1. ホーム
  2. FX用語集
  3. ≫IFD注文・IFO注文・OCO注文とは

IFD注文・IFO注文・OCO注文とは

IFD注文・IFO注文・OCO注文というように、外国為替取引には様々な注文方法があります。それぞれ注文方法に特徴がありますので、上手く利用することで思い通りの取り引きを行うことが出来ます。

 

それぞれの注文方法を理解しよう

IFD注文とは、「If done」(イフダン)の意味です。新規注文をする際、決済注文をセットで行うことの出来る方法です。ただし、この決済注文は注文が成立して初めて行われることになります。

 

OCO注文は、「One Cancels the Other」の略で、2つの注文条件を設定しておき、どちらかが確定した場合にもう1つの方法がキャンセルになる方法です。利益確定と、損失の限定と、両方を同時に行うことができます。

 

そしてIFO注文とは、上記の2つの注文方法を合わせた方式です。新規注文が成立した際に、初めて有効になる決済注文を行うことが出来ますが、この注文をOCO注文で行うことが出来ます。

 

利益確定の「指値注文」と、損失限定の「ストップ注文」の両方が可能です。この方法ですと、3つの注文をワンセットで行うことが出来るため、非常に便利です。

 

こうした注文の利便性

これらの注文方法は、FX取引における精神的プレッシャーを軽減させるために有効といえます。あらかじめ自分で注文、約定などの金額を設定しておけることで、知らないうちに大きく相場が変動するような、リスクを減らすことが出来ます。

 

例えばIFD注文の場合ですが、指値注文で金額を指定して買い注文が行われた場合、注文が成立した時点で決済の注文も同時に確定されます。これによって、確認していない間に指値になり、注文が成立していたとしても、自動的に自分が決済予定に設定した金額となれば決済が行われるわけです。

 

指値注文をしておいた場合、知らない間に指値に到達してしまった、ということが起こらないとは言えません。その場合、極端な話、ずっと気が付かなければそのポジションはいつまでも保有したままです。

 

最悪ロスカット基準に達するまで、気が付かずに放置してしまう、ということだってあり得ます。そうならないためには、どこかで決済をしなければいけません。

 

IFO注文であれば、注文の成立と共に、同時に2パターンの決済注文を行うことが出来ます。利益と損失、双方のリスクを減らすことが出来ます。

 

特に最初のうちは、自分がどのようにFXで取り引きをしているのか実感するためにも、こうした注文方法を利用して、資金の動きを把握することがオススメです。相場の動きや取り引きのやり方の訓練となりますので、今後の取り引きに生かすことが出来ますよ。

FX仲間にシェアしてください^^

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。