1. ホーム
  2. FX用語集
  3. ≫GDPデフレーターとは

GDPデフレーターとは

GDPデフレーターとは、名目GDPを実質GDPに計算し直すときに使われる物価指数のことです。GDPとは、一定期間内において国内で新しく生産された、モノ、サービスの総額を表しますが、これだけでは正確に景気の良し悪しを把握出来ない場合があります。

 

物価や生産量の変化をふまえたうえで、実際にどれだけGDPに変化があったのか、考えるために必要な指標です。

 

デフレーター(deflator)には、膨らんだものの空気を抜いたり、しぼませたりするという意味があり、この場合は、物価の上昇などによって膨らんでしまった部分をしぼませる、という意味合いで考えられます。

 

名目GDPと実質GDP

GDPには大きく分けて2つあり、名目GDPと実質GDPとに分けることが出来ます。名目GDPとは、単純に一定期間内でのモノやサービスの総額となります。生産数に市場価格をかけただけの単純な計算になりますが、これだけでは実際の経済の動向をつかむことが出来ません。

 

名目GDPだけでは、たとえ生産量が上がっていたとしても、それが生産力の上昇によるものなのか、それとも物価が上昇したことにより市場価格が上がってしまった結果なのかが分からないからです。

 

名目GDPが上がっているからといって、経済が発展しているとは一概には言えないのです。

 

名目GDPに対して、実質GDPとは、そうした物価の上昇や下落といった影響を取り除いて算出されたものとなります。この実質GDPによって、実際の生産量や成長率はどのくらいだったのかが分かります。

 

経済状態を把握する、という点で言えば、実質GDPの方が重要視されることになります。この時に必要となってくるのがGDPデフレーターです。

 

GDPデフレーターの役割

名目GDPだけでは判断できない、経済の状況を正しく知るために、GDPデフレーターは必要となります。計算式は、「名目GDP÷実質GDP×100」%で、これによってどれだけ経済が成長しているのかが分かります。

 

このGDPデフレーターを比較すると、物価自体の変動がどうなっているのかが分かります。GDPデフレーターが増加していれば、物価上昇のインフレ、少なくなっていれば物価が下落しているデフレの状態になります。

 

つまり、名目GDPの方が実質GDPよりも大きいならば、基準の年に比べて物価が上がっていることになります。逆に小さければ物価が下がっていることになるので、インフレかデフレかが容易に判断出来ます。

 

名目GDPだけでは分からない本当の経済の状況を確認するために、GDPデフレーターは大いに活躍してくれるのです。

お役に立てばシェアしてくださいね。

当サイト管理人が現在使用しているFX会社は、「GMOクリック証券」と「DMM FX」の2社です。

特に、GMOクリック証券の「FXneo」は、私のメイン口座で、スワップ金利やスプレッド(コスト)以外にも、魅力が多く、この口座を使い始めて利益が上がりました。

スマホバナー20160318

GMOクリック証券はFX取引額が世界ナンバー1の口座で、「取引額が世界1」ということは、「多くのユーザーにとって使いやすい!&魅力が多い!」ということ。

スマホアプリ「FX DASH」は他のアプリより圧倒的に使いやすく、直感的に操作できるので、外出先でも投資判断ができるようになります。

もちろん、「無料で口座開設&入金なしでもツールの使用可」なので、口座をお持ちではない方は、まずは無料で口座開設し、便利ツールを体感してみてはいかがでしょうか。

  • ドル円原則0.3銭固定は最狭クラス!
  • FX取扱高5年連続世界1位!
  • 預り資産3年連続国内1位!
  • 4人に1人のトレーダーが利用!
  • 直感的に操作可能なツールが豊富!
  • スマホアプリの使いやすさがナンバー1!

今なら、口座開設で最大30,000円のキャッシュバックキャンペーン中

GMOクリック証券の公式サイトはこちら


詳しくは、「人気FX口座16社を数値化!総合評価ランキング」で各社口座比較を行なっていますので、参考にご覧ください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。