1. ホーム
  2. FX用語集
  3. ≫レバレッジとは

レバレッジとは

レバレッジとは、預け入れた証拠金に応じて、その何倍、何十倍もの金額で取り引きを行うことの出来るシステムのことを指します。各FX会社や商品によって、レバレッジの比率は決められており、少ない金額で大きなチャンスを掴むことが出来るのはこのためです。

 

一般的に、株式よりもFXの方がレバレッジの幅は大きく設けられています。チャンスは大きいのですが、その分損失が出た時にも大きくなってしまいます。目先の利益にばかり気をとられるのではなく、不利益な場面も想定して取り引きを行いましょう。

 

レバレッジの注意点

FX取り引きではレバレッジを大きく効かせられるため、その分儲けるチャンスも大きくなります。単純に10倍のレバレッジの場合、もし為替差益が1万円だとしたら、10万円の利益となるのです。

 

そのかわり、もし為替損が1万円となった場合には、損失も10万円となります。レバレッジを大きくすれば、ハイリターンが見込めるものの、それだけハイリスクの恐れもあるのです。

 

せっかく大きなチャンスが目の前にあれば、試してみたくなるものです。しかし、最初のうちは、ごくごく少なめのレバレッジで取り引きを行うことがオススメです。過去に起こった数々の世界恐慌のように、景気の波はいつ、どのように変化するかは分かりません。

 

専門家でも完ぺきな予想をたてるのは困難なのですから、無茶なレバレッジで取り引きをすることのないように気をつけましょう。

 

また、FXにはロスカットという制度があります。これは預け入れている証拠金が、為替の変動に伴って一定の水準を下回ってしまった時に発生します。こうなると自身の意志とは関係なく、大きな損失となる前に強制的な決済が行われます。

 

大きな損失にはならないといっても、ロスカットまで行ってしまえばかなりの損失となります。望ましいのは、そうなる前に自分で判断して損きりを行うことですね。

 

レバレッジとスワップポイント

FX取り引きには、大きく分けて2つの利益獲得方法があります。1つは為替差益を利用して利益を得る方法。そしてもう1つがスワップポイントです。

 

スワップポイントは、外貨預金でいうところの、いわゆる「利息」にあたります。外貨を保有することで、そこに少額ながらも金利が毎日発生するのです。為替差益に比べて利益獲得率は小さいものの、比較的安定して利益を生み出すことの出来る方法です。

 

レバレッジは為替差益だけでなく、このスワップポイントにも適用されます。ということは、もちろん損になった時にも適用されるということです。

 

為替差益をねらっていないから、と安易に構えるのではなく、長く保有するポジションも、定期的なチェックを行うようにしましょう。

FX仲間にシェアしてください^^

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。