生してしまうと大変なことになります。行っている取引上で、最低証拠金を下回りそうになった場合に追証が発生してしまいます。そして、期日までに追証が行われない場合、強制的な決済、つまりロスカットとなってしまいます。

 

追証にならないために

追証が行われず、強制決済になってしまうと、考えていた以上の損失となってしまうことがあります。資金が足りない場合は借金となり、その後返済を続けなければならなくなってしまうことも。

 

追証によって大きな損失を被ってしまう背景には、安易に高いレバレッジの商品を利用してしまうケースが見られます。高いレバレッジの商品は、高い利益を生み出す可能性もありますが、その分損失金額も大きくなってしまいます。

 

目先の利益だけで、返済出来ないような額のレバレッジ取引を行ってしまうと、後悔する結果にもなりかねません。自分の財政状況を踏まえて、身の丈に合った取引を行うことが大切です。

 

FX会社によっては、追証がないところも…

それぞれのFX会社によって、最大レバレッジが定められているように、ロスカットの水準も各社様々です。中には追証の存在しない会社もあります。その場合、証拠金が必要証拠金額を割り込んだ時点で強制的にロスカットとなります。

 

ロスカットはFX会社に定められた義務であり、あまりに大きな損失とならないよう、投資家を守るために定められた対策とも言えます。ロスカットの水準は各FX会社によってまちまちです。自分の資金を守るためにも、FX会社を選ぶ時には、こうした点にも注目すると良いですね。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

私がメインで使っているFX口座はこちら

ユーザー数が日本1でのFX口座
DMMFX
5
運営会社株式会社DMM.com証券
特徴FX口座数日本一&50万口座
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実
DMMFX

DMM FXは、FX口座数が日本1で、その数50万口座を突破した、日本で一番メジャーなFX口座です。私もFX初心者の頃から使い続けている口座です。

スプレッド(手数料)が狭いのはもちろんのこと、スマートフォン取引でも使い勝手がいいツールが充実していて、初心者からベテラントレーダーまで幅広い層に使われています。

取引上の不安やトラブルにも対応するサポート体制も充実しているので、1番最初に開設する口座としてはベストの口座と言えます。

 

今なら口座開設&取引で20,000円キャッシュバック

DMMFXの口座開設でキャッシュバックを申込む

 

GMOクリック証券
FX取引高が4年連続世界1
GMOクリック証券
4
運営会社GMOクリック証券株式会社
特徴資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実

GMOクリック証券も、DMMFX同様、業界最狭のスプレッドにより、デイトレーダーからスイングトレーダーまで、幅広いユーザーに利用されている口座です。

また、iPhoneやAndroidでも使い易い取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

取引量と資産保有残高が世界第1位のFX口座。

 

今なら口座開設&取引で25,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設でキャッシュバックを申込む