1. ホーム
  2. FX用語集
  3. ≫デモトレード・デモ口座

デモトレード・デモ口座


デモトレードとは、実際の取り引きと同じような方法で、架空の口座を利用してFXの取り引きを行うことを言います。この場合の架空の口座というのが、デモ口座となります。本番とは違い、実際にお金が動くことはありません。

 

多くのFX会社ではこうしたデモトレードを提供しています。FX取り引きを行うためのリハーサルとして、こうしたデモトレードを大いに活用しましょう。

 

初心者にオススメなデモトレード

FX取り引きを始めたいな、と思っても、なかなか動き出せない人も多いと思います。FXや株式といった信用取引では、預け入れた金額より少なくなってしまう、損失が出る可能性も大きくなっています。

 

そのため、最初の一歩を踏み出すのは勇気のいることです。しかし、デモトレードを利用すれば、実際の取り引きを、事前にゲーム感覚で試すことが出来ます。

 

1つめのメリットとしては、FXの取り引きそのものに慣れることが出来る、ということです。頭では理解していたとしても、やはり取り引きは実際に行ってみないと分からない部分がたくさんあります。

 

そんな時、まずは練習出来る機会があれば安心ですね。実際にお金が動かないとなれば、余計なプレッシャーを感じることなく取り引きを行うことが出来ます。

 

2つ目のメリットは、FX会社の特性がつかめるということです。FX会社にも様々あり、各社工夫してトレード方法を作り出しています。根本的な取引方法は同じかもしれませんが、細かい部分で各社それぞれ違ってきてしまうのは仕方のないことです。

 

注文方法や、HPの見方などに不慣れなうちは、このようなデモトレードを利用するのも良いですね。スムーズに取り引きが行えるようになれば、実際に取り引きを開始した時、まごつかずにすみます。

 

デモトレードの落とし穴

取り引きの感覚をつかむために、非常に有効と思われるデモトレードですが、このシステムに否定的な考えをもつトレーダーも中には存在します。

 

というのは、デモトレードはあくまでも「デモ」であり、実際の取り引きではないからです。デモトレードでいくら上手く利益を得られたとしても、実際の取り引きで上手くいくとは限らない、むしろ大きな損失を生み出す一助となる可能性があるというのです。

 

架空の取り引きだと分かっている以上、実際には出来ないような思い切った注文も行うことが出来ます。ですから、最初から少額でも良いので、実際の口座で練習を行った方が、取り引き感覚はつかめるという考えも存在するわけです。

 

デモトレードを行う際には、架空の取り引きだということをしっかりと頭に刻み、デモから本番に移行した時に、デモトレードでの感覚を引きずらないようにすることも大切です。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

私がメインで使っているFX口座はこちら

ユーザー数が日本1でのFX口座
DMMFX
5
運営会社株式会社DMM.com証券
特徴FX口座数日本一&50万口座
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実
DMMFX

DMM FXは、FX口座数が日本1で、その数50万口座を突破した、日本で一番メジャーなFX口座です。私もFX初心者の頃から使い続けている口座です。

スプレッド(手数料)が狭いのはもちろんのこと、スマートフォン取引でも使い勝手がいいツールが充実していて、初心者からベテラントレーダーまで幅広い層に使われています。

取引上の不安やトラブルにも対応するサポート体制も充実しているので、1番最初に開設する口座としてはベストの口座と言えます。

 

今なら口座開設&取引で20,000円キャッシュバック

DMMFXの口座開設でキャッシュバックを申込む

 

GMOクリック証券
FX取引高が4年連続世界1
GMOクリック証券
4
運営会社GMOクリック証券株式会社
特徴資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実

GMOクリック証券も、DMMFX同様、業界最狭のスプレッドにより、デイトレーダーからスイングトレーダーまで、幅広いユーザーに利用されている口座です。

また、iPhoneやAndroidでも使い易い取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

取引量と資産保有残高が世界第1位のFX口座。

 

今なら口座開設&取引で25,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設でキャッシュバックを申込む