1. ホーム
  2. FX用語集
  3. ≫ロスカットとは

ロスカットとは


ロスカットとは、トレーダーの損失が広がりすぎないよう、FX会社に定められた義務のことです。保有しているポジションが、為替の変動などによって一定の損失を受けるレベルに達してしまった場合、強制的に決済が行われ、最低限の損失にとどめるための制度です。

 

この制度によって、トレーダーは知らない間に尋常でない損失を被る危険性はなくなります。一方で、為替の変動によっては、望まない強制決済が行われてしまうケースもありますので注意しましょう。

 

ロスカットにならないために

ロスカットは、トレーダーを守ってくれる砦ではありますが、一時的な為替の変動によって強制的に決済されてしまうという一面も持ちます。1番望ましいのは、ロスカットとなる前に、自分の目でポジションを確認することです。

 

例えば、一時的に為替レートが大きく変動をし、預託保証金が一定水準を下回ってしまったとします。しかし、チャートの分析などから考えるに、この後為替レートが回復してくると思われる場合、ここで強制決済になってしまっては非常に悔しい結果となりますね。

 

そうならないためには、出来るだけこまめに自分のポジションを確認しておくことが大切です。追証を行うなどして、ポジションを維持することも出来ますので、その後の動きを考えて、ポジションをどうするのか考えましょう。

 

また、簡単にロスカットの対象とならないためには、むやみに高いレバレッジを設定しないことも大切です。FX取り引きでは、保有する金額よりも大きな金額で取り引きを行えるレバレッジが存在します。少ない金額でも大きな利益となるのは嬉しいことですが、損失ももちろん大きくなります。

 

あまりに大きなレバレッジで設定してしまうと、少しの為替の変動で簡単にロスカット水準に達してしまうことがあります。損失のことも考え、あまり無茶なレバレッジで取り引きをすることのないよう気をつけましょう。

 

損失を考えた取り引きを

ロスカットによって最悪の事態をまぬがれるとはいうものの、為替の変動状況によっては考えていた以上に損失が膨らむケースもあります。そうならないように、出来るだけロスカットの前に、自分の手で損きりを判断出来ると良いですね。

 

また、FX会社によっては、ロスカットより前に「マージンコール」がかかる所もあります。こちらは「もう少しでロスカットの対象となりますよ」という、いわば警告の役割を持っています。

 

マージンコールがかかった時点で、証拠金維持率を上げるために追証を行えば、引き続きポジションを維持することが出来ます。いずれにしても、自己のポジションは定期的にチェックを行い、管理することが重要と言えますね。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

私がメインで使っているFX口座はこちら

ユーザー数が日本1でのFX口座
DMMFX
5
運営会社株式会社DMM.com証券
特徴FX口座数日本一&50万口座
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実
DMMFX

DMM FXは、FX口座数が日本1で、その数50万口座を突破した、日本で一番メジャーなFX口座です。私もFX初心者の頃から使い続けている口座です。

スプレッド(手数料)が狭いのはもちろんのこと、スマートフォン取引でも使い勝手がいいツールが充実していて、初心者からベテラントレーダーまで幅広い層に使われています。

取引上の不安やトラブルにも対応するサポート体制も充実しているので、1番最初に開設する口座としてはベストの口座と言えます。

 

今なら口座開設&取引で20,000円キャッシュバック

DMMFXの口座開設でキャッシュバックを申込む

 

GMOクリック証券
FX取引高が4年連続世界1
GMOクリック証券
4
運営会社GMOクリック証券株式会社
特徴資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実

GMOクリック証券も、DMMFX同様、業界最狭のスプレッドにより、デイトレーダーからスイングトレーダーまで、幅広いユーザーに利用されている口座です。

また、iPhoneやAndroidでも使い易い取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

取引量と資産保有残高が世界第1位のFX口座。

 

今なら口座開設&取引で25,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設でキャッシュバックを申込む