1. ホーム
  2. FX用語集
  3. ≫オシレーター系とは

オシレーター系とは


オシレーターとは「振り子」の意味で、FXで言うオシレーター系とは、振り子のように一定の振り幅で、為替が変動する指標のことを指します。通常はこの一定の幅で変動していくものの、振り幅から大きくそれてしまった時には注意が必要になります。

 

為替の相場をチャートを見て分析することを、「テクニカル分析」と言い、その指標となるものを「テクニカル指標」と言います。オシレーター系はテクニカル指標の1つ。一定期間の中で、相場が上がりすぎていないか、下がりすぎていないかということを判断することが出来ます。

 

オシレーター系とトレンド系

テクニカル分析には主に「オシレーター系」と「トレンド系」とに分かれています。その他に、独自の分析方法を用いた方法も幾つかありますが、現在の主流はこの2つの分析です。

 

オシレーター系は、一定期間内の相場の上昇や下落を判断するもので、短期的な予想をする際に使用されています。対してトレンド系は、全体の流れを読むことを目的とした指標です。こちらは大きな視点からテクニカル分析をするため、中長期的な予想をする時にオススメです。

 

日々のFX取引においては、オシレーター系は非常に重要な役割を果たしてくれます。オシレーター系、トレンド系、どちらも重要です。双方の良いところを取って、FXの相場を日々予想することが、取引の成功につながります。

 

主なオシレーター系指標とは

オシレーター系の中でも、もっとも有名と考えられるのはRSIです。0から100までの間が定められており、その中で80を超えたら相場が上がりすぎ、20を下回ったら相場が下がりすぎというように考えられます。

 

上がりすぎの場合は、その後下がるだろうと考えられ、売りのチャンス。下がりすぎの場合は、その後上がるだろうと考えられ、買いのチャンスと考えられるのがオシレーター系です。オシレーター系の場合は、一般的に一定の数値上がったら、自然の原理として下がるだろうという考えからチャートが成り立っています。

 

ただし、時にはこのチャートからはずれ、相場がどんどんと上がり続ける、または下がり続けてしまうといったケースも存在します。RSIだけを盲目的に信じてしまうと、こうした落とし穴にはまってしまう可能性もあります。

 

自分の目できちんとチャートを確認したり、トレンド系などの他の視点での指標も参考にしながら、相場を予想していくことが大切です。

 

その他にも、オシレーター系の指標には、「ストキャスティクス」「ボリンジャーバンド」「MACD」などという種類もあります。それぞれに良い点悪い点などの特徴がありますので、自分に合った指標を選び、参考にしていきましょう。

 


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

私がメインで使っているFX口座はこちら

ユーザー数が日本1でのFX口座
DMMFX
5
運営会社株式会社DMM.com証券
特徴FX口座数日本一&50万口座
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実
DMMFX

DMM FXは、FX口座数が日本1で、その数50万口座を突破した、日本で一番メジャーなFX口座です。私もFX初心者の頃から使い続けている口座です。

スプレッド(手数料)が狭いのはもちろんのこと、スマートフォン取引でも使い勝手がいいツールが充実していて、初心者からベテラントレーダーまで幅広い層に使われています。

取引上の不安やトラブルにも対応するサポート体制も充実しているので、1番最初に開設する口座としてはベストの口座と言えます。

 

今なら口座開設&取引で20,000円キャッシュバック

DMMFXの口座開設でキャッシュバックを申込む

 

GMOクリック証券
FX取引高が4年連続世界1
GMOクリック証券
4
運営会社GMOクリック証券株式会社
特徴資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド0.3銭(USD/JPY)
サポートあり
スマホツール使い易いツールが充実

GMOクリック証券も、DMMFX同様、業界最狭のスプレッドにより、デイトレーダーからスイングトレーダーまで、幅広いユーザーに利用されている口座です。

また、iPhoneやAndroidでも使い易い取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

取引量と資産保有残高が世界第1位のFX口座。

 

今なら口座開設&取引で25,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設でキャッシュバックを申込む