1. ホーム
  2. FX用語集
  3. ≫FOMC(連邦公開市場委員会)とは

FOMC(連邦公開市場委員会)とは

FOMC(連邦公開市場委員会)とは、Federal Open Market Committeeの略称です。アメリカの金融政策を決定する会合のことですが、日本では「日銀金融政策決定会合」が、これと同じ意味合いを持っています。

 

FOMCは年に8回開催されます。現在の景気の状況などを見て、今後の金利政策の方針などを考えます。この会合の結果によって、その後の株価や為替レートが大きく動くことがあります。

 

スポンサードリンク

FOMCの結果起こる影響

FOMCでは、今後の政策金利の利上げや利下げについて、どのように行うかを話し合います。

 

これだけでも世界中の経済に大きな影響を及ぼしますが、この結果が予想とは違っている、つまり予想よりも数値が大きかったり小さかったり、という場合に市場は大きな動きを見せる場合があります。

 

予想通りだったり、すでに予想を織り込んで市場が動いている場合には、大きな変化はありません。それだけ重要な会合ということになります。会議での声明文や議長の発言は、世界中の市場関係者の注目を集めます。

 

FOMCを開催するのはFRB(The Federal Reserve Board)で、日本では連邦準備理事会と呼ばれます。アメリカの金融政策における、最高意思決定機関であり、日本でいうと、日本銀行がこれに当たります。

 

現在のFOMCの注目点

以前は、FOMCにおいて、FF金利((Federal funds rate)がどう動くかが注目の的でした。この金利が上がるか下がるかによって、景気の情勢も変わってくるからです。

 

しかし、2008年のリーマンショック以降、アメリカは大きな不況の波に襲われています。そのため、金利はどんどんと下げられ、今ではほぼ0金利に近い数値です。これ以上金利を下げることは出来ないので、こちらについてはこう着状態となっています。

 

景気回復のために現在行われているのは、マネーサプライ通貨供給量)を増やして、景気の流れをスムーズにする方針です。既に何度か大規模な金融緩和政策を行っています。FRBが市場に直接お金を投入することで、それが刺激とし、景気の流れを良くしようというのです。

 

住宅ローン担保証券や、米国債などを国が買い上げ、お金を直接投入します。景気の復興はなかなかすぐには結果が出ませんが、こうした地道な政策によって、少しずつ経済を回復させていくのがFOMCの役割です。

 

あまりに大規模すぎる量的緩和金融政策を行うと、経済や社会情勢に逆に悪影響となる恐れもあります。様々な弊害なども話題にのぼりますが、バランスを考えつつ、経済を調節しているわけですね。

スポンサードリンク

お役に立てばシェアしてくださいね。

2017年のオススメFX口座3選

取引口座数が50万口座を突破!
FXneo(FXネオ)
5
運営会社 GMOクリック証券株式会社
特徴 資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド 0.3銭(USD/JPY)
サポート あり
スマホ取引 人気の「iClickFXneo」
FXneo(FXネオ)

GMOクリック証券のFXネオは、業界最狭のスプレッド(取引コストが低い)により、デイトレーダーやスイングトレーダーはもちろん、ポジショントレード戦略(長期保有)の方まで、幅広いユーザーに利用されている人気口座

iPhoneやAndroidでも使いやすい取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

また、待望のトルコリラ/円の追加やユーロ/円をはじめとする11通貨ペアのスプレッド縮小が実施されるなど、サービス内容も日々改善されたことから、2017年9月に取引口座数が50万口座を突破!

口座開設&取引で30,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設はこちら

DMMFX
ユーザー数が日本1のFX口座
DMMFX
4
運営会社 株式会社DMM.com証券
特徴 FX口座数日本一&50万口座
スプレッド 0.3銭(USD/JPY)
サポート あり
スマホ取引 DMMFXアプリ

DMM FXは、日本で一番多くのFX投資家が口座開設しているFX口座です。私もFX初心者の頃から使い続けている口座です。

スプレッド(手数料)が狭いのはもちろんのこと、スマートフォン取引でも使い勝手がいいツールが充実していて、初心者からベテラントレーダーまで幅広い層に使われています。

取引上の不安やトラブルにも対応するサポート体制も充実しているので、1番最初に開設する口座として安心できる口座と言えます。

今なら口座開設&取引で20,000円キャッシュバック

DMMFXの公式サイトはこちら

トライオートFX
毎日のチャート分析から解放される!
トライオートFX
3.5
運営会社 インヴァスト証券
特徴 裁量取引と自動取引が融合
スプレッド 0.3銭(USD/JPY)
サポート あり
スマホ取引 使い易いツールが充実

インヴァスト証券のトライオートFXは、裁量取引でもなく、自動取引でもありません。両方のメリットを受けた新しい取引ツールで、近年注目のFX口座です。

さらに、2017年7月にスタートした「マネーハッチ」というサービスを併用すると、FXを取引するだけで得られるポイントが投資資金に積み立てられたり、生活資金として使用したクレジットカードのポイントも投資資金に積立されるなど、とてもお得なオプションが充実しています。

もちろん、スプレッド(手数料)が狭いので、FX初心者から中級者、ベテラントレーダーまで幅広い方に人気があります。

今なら口座開設10,000円キャッシュバック

トライオートFXの公式サイトはこちら

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。